グルメ・クッキング

2010.11.03

リッツカールトンのアフタヌーンティー

先日の日曜日、古くからの友人たちと懐かしい再会の機会がありました。
前回お会いしたのが2005年3月…(その時の記事はこちら。ブログって便利ですねhappy01
あっという間に5年半余り経っておりました。

ゆっくり4人でお喋りできるところ…ということで、急遽私が場所探しを仰せつかったのですが^^
頭に浮かんだのが、あちらやこちらのブログで良かった~!という記事を拝見していた、リッツカールトン東京ザ・ロビーラウンジ&バーのアフタヌーンティー。

前日予約ながらお席がとれたので、えいっと一念発起^^;行ってまいりました。

六本木ミッドタウンは、会社からなら地下鉄2駅ですが、家から行くのはなかなか遠い…ということで、まだ足を踏み入れたことなし。
ホテルまで地下鉄直結とあったので甘く見てましたが、10分はゆうにかかりましたcoldsweats02
入口がまた分からなくて、案内所で聞きましたが、こりゃ分かんないよ、というような小さな入口で^^;
車寄せ側に乗りつけるのが正しい訪れ方かも知れませんが…sweat01

45階からの眺望は素晴らしく、窓側のお席でなかったのが残念ですが、東京タワーとスカイツリーのどちらも見ることができます。

Photo
ヘブンリーティー(4300円)をいただきました。
(ちなみに、アフタヌーンティーのメニューはもう一つ、7500円のものもあるのですが、係の方の説明によると、量は同じで食材のグレードが違うのだそうです)

一段目
Photo_2
パンナコッタ
キャラメルポワール
チョコレートエクレア
和栗と金時芋のタルトレット
チーズケーキ

二段目
Photo_3
ズワイ蟹のクロスティーニ 海のルビーを添えて
黒毛牛のグリエと森のキノコのピンチョス バルサミコ風味
スモークサ-モンのタルタルとアボカドのタルトレット ディルの香り
スペシャルジャンボンとグリュイエールチーズのサンドウィッチ
海老とボイルドエッグのフィンガーサンド

三段目
Photo_4
シトロンスコーン、レーズンスコーン、クロテッドクリーム、ジャム
そうそう、ジャムはミニジャムが封を切ってないボトルで出されます。
なのでもちろん、一人一個ずつお持ち帰りしました^^

そして、紅茶はポットサービスなのですが、こんな風に大きなポットがずらりとアルコールランプで保温されていて、カップの紅茶がなくなると注ぎに来てくれます。
Photo_5
ちなみに、このティーセットはウエッジウッドですが、うちに同じ柄のコーヒー・ティー兼用カップがあるものですから、何か嬉しかった^^

1時に予約を入れて、5時過ぎになってバータイムになり、照明が落とされて各テーブルにキャンドルが置かれるまでお喋りし倒しました。

帰り際に各自デジカメを出し、全員の写真を撮ってもらったのですが、計4台のカメラでにこやかにシャッターを切ってくださり…^^
そうそう、久しぶりに会った方々に、家族や子供たちの近況報告をするのに、写真があれば…!と思うことが多いですが、今回は皆デジカメ持参だったので、保存してある写真を見ながら盛り上がりましたhappy01
すぐに削除、の習慣がなくて良かったかもしれない^^

フロア担当は、女性陣は皆長身で髪をアップにまとめたモデルタイプの美人さん、男性陣もイケメン揃いで^^
サービスも気持ち良く、ゆっくり過ごすことができました。

お昼を食べずに行きましたが、まぁケーキバイキングとは違って量は大してありませんが、少しずつゆっくり食べながら女性同士でお喋りするなら、贅沢だけど最適な空間だと思います。

時間とバイタリティーがあれば、ティーの前に朝から国立新美術館に行ってゴッホ展を鑑賞し、帰り際にミッドタウン散策、とかできれば良かったですが、とてもそこまでの体力はなくsweat01

またゆっくり…機会があれば…これからクリスマスイルミネーションも綺麗でしょうし、訪れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

銀座みやちく

3しばらく前のことになりますが…、3月下旬に、宮崎牛専門店、銀座みやちくに行ってきました。

ことの起こりは、去年のお中元にいただいた宮崎牛。
ヒレステーキ用のお肉だったのですが、家でヒレステーキなんて焼いたことなかったのでおそるおそる焼きましたら、まーこれが!
生涯で初めて、ていうくらい、美味しいお肉だったのです^^

