« 2010年読了記録5:『幸せの作法』 | トップページ | 2010年読了記録6:『わたしを離さないで』 »

2010.02.21

「天璋院篤姫」と人形町界隈

昨日、明治座に「天璋院篤姫」観劇に行ってきました。
そして、帰りに人形町界隈をぶらぶら…しましたので、合わせて一つの記事に。

明治座は、初めて行きました。
Photo

劇場前には、出演者ののぼり?が。
タータンのをパチリ。もろ逆光>_<
Photo_2

主演の篤姫役は、内山理名さん。
頑張ってましたね~
男役さんみたいに格好良かったです^^
ただ、着物の着こなしが…。襟元が決まらなくてね。
こういうのって、お衣裳部さんの力もあるんじゃないのかしら?
せっかく豪華なお衣裳なので、しっかり見てあげてほしいなと思ったんですが…

皇女和宮は、宝塚退団後初舞台の遠野あすかちゃん。
も~、可愛いのなんの^^
でも、ぶっとんだ役作りで、「皇女」のイメージからは程遠いかも…^^;
まぁ、演出の指示なんでしょうけどね。
何でもできる彼女ですが、今度は大人の女の役が見てみたいな~

篤姫の夫、徳川13代将軍家定は、今拓哉さん。
や~、うまかったですよ。私、この人好きかも知れない^^
でも、何だか「天翔ける風に」の溜水さんを思い出してしまってね~^^;
いつもこういう芸風、なわけじゃないですよね…?

ところで、今さんでぐぐったら、や~全然存じ上げませんでしたが、去年、岩崎宏美さんとご結婚されてたのですか~@@
ひろみちゃんて、私と同い年だ~@@
ま、舞台とは関係ないことですがsweat01

タータンは幾島役。
大河では松坂慶子さんがされたそうですね(そういえば、こないだTVドラマで拝見してびっくり…だったのですが^^;)
出番もそう多くはなく、大奥での滝山さんたちとのバトルとか、笑いをとるところもあったりでしたが…、
ともかく、うまい。
というか、今回、タータンに限らずですが、普段から舞台中心の方とドラマ中心の方で、随分差が出ていたと思います。
発声とか台詞回しとか、たたずまいとかね。
タータンはそういうところ、安心して見られるというか、別格のようにも見えました。
(すいませんファンなんでほっといてやってくださいm(__)m)

こういう、大衆演劇風の舞台を見たのは初めてかも知れません。
ううむ、やっぱり、ここで歌!とか思ってしまって(笑)
実際、ラストには主題歌が流れますしね。(小椋佳が天璋院篤姫をイメージして作詞・作曲した「風そして花」。島津亜矢の歌によって物語の感動をより一層盛り上げます。←公式サイトより)

3階席正面2列目だったのですが、1列目は手すりが邪魔で、とても見にくそうでした。
2列目でラッキー、と思っていたら、開演するとなんとー、1列目の方々は身を乗り出し、中には手すりに手をかけて、顎を乗せる勢いの方も@@
私の前はたまたま小柄な方で実害はあまりなかったのですが、お隣の2人連れはかなり文句を言ってらして…

どうなることかと思いましたが、そこはおばさん同士^^
幕間に、1列目の方から聞いてきてくださり、あっという間に知らない同士お喋りに発展し、友好的解決^^
宝塚だったら、直接はとても言えなくて、係の方に注意してもらおう、てことになるところですが…
(もちろん、放送は入ってたんですよ。前に乗り出さないようにって)

でも、実際2幕目以降は1列目の方が見えづらかったと思います。
これ、設計ミスですよ。1列目だと、手すりの下のアクリル板?越しにしか舞台が見えないのでは。
しかもご丁寧に、ところどころに飾りか補強の格子がはまっていて、そこに当たった人はほんとに気の毒です。
せめて、2列目との段差がもっとあれば、1列目の人も自由に乗り出せるのにね。
お安い席は見にくいって、ある程度は仕方ないのかもですが、改良の余地ありだと思います!
(そういうことはアンケートに書きましょうーー)

幕間にはせっかくなのでお弁当を買って客席で食べました。
幕間休憩が2回あって、上演時間4時間なのですよね@@ 歌舞伎なみですね。

それで、お腹一杯ながら、帰りは人形町界隈をうろうろしました。
日比谷線の人形町駅と明治座の間は、「甘酒横丁」という名前がついていて、お店が色々。
Photo_3

こんなお店もありましたよ~
Photo_4

岩井つづら店のつづらたち、志乃多寿司のいなり寿司、双葉のお豆腐やがんもどき、鳥忠のジャンボ玉子焼きなどに心惹かれつつ、ともかく酒屋さんの店先で甘酒を。100円で生姜たっぷり。安い(初詣の氷川神社では200円だ~)
自家生産の酒粕も売っていましたが、たぶんお料理しないと思って手を出さず。。。

やっぱり曙の苺大福と桜餅買おう、と思って戻ったら、軒並み売り切れてました;_;

たい焼きで有名な柳屋さんは、こんな行列。
Photo_5

普段行列にはめったに並ばない私ですが、帰りを急がなかったので並んでみることに。
30分並んで買えました~
20本くらいの型を同時進行で焼いていく職人さんの技はすごい!
せっかく並んだのだからと、つい10匹も買ってしまうーー

その場で食べると一番美味しいのでしょうが、残念ながらお腹がいっぱいで、家に帰ってからトースターで温めていただきました。
Photo_6

皮が、焦げ目がつくほどぱりっぱりなのと、あんこが甘くなくさっぱりしてるのが特徴でしょうか。
美味しかったですが、私の希望としては、もちょっと皮が薄くて尻尾まであんが詰まってると嬉しかったのだけど…

急に、あちこちのたい焼き食べ比べがしてみたくなった…
けど、たい焼きは1個200kcal余りあるみたいです!
たい焼き食べるならご飯はナシにしないと~sweat01

|

« 2010年読了記録5:『幸せの作法』 | トップページ | 2010年読了記録6:『わたしを離さないで』 »

コメント

わぁ、柳屋のたい焼き! 
お正月に七福神めぐりをした際、泣く泣くあきらめたのでした。
四谷や麻布十番のたい焼きもぜひご披露くださいね。

「天璋院篤姫」、楽しんでいらしたようで何よりです。
現ごひいきに熱く入れ込みながら、前ごひいきもしっかりフォローしていらして、すごい!
私はそこそこ後追いするんですけど、そのうち足が遠のきます(^^;)。

投稿: Tompei | 2010.02.21 23:35

Tompeiさま

コメントありがとうございます!
そうですね、七福神めぐりで書いていらっしゃいましたねhappy01

今夜も1匹、お腹におさまりました^^
あと6匹、冷凍庫で寝てますsleepy
疲れた時に甘いもの、嬉しいですよね^^;

タータンはね~、さすがに遠征はしなくなったし、DSやお茶会は、現ご贔屓の公演と重なって行けないことが続いてましたが、3月初めには、久しぶりにお茶会も行きます。

彼女には息の長いファンが多いようで、今でも劇場に行くと、懐かしいお顔を客席で多く見かけるんですよ。

今や、外部の舞台はタータンが出てるものしか観なくなったので、タータンのおかげで外の世界とつながっていられるようなものです^^;

投稿: 金木犀 | 2010.02.23 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/47627934

この記事へのトラックバック一覧です: 「天璋院篤姫」と人形町界隈:

« 2010年読了記録5:『幸せの作法』 | トップページ | 2010年読了記録6:『わたしを離さないで』 »