« 『股関節痛は怖くない!』出版記念パーティー | トップページ | 2010年読了記録20:『告白』 »

2010.07.25

『股関節痛は怖くない!』を読んで:2010年読了記録19

前回の記事で画像とAmazonへのリンクを貼らせていただきましたが、再度貼りますね。

Photo

松本正彦著、ワニブックス刊。
松本先生の股関節サロンHPはこちら、ブログはこちらです。

私が先生のブログを知ったのは、先生がブログを始められてから半年ほど経ったころでした。
最初、3日間ほどですべての記事・コメントを夢中になって読み、以来、更新のたびに全ての記事を読ませていただいています。

ですので、今回のご本の出版にあたって、ブログを読んでいるから、もしかしたら私にとって目新しい情報はそんなにはないかも…?と思ったりもしたのです。
しかし、読ませていただいて、こうしてご本にまとめてくださったありがたさをつくづく感じました。

ブログに書いてくださっていたことが、系統的にまとめられているから、だけではありません。
何より、ブログではどうしても見ることができなかった、図解が豊富です。

股関節周辺の筋肉、靭帯の図解を見ると、本当に人間の体って良くできているんだなと、自分の肉体に感謝したくなります。
整形外科でのレントゲン写真では、骨しか見えないですからね。
軟骨軟化症が起こる仕組みも、こうして図解していただくと本当に分かりやすいです。

また、色んな知識が頭に入ったところで、では実際にどうすれば?というところで、自分でできる股関節ほぐしや筋力トレーニング、歩行のアドバイスなども書かれています。

この本を読んで、また先生のブログに立ち戻ると、ブログで書かれていることが、改めて深く理解できたり。
ブログだけ、本だけ、でなく、両方を読むことで一段と相乗効果があるように思いますconfident

そして、ブログには書かれていなかったことももちろん書かれています。

私が個人的に興味深いな~と思ったのは、歩行について書かれているところでした。
最近私の中で疑問点になっていたこと…、それについての先生のお考えを読んで、なるほど~と、納得する部分がありました。

それと、これはブログでも書かれていますが、「心」のこと。
「股関節痛は怖くない!」というタイトルを、ブログとご本で使ってくださって、本当に良かったと思います。


私が最初に股関節周辺に今までにない痛みを感じたとき…、あの時、先生のブログに巡り合わずに整形外科を受診していたら、どうなっていたでしょうか。
手術云々、というレベルの話にはならなかったと思うけれども、実際に痛かったのです。
以来、やはり度々痛みが出ることはあります。
その痛みが、「筋肉から来ているもの」ということを知らずにあれからの日々を過ごしていたら…、将来について、不安が一杯だったろうと思います。

今は、痛みが出ても、不安になることはありません。
最初に先生に症状を訴えるメールを送らせていただいた時、「筋肉の痛みだと思います」というお返事をいただきました。あの時の「目からウロコ」感と安心感は、今でも忘れません。

こんなに情報社会になっても、やはり股関節痛を病院管理のもとで治療されている方…のほうが多いだろうと思います。
手術の情報も巷に溢れていますし。

少しでも多くの股関節症患者の方々に、先生のブログとご本を見ていただける機会がありますように、と思います。

また、先生の目標である、「総合股関節センター」の実現を切に願っております。

|

« 『股関節痛は怖くない!』出版記念パーティー | トップページ | 2010年読了記録20:『告白』 »

コメント

金木犀さん

この暑い中、「股関節痛は怖くない!」を紹介して下さってありがとうございます。
私も、股関節痛で苦しんでいる方に、一人でも多くこの本を読んで頂きたいと思います。

先週も、栃木の同病の方に、出版記念パーティーで先生にサインして頂いた本をお渡ししてきました。
この方に、3年前松本先生を紹介して頂いたのです。早速、先生に直接6冊注文されたそうです。
(松本先生のHP ~LE SALON GINZA~ に5冊以上申し込むと、消費税・送料が無料になるそうです)

~「股関節痛は怖くない!」と自身を持って言えるようになれば、みなさんの脳内の95%を占めていた「股関節のこと」が5%くらいまで減ります。~(本文から) これは、実感ですよね!! 


ゆり 

投稿: ゆり | 2010.07.27 19:39

金木犀さん、読後感をブログにアップしてくださって、ありがとうございます。
さすが、多くの本の紹介や、感想を書いて来られた金木犀さん!と
思いながら読ませていただきました。

佐賀大の股関節だよりによると年間の股関節の手術を受けられる患者さんの数は国内で約三万人だそうです。
本当に全員が手術が必要なひとだったのだろうか、
筋肉の手入れで、そのうちの何割かは手術を免れる可能性があったのでは
ないだろうか‥と、つい思ってしまいます。

深圧という療法と、松本先生始め深圧を施術してくださる先生方と
出会えた私たちはラッキーですよね。

多くの方にこの本を読んでいただきたいですよね!

投稿: ラベンダー | 2010.07.27 21:51

コメントありがとうございますhappy01


☆ゆりさま

私は、身近に同病の知人がいないもので、せめてブログで宣伝…させていただけたら、と^^

先生のサインも素敵でしたよね!
カバーをめくった表紙のメッセージにもお気づきになりましたか?

先生らしい、明るい気持ちになれるご本で良かったな~と思います。


☆ラベンダーさま

やはり、体の不調はお医者さまに診ていただく…というのが、常識的な選択になっているのでしょうね~

私も、すべて自分で選んだので今こうしていますけれど、例えば親が近くにいたりしたら、色々アドバイスという名の横槍(笑)入ったかも知れないです。

松本先生も、手術を否定されている訳ではないので、それぞれの方に最善の道が選べるようになると良いですよねconfident

投稿: 金木犀 | 2010.07.27 23:10

わたしは、1月27日に骨切り手術を受ける予定になっています。でも、このサイトを見てちょっと不安になっています。走れるし、我慢できる痛みなのに手術は必要なのでしょうか?

投稿: ゆき | 2011.01.06 17:40

ゆきさま

はじめまして&コメントありがとうございます。

自分のブログながら、ここしばらく身辺慌ただしかったこともあり、すっかり放置状態にしておりましたらコメントをいただいていて…
お返事がこんなに遅くなり、大変申し訳ありません。

しかも!今日が手術の日ではないですか!
もちろん、私は患者の一人でしかなく、専門家ではありませんので、私の立場からアドバイスさせていただけることではないのですが、もう少し早くお返事させていただくべきでした。
本当にすみません。。。

股関節症のお仲間では、自骨手術をされて綺麗に歩かれている方も存じ上げておりますし、ゆきさまも、予定通り手術をされたのでしたら、これからますます良くなられますことを、心よりお祈りしております。

何かご不安なことがありましたら、いつでも書き込んでくださいね。
また、松本先生のブログやサイトもぜひご覧になってくださいませ。

投稿: 金木犀 | 2011.01.27 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/48972901

この記事へのトラックバック一覧です: 『股関節痛は怖くない!』を読んで:2010年読了記録19:

« 『股関節痛は怖くない!』出版記念パーティー | トップページ | 2010年読了記録20:『告白』 »