その後、いつも拝読させていただいているTompeiさまのブログで、銀座みやちくのことを知り、これはいつかぜひ!行ってみたいと…、そして、ステーキ大好きな夫の誕生日祝いをここにしようと思い、ちょうど予定の空いていた娘も参加して3人で、みやちくデビューしてきました。

私の都合で^^;早目の時間、5時に予約して行ったのですが。
鉄板焼きのブースは3か所、それぞれに2組しか入れないので、6組でいっぱいになってしまいます。
コースメニューしかなく、1組の所要時間が2時間なので、予約必須でした。
しかも、やはり東国原知事就任後、さらに人気上昇しているそうです。もちろん、知事も来店されたことがあると。

1組ずつに専属シェフがつき、目の前で調理してくれます。
シェフとの会話のやりとりも楽しみの一つ。なので、内輪だけで話したい、というような会食には向きません。
今回は、「どういうお食事会でしょうか?」とシェフが聞いて下さったので、「明後日が夫の誕生日で…」と言いましたら、当日ではなかったけれど、ちゃんとデザートプレートにメッセージを入れていただけました^^

さて、お料理の数々は。
あ、もちろん、「写真撮っていいですか?」と聞きまして、「もちろんでございます」と快諾を得て、3人でそれぞれ携帯で撮りまくりました(汗)
で、撮り忘れて食べようとすると、ちゃんと「お写真は?」とチェック入れて下さるという気のききよう(大汗)

前菜その1。
左側の飲み物は、シェフ自らシェーカーを振って作ってくださったもの。
7

前菜その2。
右側のスープに入っているのは切干大根。
戻さずに炒めただけっていう調理法は、初めて見ました。
8

前菜その3?
10

うう、今回、記事にするまでに日があったので、お料理の詳しい説明を全部忘れました(悲)
逐一シェフが説明してくださったのにね~
やっぱりブログはすぐに書かないといけませんね。
ぐるなびのメニューも4月のに変わってしまったので参考にできないし;_;

本日のお肉です。もちろん3人分です^^
今回、シェフのお勧めで、サーロインステーキ2人前、ヒレステーキ1人前を頼んでシェアすることにしました。
1人前150gだったかしら。
1

このように食べやすく切ってくださるので、もちろんお箸で食べられますし、量もそんなに多いとは感じませんでした。
9

野菜たち。肉だけでなく、野菜をはじめとした他の食材も、できるだけ宮崎産を使っているそうです。
手前の葉っぱの上の方に見えているこげ茶の物体は、肉の脂や筋の部分をかりっかりになるまで炒めたもの。
2

締めのご飯もの。ここはガーリックライスではないんですよね。お茶漬け系でしたが…忘れた(泣)
Photo

私たちについてくださったシェフは、この道に入ってまだそんなに年数が経っていないとのことでした。
私たちがさいたま市から来たというと、前職はさいたまで、全然違う仕事をしていたと…しかも結構近所だったみたいで、突如ローカルネタで盛り上がってしまいました(苦笑)
若くはない方でしたし、この道に入られた経緯とかをもうちょっと聞き出したかったのですが(突然取材モードになる^^;)その余裕はなくて残念。
ただ料理するだけじゃなく、話術でも場をもたせないといけませんから大変ですね。

デザートは、しゃぶしゃぶのテーブル席に移動して、コーヒーとともにゆっくりいただきます。
夫のプレートにはメッセージと花火!までついていて感激。
で、3人で争うように写真を撮っていまして…、お店のスタッフの方々が「おめでとうございます!」と並んで挨拶に来てくれているのに、写真も撮らないと花火が消えちゃうとか気もそぞろな私たちって、、、ちょっと、、、ねぇ^^;;;
6

お肉はもちろん、他のメニューもすべてとても美味しく、ゆっくり堪能いたしました。
(勘定は私がもったので、レジで金額を聞いてぶっ飛びましたけどね^^; まぁ、ワインもボトルで頼んだし)

それと、サービスが気持ちよく行き届いていて。
トイレに行くのに席を立つと、トイレなんて言ってないのに、さりげなく案内してくれる。出てくるとまた、さりげなく席に導いてくれるのです。
スーパー方向音痴の私、お店でトイレに行っても自分の席に帰れるか心配になったりするのですが(爆)これなら安心。
…そう娘に言ったら、娘はバイト先の居酒屋で、そのようにしてるそうです@@
ちゃんと、お客さんの席も覚えてるんだって。すご~い^^
じゃあ、私みたいのがトイレから出て来て、「私の席はどこでしょうか(汗)」て聞いても大丈夫ってことねcoldsweats01

