« 2009年読了記録28:『月下の恋人』 | トップページ | 2009年読了記録30:『病気は自分で治す』 »

2009.10.18

2009年読了記録29:『しがみつかない生き方』

Photo_2副題「『ふつうの幸せ』を手に入れる10のルール」
香山リカ著、幻冬舎新書。

実は、AERA47号で、「勝間和代×香山リカ」対談と、「カツマーとカヤマー」新・幸福論、というのを読みまして^^
カツマーを目指して頑張っていたけど挫折した人たちが、「しがみつかない生き方」(目次には、「<勝間和代>を目指さない」なんて項目もある^^;)を読んで救われたとかで、本書が37万部を超えるベストセラーになってるということで。

私自身、今年から契約社員の身の上になったことで、「インディでいこう!」の経済面は実現できる目がなくなってしまったし、それも自分のせいでそうなった訳じゃないのに…と、ともすれば落ち込みがちな日々でしたから、「しがみつかない生き方」を読んだら私も救われるかしら、と思って手を伸ばしたのですわ^^

しかし…、いや~、まったく心に響いてこなかった(悲)
ここまで共感できる部分が何もない本ってのも珍しいです。もう、早く読んじゃおう、と途中からは読み進めてました。

まず、香山さんは勝間さんの本を読み間違っているし、また、香山さん自身の持論を書かれているところもまったく共感できないーー
たぶんね~、「伝える技術」という面からも、勝間本ほど理論的に効果的に組み立てられていないから、よく伝わらないんだと思う。

そして、本質的に私は、後ろ向きなのが嫌いなんだろうなと思った…
人間性善説というか、前向きでいたいというか。
ま、いい加減な性格だから、もともと「しがみついて」はいない訳だし。。。
それと、香山さんはお医者さまでいらっしゃるから、私にはやはり、弱者に寄り添うとか、そういう資質が欠けてるのかもなと。

じゃあでも、どういう風に生きて行ったらいいの?というところで、助けになったのが次の本です。

|

« 2009年読了記録28:『月下の恋人』 | トップページ | 2009年読了記録30:『病気は自分で治す』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/46516400

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年読了記録29:『しがみつかない生き方』:

« 2009年読了記録28:『月下の恋人』 | トップページ | 2009年読了記録30:『病気は自分で治す』 »