« 再び、上牧温泉へ | トップページ | 松本~美ヶ原、癒しの旅(その1) »

2009.08.30

「天翔ける風に」再再演

東京芸術劇場中ホールにて、本日千秋楽の幕が下りました、「天翔ける風に」。

2001年の初演時、主演のタータン(香寿たつき)は、トップ就任前の現役宝塚生、その当時はまだ専科所属でした。
そして、2003年の再演は、宝塚卒業後の最初の舞台。
サヨナラ公演以来初めて会うタータンだったということもあり、初演以上にはまりにはまってしまった私は、池袋に通い詰め…
あれから6年。
いまはすっかりタータンについてはお気楽ファンになった私は、再再演は単純に嬉しく、何も気にせずきらく~に観に行きました。

それが、初日開けて4日目の夜公演でした。
記憶というのは恐ろしいもので…、舞台が始まると、6年前の記憶がふつふつ蘇ってきて、どうしてもそれと比べてしまう自分がいました。
英だけでなく、皆さんの台詞、歌、、、舞台のすべてが記憶に刻まれてたんだなと。
なので、今回の舞台として、自分の中で消化し切れずに終わってしまい…

最近タータンの舞台は1回ずつしか観なくなっていたのですが、今回ばかりは千秋楽も観劇予定にしておいて良かったと^^
そして、2階後方センターから、舞台全体を見渡すことができて、やっと今回の作品として楽しむことができました。
また、一週間経って、舞台もとても進化していたと思いますし。

初演、再演と比べると、非常にグレードアップというかスケールアップした舞台。
特に舞台美術。装置もですが、照明が素晴らしかったな~。客席はもちろん、客席の壁、2階席の天井まで駆使していてびっくりでした。
今回の舞台は、「東京芸術劇場野田秀樹芸術監督就任記念プログラム」の一環なわけですが、色んな意味で、そういう色を感じました。
つまり…、初演と再演も無論、謝先生のTSミュージカル作品であったわけですが、初演では宝塚現役生のタータン、再演では女優一作目のタータン、が主演であることを意識して演出されていた面もあったと思うのですが…、
今回、そういう色はなくなっていたなと。
もっと、作品そのものとしての色が濃くなっていて、そこに、その作品の主役としてタータンがいた、というか。
そして、こんな…何て言うかな、立派な舞台に、主役として立つことができて、本当に幸せなことだなと、つくづく思ったのでした。

今日は千秋楽ということもあり、カーテンコールでキャスト一言ずつ挨拶があったのですが、タータンの涙ながらのご挨拶が、心境を物語っていたと思います。


以下、長くなりますがざっとキャスト別に…

■才谷梅太郎(山崎銀之丞)
今回がミュージカル初出演!とは思えないです。
確かに、初演・再演の畠中洋さんに比べると、さすがに歌が少し弱くて、それは残念だったけれども、英を包む包容力とか、大きさをすごく感じた才谷でした。

■郡司之助(戸井勝海)
初演・再演の立川三貴さんとはまったく違うキャラでしたね。
「太陽のように」のナンバーが、初演・再演で涙ボロボロになる名場面だったことを思うとちょっと残念ではあるのですが…

■溜水石右衛門(今拓哉)
こちらも初演・再演の福井貴一さんとはまったく違うキャラだったのですが、違いすぎていて、これはこれですごく面白いと思いました。
大体が、登場からして度肝を抜かれた(笑)
最後のご挨拶の紹介で、司会役の幸村吉也さんから、「ちょっと大きな腹話術のお人形」と紹介されていたのに爆笑でした。ホントにそんな感じ。
声が良くてね、今さんにははまったかも…^^

■甘井聞太左衛門(阿部裕)
この役は、初演・再演・再再演と、すべて違う方が演じているんですよね。それぞれ味があったと思います。

■三条智(剱持たまき)
いや~、この役は、初演・再演の伊東恵里さんが、本当に奇蹟のようなキャストだったのだなと…(涙)
まぁあの時は、伊東さんの歌唱力が素晴らしすぎて、いかにセーブしてくださってもタータンの声が負けてしまってましたが、バランス的には今回は良かったかも知れない…