話が逸れましたが、美味しいお料理とシェフとの会話と、気持ち良いサービス。
特別な日に、予約して訪れたいお店です^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.07

春秋ツギハギ

有休消化の長期休みに入って一週間余り経ちました。
せっかくの機会なので、家中片付ける!という命題に加え、これまで、気になっていたけれど行くことができなかった、場所、お店、などに行き、見たり買ったり食べたり…、と東京探索を楽しもうと思っています^^

手始めに、昨日は、派遣時代からの付き合いの友人で、正社員時代はずっとお仕事をお願いしていたフリー編集者と、ランチに行きました。
お店選びは任せると言われて、色々考えたけど、結局テリトリーの日比谷にあって、評判は聞いていたけど行ったことがなかった、春秋ツギハギに。日生劇場の地下です。

ツギハギって店名にまず驚きますが^^; これは、内装が色んな素材をツギハギして作ってあるというところから来たらしい…?
お店に入ると、まず巨大なワイン棚が目に入りますが、席に案内される道筋は迷路のようで、壁の素材やお席ごとの雰囲気も色々です。

Photo2右の写真が私たちの席。そこからくるっと後ろを向くと、左の写真のお席が見えました。こちらは座敷で掘りごたつ形式。壁にぎっしりディスプレイされたワインの空き瓶が面白いですね。

お料理は、友人は和牛の炭火焼?私はお刺身の膳を選びました。
Photo_2Photo_3これにコーヒーと焼き菓子がついて2000円というお値段は、まぁ高めだと思いますが、お店の雰囲気代込ということで^^
お味は大変美味しかったです。ただ、歯の治療中で、神経を抜いたところなので、左奥歯で噛むと痛みが走り…状態だったのと、お喋りに忙しくて、味わうのが少しおそろかになったかも^^;
そんな私には、刺身膳右奥の椀、茶碗蒸しのあんかけが優しい舌触りでした。

11:30の開店と同時に入り、12:30には食べ終わっていたけど13:30までお店にいて(笑)、その後有楽町側で友人の用事に付き合い、イトシアの茶寮花絵でお茶。
ま~、こんな風にランチ~お茶とゆっくり過ごすなんて、今までなかったことです。
それに、ビバ平日^^ どこに行っても空いてるし(お店もトイレも電車も)

ここで、お茶だけにしとけば良いものを、ケーキセットにして、苺のタルトを食べたのがいけなかったのでしょうか?
友人と別れて浦和の伊勢丹に寄ったころからお腹が大変なことになって…、ゆうべ遅くまで苦しみましたーー
もちろん、晩ご飯どころじゃありません(少しは食べたけど)
お昼は和食で、しかも魚だったのに…、もう、ご馳走を受け付けない体になってしまったのかしら(涙)

友人は私より5歳ほど年上なので、お仕事情報や親の介護情報や子供の結婚情報、そしてお嫁さんのあれこれ(息子さんが結婚されたばかり)、またお得な旅の情報(旅行が趣味の方なのです)etc.色々話を聞いて、こっちも仕事や家庭のことを喋りまくり…楽しかったです(笑)

せっかくの長期休暇なんだから、あちこち遊び回らないと勿体ないよ、と助言いただき^^
遊び「回る」というよりは、一点集中で遊ぶことになりますが…来週から(笑)
合間を縫ってあちこち足を伸ばすつもりです。
ただ、脚の調子が先月末から悪く…、家を出てしばらくは、あ、大丈夫快調快調、と思うのですが、10分もすると、あれれ…状態になり、左をかばって歩くとてきめんに右脚も痛み出します。
こんな時はやっぱり銀サロってことで、場所も近いし(どこから^^;)、昼間に宮川先生の予約を入れてみました。
ちょっと、今まで痛んだことのない場所なので、気にはなってます。
でも、銀サロがあると思うと、不安になることがないのはありがたいですね。

ちなみに、昨日は、朝出かけた時は調子悪かったのに、友人と会って色々してるうちに治ってしまいました。
たぶん、来週からも…楽しいことで気が張ってて大丈夫だったりして?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.23

