« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.18

2009年読了記録31:『宝塚読本』

Photo_4中本千晶著、文春文庫。

これは内容があちらのことなので(笑)、感想はあちらにupいたしました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年読了記録30:『病気は自分で治す』

Photo_3副題「免疫学101の処方箋」
安保徹著、新潮文庫。

先月帰省した時、母から勧められて、「いっぱい買ったから1冊持って帰り」と言われて読んだ^^;1冊です。

日ごろファーマ関係の仕事をしているものですから、薬や従来の医療に否定的な母に、「ええ~」と懐疑的だったのですが、民間療法とかではなく、免疫学の専門的見地から、病気の成り立ちなどを解説されると、なるほどね~と納得でした。

「病気は自分の生き方に拠る」という考え方は、遺伝性の病気や先天性の病気もあることを思うと一概には賛成できませんが、少なくとも生活習慣病の類は、本当に生活を変えることで克服できるものだと思いますし。

でも、例えばガンにかかった人が身近にいて、「それはあなたの生き方のせいなのよ。生き方を改めればガンも良くなるわ」なんてことは言えませんしね、、、また、患者本人がそう思ったとしても、実際に自分の思う通りの闘病方法を選ぶことは難しいと思います。

ガンに限らず色んな病気に、「治療ガイドライン」というものが存在していて、医者に行けばそれに則った医療が施されるわけですし…
ガンと診断されて、手術も抗がん剤も放射線も何もしない!なんて言ったら周りの猛反対にあってしまうでしょう…それで自分の意思を押し通そうとしたら、よけいにストレスが溜まりそうだsad

安保先生の仰るような、本来あるべき?医療が実践されれば、不用な薬や治療が減って、医療費削減にもつながると思うけど…、そしたら製薬会社が儲からなくなるからダメなんだろうな~

ファーマの仕事をしていると、創薬、製薬というのは、人類を病から救うため、という高潔な目的をもって行われている、という面ももちろん感じるのですが、一方で、各種医学雑誌に掲載されている、製薬会社の夥しい広告ページを見ていると、やはり製薬会社は企業として勝ち残っていかなければならないという性質上、薬は売って売って売らなければならない訳で…、そういう事情を私たちは正しく認識しておかなければいけないと思います。


さて、この本には、自律神経の働き、交感神経優位と副交感神経優位のことが書かれていますが、前のエントリーの本のことを思い出すと、勝間さんは究極の交感神経優位タイプ、そして香山さんはどちらかというと副交感神経優位なのかな~、なんて思いました^^

本書は、最後は人生観、宗教観まで行きつくような本ですが@@、端的に言えば、(以下引用)
「がんばり過ぎても、逆に楽をし過ぎても、人は健康に生きることはできないのです」
であり、理想的な生き方とは、
「精神の安定を保つうえで大切なのは、諦めの境地になってはいけないということです。何かをなすべきときには、それに必要な考えが自然に浮かび、それを行動に移せなくてはなりません。逆に、必要ないことは考えない。不必要な行動だと分かったら、すぐにやめる決断力も大切です。これらを意識せずに行なうことができれば、理想的です」
ということなのだろうと…

私も、今年は色々あったけれども、来月に大台に乗る年代でもあり、これからは精神の安定を保てるように…
別に長生きがしたいとかそういうことじゃなく^^; 心の安定した日々を送れるように、努めたいなと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年読了記録29:『しがみつかない生き方』

Photo_2副題「『ふつうの幸せ』を手に入れる10のルール」
香山リカ著、幻冬舎新書。

実は、AERA47号で、「勝間和代×香山リカ」対談と、「カツマーとカヤマー」新・幸福論、というのを読みまして^^
カツマーを目指して頑張っていたけど挫折した人たちが、「しがみつかない生き方」(目次には、「<勝間和代>を目指さない」なんて項目もある^^;)を読んで救われたとかで、本書が37万部を超えるベストセラーになってるということで。

私自身、今年から契約社員の身の上になったことで、「インディでいこう!」の経済面は実現できる目がなくなってしまったし、それも自分のせいでそうなった訳じゃないのに…と、ともすれば落ち込みがちな日々でしたから、「しがみつかない生き方」を読んだら私も救われるかしら、と思って手を伸ばしたのですわ^^

しかし…、いや~、まったく心に響いてこなかった(悲)
ここまで共感できる部分が何もない本ってのも珍しいです。もう、早く読んじゃおう、と途中からは読み進めてました。

まず、香山さんは勝間さんの本を読み間違っているし、また、香山さん自身の持論を書かれているところもまったく共感できないーー
たぶんね~、「伝える技術」という面からも、勝間本ほど理論的に効果的に組み立てられていないから、よく伝わらないんだと思う。

そして、本質的に私は、後ろ向きなのが嫌いなんだろうなと思った…
人間性善説というか、前向きでいたいというか。
ま、いい加減な性格だから、もともと「しがみついて」はいない訳だし。。。
それと、香山さんはお医者さまでいらっしゃるから、私にはやはり、弱者に寄り添うとか、そういう資質が欠けてるのかもなと。

じゃあでも、どういう風に生きて行ったらいいの?というところで、助けになったのが次の本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年読了記録28:『月下の恋人』

Photo浅田次郎著、光文社文庫。

ひさびさに、浅田次郎の短編集ではまることができました^^

分かっちゃいるけど泣かされる、作品も良かったけれど、浅田次郎の真髄だと思っている、場面が鮮やかに脳裏に浮かぶような描写が冴えていた、「回転扉」と「同じ褄」が特に好きでした。