■三条清、おみつ(福麻むつ美)
宝塚OGでいらっしゃるんですね。まったく知りませんでした。
清については、今回一番演出が変わったと思うのですが、あちこちでとっても目立ってました^^;
だから話として分かりやすくはなってたと思うのだけど…
この役って、野田版では野田さんが演じてらっしゃったのですよねそういえば。

■初演・再演からのメンバー
平澤智さん、川本照彦さん、福永吉洋さん、幸村吉也さんたちのお顔を見つけては、懐かしくて嬉しくて。
6年という歳月を、感じるけど感じさせない(何だそれ^^;)

今回、女性陣の役ががさっとなくなってしまったのが寂しい。
代わりに、ええじゃないかメンバーズが増えたわけですが…
そういえばええじゃないかメンバーの皆さん、プログラムにもHPにも記載がないのね。
そんなもんなんでしょうか…お名前だけでも掲載してほしかったな。。。

そして、「三条英といえばこの人、この人といえば三条英」と幸村さんが紹介してくれた、
■三条英(香寿たつき)
演出が少し変わっていた気がします。
初演と再演では、最初からもっと「女性」を意識していた演出だったというか…
結局それが、タータンの立場を慮ったゆえの演出だったのではないかと思うのですが。
今回は、今までで一番男勝りだった^^
立ち回りなんざ、きゃー格好良い~と思ってしまい(なかなか宝塚でもああいう立ち回りは見られません。まぁ女性だけでやってるのですし)
それだけに、才谷=龍馬とのシーンから十字路~牢獄と、英の、身にまとった鎧を脱いで行くような変化が鮮やかで。
最後の白い衣裳の英は、「浄化」という言葉がぴったりの素の姿でした。
初演と再演であんなにハラハラさせられた歌は、さすがに女優として6年やってきて、今回は「余裕」でしたね~

ご挨拶のタータンはいつものタータンで^^
また機会があったら…なんて仰ってましたが、ファンとしては、もう十分です、という気持ちもありますが^^;
秋のダンスの舞台が終わると、次の2作品は宝塚後輩の外部デビューサポート(となみちゃんとあすかちゃんの)の役回りとなるタータン。
色んな意味で、記念碑的な今回の作品だったかと思います。

|

« 再び、上牧温泉へ | トップページ | 松本~美ヶ原、癒しの旅(その1) »

コメント

はじめまして!
「天翔ける風に 千秋楽」でググって、こちらにたどり着きました。

私も昨日の千秋楽、観劇しました!
タータンのファン(ライトですが…)なので、初演も再演も
観劇しております。

今回、キャストも演出も変わるとのことだったので、
比べてはいけない、新しい作品だと思わなくちゃ、という気持ちで
観劇しました。
そうは言っても、ついつい比べちゃいますよね…coldsweats01
前の方が良かったと思う点がいくつかあります。

でも、やっぱりこの作品はすばらしいと思いました!
そして、タータンの進化!
すごく自然な女性らしさが現れていたように感じました。

この再々演を、そして千秋楽を見ることができて、とても
幸せを感じました。

どなたかとこの感動を共感したくて(私は一人で見たので)、
余韻を味わいたくて、ついついお邪魔してしまいました。
失礼いたしましたm(__)m


投稿: たんぽぽ | 2009.08.31 10:42

たんぽぽさま

はじめましてhappy01
ブログを読んでくださり、コメントいただいて嬉しいです。
ありがとうございます!

本当に、作品にもタータンにも感動しましたね~
まぁ、通い倒した初演や再演の舞台での、息詰まるような切迫感とか緊張感とかは薄れていたように思うし、そういえば笑えるアドリブもなくなってました…
あとは、「間」とかね、言い出したらキリがないですが^^;

再演は難しいですよね。
だから、これで見納めで、私はいいんだけど、と思いつつ^^

最近はお気楽ファンになっているのでタータンのこともあまり書かずにいますが、また舞台を観に行きましたら書きますので、よろしかったらこれからも遊びにいらしてくださいね^^

投稿: 金木犀 | 2009.09.01 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/46073855

この記事へのトラックバック一覧です: 「天翔ける風に」再再演:

« 再び、上牧温泉へ | トップページ | 松本~美ヶ原、癒しの旅(その1) »