水道橋~神保町~山の上ホテル

今日は娘のリクルート写真撮影に付き合い、まずは水道橋のスタジオへ。
数日前、とうとう観念して?数年来の茶髪とサヨナラして、自分で黒染めした娘。
何か、すごい昔の娘に戻ったような(笑)
初めてリクルートスーツを着ての外出です。(遅い…!とツッコミを入れたくなる母ですが)

ヘアメイク付きの撮影で、余計にいつもの娘と違うイメージに^^
そのまま白山通りを神保町方面へ歩く。
ここは、4ヵ月だけ手伝いに来ていた小さな出版社のある界隈なので、懐かしいお店がそこここに。
神田カトリック教会を通りかかったら、ちょうど結婚式にも遭遇^^

夫との待ち合わせまで、これまたバイト時によく来ていたベローチェで沈没…
しかしあの頃、「抹茶」てなメニューはありませんでした。
「抹茶シェイク」とか「抹茶ラテ」とかではなく、ただの「抹茶」ね。
それをカップで飲むのも何だかなですが^^; 苦味がちょうど良かったわ。

そして、本日のメインイベント。
出張帰りの夫と待ち合わせ、山の上ホテルに初めて行きました!
ここもバイト時代、しょっちゅう付近を歩いてはいましたが、とてもランチに入れるような値段ではなかったし…
夫が「山の上ホテル物語」を読んで大変気に入り、ここのてんぷらを先日一足先に食べに来て、やはりとても気に入ったということで、連れて来てもらいました^^
ちょっと早い私の誕生日ディナーです。(娘も一緒、というのがいっそう意味あるイベントに^^)

あいにくデジカメを持っていなかったので、良い画像がありませんが(携帯は画素数で選ぶべきですね!機種変に失敗しましたーー)
活海老足。Photo_4野菜。小玉ねぎ、銀杏、舞茸。Photo穴子。Photo_2お吸い物。海老しんじょ入り。Photo_3
この他に、てんぷらは、海老、きす、蓮根、むかご、いか、なす、アスパラetc.
てんぷらなのにあっさりしてます!
量もちょうどよく…でしたけど、最後のご飯で力尽きた(涙)
お漬物がとても美味しかったのに完食できなかったのが無念でーー
最後は抹茶アイスクリームです。

出すぎない接客。でも、娘のリクルートスーツ姿に、担当の和服姿の給仕の方が、ウチにもいます^^とか、お勘定のときも、頑張ってくださいねと娘は声をかけてもらってました^^
就職が決まったらまた来よう!と夫。
娘は結構好き嫌いがあって、本来海老も茸類も嫌いなのに、ここのは食べれる!と^^

夫から就職についてさまざまアドバイスをもらい。
帰ってからも自己PR作文にいそしんでいました。
何でもその気になると突き進むタイプの娘なので、たぶん…頑張ってくれるかと。
良い企業とご縁があることを願っています。

初めて中に入った山の上ホテルは、レトロでアットホームな雰囲気。
こんなホテルはなかなかないですよね~
機会があったら宿泊も、してみたいですね、いつか。(ウェディングも素敵そうだわ~^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.12

『おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185』

Photo編集工房桃庵編集、池田書店刊。
料理制作は瀬尾幸子さん。
本の性質上、「読了」するってものでもないので^^; 「グルメ・クッキング」のカテゴリにしました。

先日、書店で平積みになっているのを見かけ、パラパラ中を見て、衝動買いしました^^
エキナカの本屋ではレジ横に積んでありましたし、売れてんでしょうかね。

これ、なかなかお奨めです。
私自身はお酒は飲めないのですが…というか、飲めなくはないけど、1杯にしておかないと後が大変。
それもお酒を選びます…。あればグレープフルーツサワーか、カシス系カクテルがgoodというおこちゃまです(笑)

でも、最近カロリーを意識しているせいもあり?外食するなら、イタリアンやフレンチのコースやお鮨食べ放題よりも、本当は居酒屋系に行きたい私。
居酒屋なら、おつまみを色々頼んで、かつ、お酒は1杯で2時間もつし(爆)、締めのご飯系を食べなければ、なかなかヘルシーな食生活になるわけです。