特に「回転扉」は、ドラマ仕立てで見てみたいような…
その時の主役の女優さんで頭に浮かんだのは、大原麗子さんでした。。。

それから、心にずしっと残ったのが、「忘れじの宿」の以下の部分。
「生きるいうことは、そないに甘いもんやない。恨みつらみも、恩も情けも、この先の長い人生の道を踏み惑わせる種になることに変わりはないんやで。…(中略)…片っぽを流してもう片っぽをうまくせき止めるよな都合のええしがらみなんぞ、あるもんかいな」
という、お坊さんの言葉なのですが…

ふと浮かんだのが、源氏物語に出てきた、出家していったあまたの女君たち。
出家にはやはり並々ならぬ覚悟がいったようですが、きっとこのように、辛かったことだけじゃなく、楽しかったことも含めてすべて忘れ、世俗を捨てて仏の道に入る、ということだからだったのだろうなと…

どのお話も切なかった。秋の夜にぴったりの小品集ですconfident


…読了記録がずいぶんたまってしまったので、一気に行きます。
ともかく、東京公演開幕までに、済ませることは済ませておかないと大変(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

横浜の休日2009

今年もまた、去年と同じような季節に横浜へ^^;
それというのも、星組全国ツアーチケットをうっかり2枚生協で頼んだら当たってしまい、誰かをお誘いしたり売りに出したりできるような席でなかったのでthink夫に付き合ってもらい、3時の終演後、横浜散策~夕食、と一日横浜で遊んで来たという訳です。

三連休の中日、会場の神奈川県民ホール近くの山下公園は大変な人出でした。
…と思ったら、「ワールドフェスタ横浜」ってお祭りをやっていたんですね~
こちらには足を踏み入れずに、今回は、山手方面を目指します。

一度、「港の見える丘公園」に行ってみたかったんです~happy01
しかし、地図を見ると、この公園も海の近くなんですけど?ハテ?と向かうと、公園に入ったところからすぐ、階段階段階段…@@
そうですね、横浜には山はないのだから、文字通り「丘」なんだ。ひたすら上る。全然バリアフリーじゃないーー
脚の調子が悪くない日だったのが幸いでした。
(あもちろん、公園横の道を歩けば階段ではなかった訳ですが、かなりな急坂でしたね、こちらも)

さて、やっと展望台に着きました。
展望台からの眺め。
1

横浜ベイブリッジを望む。
2

うう~~~ん。
やはり、高台といってもこの程度なので、眺めもぶっちゃけ大したことは…(汗)
夜になって、夜景だと綺麗なのかな。
大学時代、毎日神戸の港風景や夜景を見ていた身には何とも物足りなく…
やっぱり、良い眺望には海に迫る山、が必要なのかと。

で、飛行船が飛んでいたので皆写真を撮ってました。
3

何の広告かと思ったらイソフラボンでした~^^;

公園内のローズガーデンへ。
満開、ではなかったですが、あちこち咲いていたので、「花モード」で撮ってみる手抜きコンデジ(笑)
4
5

それから、ガイドブックに載っていて食べたかったので、ローズガーデンえの木ていへ。
6

ここは、山手111番館という洋館の地下なのですが、洋館見学もそこそこにカフェへ^^;
皆考えることは同じらしく?かなりな順番待ちで挫折しかかりましたが、ともかく名前を書いて、ソフトクリームを食べつつお庭の椅子で待つことに。
7
ここは、すべて「ばら」つながりということで、当然私はローズソフトクリームです。ばらの香りで美味しかった^^

順番が来て、店内で今度はばらのシフォンケーキとローズコーヒーのセットを。
8
ローズコーヒーって、ほのかなばらの香りです。
ここでは、お水もローズウォーター^^
ばらのグッズなども各種販売されています。ローズサブレをお土産にしました。

さて、何となく「ベルばら」気分になったところで(笑)、坂を下り、中華街へ向かいます。
ガイドブックに「パンダや」というのを見つけましたので、早速行って、半ばヤケクソになりパンダグッズを買いあさるcoldsweats01
ええ、ポストカードとかシールとかストラップとか…
これで東京公演に向けて準備ok
このお店、ネット通販もあるのですねっ
買い忘れがあっても大丈夫だわwink
何か、お店はごちゃごちゃしていてうまく見れなかったから、通販の方が選びやすかったりしてcoldsweats02

ちょっと早い夕食は、去年お友達に教えてもらっていた「梅蘭」に行きました。
ここは「梅蘭焼きそば」が名物なのだそうです。
9
外側はカリッと、中はあんかけになっていて、一見ボリュームありそうだけど、さくさくしていてパクパク食べられました^^(ソフトクリームとケーキ食べた後でも^^;)
チャーハン、海老餃子とともに。
10
食べ終わって外へ出たら、まだ5時半過ぎでしたが長蛇の行列になってました@@
皆知ってるんですねぇ~

すっかり日の暮れるのが早くなり、関帝廟の三国志寶船などを楽しみつつ、石川町まで歩きました。
11
13

私の脚の調子に合わせて付き合ってくれた夫に感謝。
…ただ、星全国ツアーを観て、ちえちゃんの方がずーっと良い、という感想だったのだけが…(いや、私も良いと思ったけどさ~confident

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »