« 2009年読了記録26:『救命センター当直日誌』 | トップページ | 横浜の休日2009 »

2009.09.21

2009年読了記録27:『見えない貌』

Photo_4夏樹静子著、光文社文庫。

ネットや携帯メールを題材にした、夏樹氏の長編文庫化最新作。
まぁ、ぶっちゃけて言ってみれば、出会い系サイトを発端とした殺人事件、なんですけれども。
(以下、さりげにネタバレありですので、これから読む方はご注意を)


途中で谷先生ばりのあっと驚く展開になり(笑)ひぇ~~と思っていたら、最後の最後にどっかんとどんでん返し。
何だこりゃ~~~と思ってしまった私は、この展開を読めなかったのが鈍いということになるのでしょうか^^;

例によって一気に読めてしまい、面白かったのですが、う~む。
主人公の母娘が、私にとっては感情移入できないタイプの人たちだったのが、ちょっと辛かったかな~
何かね、あんまり好きなタイプの生き方ではないというか…
この本の中で、唯一、すっと感情を寄り添わせられたのは、彰のお母さん、真砂子さんでしょうか。

それから、裁判員制度も始まったいま、事件を「裁く」ということの大変さも改めて感じました。
それこそ、ドラマや本の世界ではなくて、起こってしまったことを、あとから、色んな側面から検証していく作業…
突き詰めていくと、そもそも人間が人間を裁く権利などあるのか?という問いに至ってしまいますが、そんなことを言ってたら社会の節理が保たれないわけで…

そして、読後感として思ったことは、「子供は甘やかしてはいけない」ってことで…はぁ?って感じですな(汗)

|

« 2009年読了記録26:『救命センター当直日誌』 | トップページ | 横浜の休日2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/46274682

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年読了記録27:『見えない貌』:

« 2009年読了記録26:『救命センター当直日誌』 | トップページ | 横浜の休日2009 »