加えて、自宅での料理も、最近は時間もない上に、作っても2~3人分、しかも大人ばかり。
いわゆる「晩ご飯」系のしっかり料理なんか作って食べると、次の朝の体重にもろ跳ね返ります。
ちょこちょこおかずを作って野菜スープとともに食す、のが最近の望ましい晩ご飯のあり方なのですわ。

この本は、パラパラしただけでも、あ、これ食べたい!と思うものがいくつもありました。
最近は、料理本見ても、なかなかそう思えなかったので、久々の「買い」でした^^
まぁ、日野原先生も、中年以降の食卓は「小皿主義」で、と提唱しておられるくらいですから、ちょうど良いと思います。

加えてこの本、なかなか編集がしっかりしています(と編集者の目で見る^^)
特に索引がしっかりしてるのね。
索引は材料別なのですが、例えば、「豆腐とあさりの煮物」なら、「野菜・長ねぎ」「魚介類」「豆腐」の3項目に、重複して掲載されている次第。
いま冷蔵庫に○○があるんだけど…と思って索引を見た時に、何で見てもヒット率が高いというのは使いやすいですよね。

本当は…、これで飲めたら人生もっと楽しいんだろうなぁ~
それとも、お酒のカロリーだけは気にしなくて良い人生だから、飲めなくて幸いだったのかなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.10.08

25回目の

結婚記念日でした。アップが遅くなりましたが、10月3日。
銀婚式ですな。
私の両親が銀婚式を迎えたとき、私は息子がお腹にいるときで、銀婚式ってとてつもないことのように思えましたが、いつの間にか、私たちにもそれだけの年月が流れました。

せっかくなのでどこか美味しいところへ!ということで、今年は、私の会社の近くにあるRicosへ。
ランチでは何度か来たことがあり、お気に入りだったので、一度夜に来てみたかったのです。
平日の夜、6時半に赤羽橋で待ち合わせ。が可能になったというのも感慨深い(特に夫は)

このお店は、食べたい食材を言えば、そのお客に合わせたメニューを組み立ててくれる、というのが売り。
でも、実際は「おまかせコース」に近い気はしましたが…
ただ、一応希望は言ったので、2人分の希望を合わせて、同じ料理を出してくれたのかな?という感じです。

以下、まるでマイフォトのようですが(笑)、記念に残しておきます。

1皿目。アミューズ(小さな前菜)
200708_0251_2

前菜その1。お刺身^^
200708_0262

前菜その2。はものフリッター。
200708_0273

パン。これが、フランスパンにた~っぷりのバターをしみこませ、上にはチーズというボリュームたっぷりの…。
とーてーもー美味しゅうございました^^
200708_0284

前菜その3。ロールキャベツの、中が海老です。
200708_0295

パスタ料理。といっても一口サイズです。これなら食べられる。
200708_0306

魚料理。何とかのポワレ(笑)
200708_0317

肉料理。最初に、「夫は、メインは牛ステーキ希望」とちらっと言っておいたので、和牛ローストになったのかなと^^
それでも、でっかい一切れ、ですから食べられますね~
200708_0328

お口直しのシャーベット。
200708_0349

デザート。コーヒー味のプリン?ムース?
200708_03510

フルコース、というよりは、洋風懐石、と言った方が近いでしょうか。
それくらい、一つ一つの量は少なかったので完食できました。…が、最後のコーヒーで力尽きたーー
実はこの日、いつもは行かないランチに行くことになり、それがえらいボリュームのある中華で。
おかげで、全く空腹感のないまま、ディナーの席に臨んだのです。
それにしてはよく食べられました^^
その代わり、この日のカロリーはすごかったことだろうと…。
で、翌日は絶食か?と思いましたが、実際朝は一口も受け付けず。昼夜と調整を続け、何とか体重増加全くナシで乗り切りました。ヤッタ^^/

さて、私の両親は、来年金婚式を迎えることになります。
銀婚式から金婚式までの25年、の方が、それまでの25年より遥かに長い気がします。
だって、子供が生まれて成長して…云々がなく、ほぼ2人で暮らして行く年月ですから。
私たちの金婚式…あと25年。お互い健康で元気で迎えられたら、と思います^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.07.28

「横濱屋」のタルトタタン

今日は、今年の私担当書籍の中で、最初の1冊の校了日。
昼前に責了紙を印刷会社の営業さんに渡して、感慨に耽る間もなく(来週も来月もその次も、次々つぎつぎ校了あるしーー)、午後からは席替えに伴う引越し作業に追われました。
行き先が空席なので、箱詰めせず全部自力で今日のうちに移動完了。
ものすごい疲れました。普段座ってるだけだからね会社ではーー

