パソコン・インターネット

2004.03.15

久しぶりにDTP

この週末、久しぶりに自分のMACを開けて、友人のピアノ発表会のプログラムを作っていました。
5年ほど前、近くの版下制作会社のパートを辞めた後、在宅ワークするんだと意気込んで、postscriptプリンタまで用意したのです。しかし…1年ほどであえなく挫折。DTPというのは、個人事業主としてやるにはかなりの覚悟が必要です。ハード、ソフトともに設備投資が大変。書体一つとっても高額だし。しかも、一度そろえたら良いというものではなく、常にバージョンアップがついてきます。なのに単価はどんどん下落している…。要するに、主婦が手を出せる領域ではなかったということです。加えて、納期までに自分で全責任を負って仕上げるという重圧感。いま、パソコンが壊れたらどうしよう、と、フリーズするたびにパニックになりかかり(代替機を用意しておくべきなのです)、仕上がらなかったらと思うと、熱中のあまりご飯を食べるのも寝るのも忘れて、いつの間にか朝がくる状態…?
そんなこんなに負けて、外に出る道を選んでしまいました。マイペースな自己管理ができないタイプなので、いま、時間で仕事を切って、会社を一歩出れば仕事から離れられる環境はとても気が楽です。もちろん、責任を持たされていないからであって、もし持たされていたら、会社から帰れなくなるだけだと思いますが…
その時の、プリンタはともかくMACは、いまや骨とう品に近いのかも知れませんが(^^;、今もたまに活躍してくれます。大した技はありませんが、MACで版下を作る作業はやはり好きです。時間を忘れます。ちなみに娘は、自分のHPをいじっていると時間を忘れるそうです。私は今のところ、タグを見ただけで頭が痛くなりそうですが(--)、そこら辺はやはり似たもの親子なのでしょうか…
今夜は、夫は仕事から(日曜だったけど(--))7時過ぎには帰宅して、早々に寝てしまいましたけど、まだこれから息子を迎えに行かねばなりません。このところバイトが夜勤続きで、昼は部活があるのでグロッキー、今日は熱があるのにバイトに行った馬鹿な奴です(--)今日は店(カラオケ)自体が12時クローズなので夜勤はなし。しっかし、夫はともかく、バイトで体壊してどうする、て感じですね。働かなきゃカード代が払えない、んだそうですが、だったら買い物しなきゃいいんだよーと思うと同情もできないわ(--;

| | コメント (0)