それで、帰りにこないだの公演の舞台写真を今日こそは日比谷に買いに行こう!と思ったものの、どこかで一息入れてからでないと、とても動けないほど疲れ切ってました。
神谷町の駅前にエクセルシオールがあって結構気に入っているのでそこを目指したのですが、その手前、飯倉の交差点で横濱屋さんの看板を見て…そうだわ!今日はここのタルトタタンが食べたい!と地下のお店へ。

ここは、時々ランチに利用しますし(メニューはハヤシライスのみ)、お茶しに来たことも1回だけあります。
でも、1人茶は初めて。
近頃めっきり見かけなくなった、本物の「喫茶店」。珈琲が美味しいのはもちろんのこと、唯一のケーキ、タルトタタンが絶品です。切り分けてるのは見えてたのになかなか出てこないーーと思ってたら、熱々に温めて、たっぷりの生クリームとともに出てきました。お皿(砥部焼)もあっつあつです。
珈琲とタルトタタン、でまさに生き返る心地でした。おそらくカロリーはすごいと思いますが(笑)、「甘い」と思わず、ぱくぱく食べられました(最近スープのおかげで薄味に慣れたのか、「甘い」とか「辛い」とかすぐに思ってしまうのです)

前に派遣仲間と寄ったとき、ママさんからお店の生い立ちやらハヤシライス、タルトタタン修行の話も聞いていましたが、今日は初めてマスターとお話しました。また、1人客に声を掛けるタイミングとか、話の量とかも絶妙でね。
私が通された、カウンターの一番奥の席は、池波正太郎先生の定席だったそうですわ。飯倉で30年も続いているお店、滅多にないそうです。若い頃からやってらっしゃるお店なんですね。
えっと、一番大変なのは「継続」だと仰ってました。この手間暇かかるタルトタタンを、毎日毎日同じ品質で何台も焼き続ける、ということが。
ハヤシライスも美味しいですが、両方ともカロリーを考えるとそう頻繁には来れないですけども(笑)
でも、たまに寄りたくなるお店です。「本物」の味がある。
(ちなみに、会社界隈は結構「本物」の味のお店があります。お値段も高めで、ランチするお店がいっぱいある界隈ではないですが、美味しいものは食べられます)

夫が珈琲にはこだわりがあって…という話をしたら、しっかりお店の豆を分けてもらって帰る羽目に(笑)
さて、週末にお味見です。気に入ってくれるかなぁ?一度連れて行きたいですが、なかなか、飯倉なんて、大宮からじゃどうやったって行きようのない場所で(苦笑) その近くの会社に毎日出勤してる私って。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.24

脂肪燃焼スープ

何かに興味をもつきっかけが、宝塚であったりご贔屓であったりするのにはほんと、我ながら苦笑してしまいますが^^;
「源氏物語」ブームも、きっかけは今度ご贔屓が出演するからだったし、今度は、いわゆる「毒出しスープ」ですよ。
いや、パーソナルブックのお料理のページに載っていたのを見て、へぇ~と思っていて、違うことでネット検索していたらたまたまこちらのサイトに行き当たり。
ゆうさんの載せてたレシピとはびみょーに違うので出所は別かも知れませんが、ともかく興味が湧いたことは確かです^^

サイトと同じ内容なのに本まで買い込み^^;早速水曜の夜に作ってみました。
日頃から、食生活の貧しさ…特に、野菜が足りない!と痛感していた最近。
だから、ちゃんと色んなおかずを作って食べてれば、何もこんなスープを特に作る必要もないと思います。
でも、平日は帰りが遅くなるから、家族が晩ご飯いらない日などは、帰って作る気力もなく、そこら辺のポテチとか開けて野菜ジュース飲んで、足りなきゃまたお菓子食べて…何となく済んじゃったりとか(こう文字にすると大問題ですねーー)、夫が食べる時なら、帰ってから何か作り、10時とか、遅い時間にちゃんと食事をする。。。
そんなこんなで、体重に現れてきちゃいましてーー何とかせねば、と思っていたところだったのです。

鍋にどかんと作る。というのも、私の料理の好みに合っている(笑)
そして、帰って来てこれがあれば、とりあえず安心。ダイエットというけれど、これだけ野菜が取れるというだけでも安心できますしね。
ここに載ってる材料で、スープ皿てんこもり9皿分ありました。割り算すると、1皿に、キャベツ1/18個、玉ねぎ・トマト1/3個、人参・セロリ・ピーマン1/9本。まぁそんなびっくりするような量でもないですが。
しかし、これ1皿食べると、熱いからヒマもかかるし、その後さらに他のものをたくさん食べるのは不可能です。
かなりお腹いっぱいになります。そして、満腹になっても、胃がもたれる感じがまったくしないのもいいですね。

あとは…間食の問題ですが。
昨日は、会社にもこのスープを持って行きましたが、午後、いつものようにお菓子を食べてしまいましたーー
午後は眠い→お腹が空いてなくても、眠気覚ましに口を動かす、パターンですーー
今日はなぜか、あんまり食べたいと思わなくなっていたので、睡魔には逆らわないことにしました(ええ?!)
それで、カロリー計算が簡単にできるサイトを見つけたのでそれをお気に入りに入れ、眠くなったら、カロリーを計算しに行ってみた。そしたらオソロシクなって目が覚めましたわよ。いやホント。

今日は夫の誕生日だったので(あもう昨日になっちゃったけど)、夜にケーキを食べました。なのでその前の夕食は、スーププラスアルファのおかずのみで。不思議に、白飯とか、食べたくないんですね別に。
そして、夜中に眠くなって判断力鈍った時に食べないように、ほどほどの時間に寝ないといけませんーー
あとは腹筋運動だけは忘れずに。これでちょっとはスマートになってゆうさんお迎えできるかしら?^^

スープの他に、脂肪燃焼ジュースというのがありまして。
はまりついでに、ミキサーを買ってきて作ろうと思います(違う!その前に、何年も使っていないフードプロセッサーで試してみるべきだわ)
さらにはまりついでに、玄米も買ってこようと思います。かまどさんで炊けるみたいだから。
夫が乗ってくれれば、血圧にも体重にも良いことは目に見えてるんですが、案の定、このスープ嫌いみたいでした。まぁ、油で炒めてもないしベーコンも入ってないし、物足りないよね…。お米は白飯じゃなきゃ!タイプだし。
だから、どうせ今も冷凍してるんだから、別々に炊けば良いかと。
ちょっと体がすっきりした感じなので(見た目じゃなく自分の感覚で)このままやってみます♪
(もしかして、ご贔屓の体型変化もその辺のお陰なのかも?と思うと、俄然頑張る気になりますね・苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2006.12.26

クリスマスin赤坂

今年のクリスマス・イヴは赤坂のサントリーホールにて、メサイア鑑賞。20061224カラヤン広場は、クリスマスのイルミネーションが綺麗でした。20061224_1その後、広場の向かいのAUX BACCHANALES で食事をしました。
実は、1週間前にレストランを探したところ、すでにどこも予約で一杯で…。
ここは、銀座店を知っていたので訊いてみたら、すんなり予約がとれました。しかも結構空いてた。
カフェでフルコース、が食べられるとは、週末ユーザーにはあまり知られていなかったでしょうか。20061224_220061224_320061224_420061224_720061224_520061224_620061224_8




今年も(は)、夫と2人の、お外でクリスマス、になってしまったなぁ。。。
来年はどうしましょうね。千秋楽ですよね>イヴ。
1日ずらそうと思ったけれど、23日は前楽ですよね^^;
25日にずらすしか、ないですかね…平日だけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.12

正しい作り方のチャーハン

…を初めて作りました。
えっ?…結婚して20数年ですが…(汗)

日経新聞購読で毎月ついてくる「おかずのクッキング」を見て。
卵→ご飯→塩→帆立缶詰→白ねぎ、ピーマン→しょうゆ→水
の順です。

中華鍋も一応振れました。
多分ね、今までは、4人分を一遍に作ろうとしていたことに無理があったんだと思う。
中華鍋一杯のご飯…振れませんよね^^;
なので、いつも「中華混ぜご飯」状態でした。
いや、わざと、いっそ具だけ炒めてご飯と混ぜる、式にしてみたり。

2人分だったらちゃんと作れるんじゃん!ということで。
もう一つの勝因は、やはり「かまどさん」で炊いたご飯だからでしょうか?
元々のご飯がべたっとしてないから、炒めてもぱらり、となってくれます。
でも…写真撮り忘れたまたーー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