« 2009年読了記録23:『四文字の殺意』 | トップページ | 「天翔ける風に」再再演 »

2009.08.15

再び、上牧温泉へ

以前、上牧温泉の旅籠・庄屋に泊まったのは、2005年の夏でした。

その時の印象がとても良く、いつか親を連れて来よう、と思っていたのですが、この夏、機会があって、私たち夫婦と私の両親&弟、というちょっと不思議な取り合わせで(笑)、再び、庄屋に宿泊してきました。

写真の数々はサイドバーのフォトアルバムをご覧いただくとして…というか、旅館HPのスライドショーとかを見ていただいた方が一目瞭然かもしれません^^

貸切プランがあるとのことで、運良く空いていたので、蔵を2つ使って貸切とさせていただきました。
食事は母屋の和室でいただきますが、もちろん私たちだけ、お風呂も2つとも貸切で、滞在中いつでも自由に入れました。
貸切といってもお値段がそう高いわけではなく、とても落ち着いてゆったり過ごすことができましたので、お勧めです。

このお宿、母屋は築30年とのことで、古民家移築ではないそうですが、古民家を解体するときに、その建材を譲り受けて建てたものだとか。
そして、私たちが泊まった離れの蔵は、実際の旧家の蔵を移築して、内部を改装したものだそうでした。

OZmallという、OLさん向けのサイトに登録してあることもあり、宿泊客は若い方が多いようで、そういう方たちには、こういうお宿は新鮮で珍しくて、感動もののようですね^^

私はというと、以前泊まった時の記事にも書いたのですが、今は無き、私の実家を思い出させる作りが色々懐かしく…
両親にとって、昔の家の記憶が果たして懐かしいものかは疑問だったのですが、まあ、全然珍しくはないけど落ち着いてはもらえたかな?

部屋まで案内され、蔵の白壁と重い引き戸を見た時は、私は思わず鳥肌ものでした(苦笑)
実家にもそういう作りの蔵がいくつもあって、何を隠そう、私の勉強部屋は、蔵を改装して作ってもらったのでしたし^^;
うちには囲炉裏はなかったけれど、階段箪笥とか長火鉢とか、珍しいどころか、見慣れた昔の光景で。
冬には、実際に囲炉裏や火鉢に火が入るようです。

お料理も、とても手が込んでいて美味しく…、若女将さん曰く、板前さんが色々やってみるのが好きなため、その日その日で何が出るか分からないのでメニューが作れないんです、とのことでした。
毎月のメニューが紹介されているようなお宿より、本当はその時その時の美味しいものがいただけるかもですね。

そう、前回はいらっしゃらなかった若女将が前面で取り仕切っておられ、お母様の女将さんは一歩下がって見守る感じになっていたのも、4年の歳月を感じさせられました。
帰り際には、思わず、「またぜひ伺います」と言ってしまいたくなる…そんなお宿です^^

今回は、家族でゆっくり話す、ことが主目的でしたが、翌日は谷川岳に行ってみました。
もう我が家には車がないのでレンタカーを借りましたが、ミニバンだったので運転は弟任せ。
運転しなくていいってこんなに楽なことだったのね~としみじみ。
ただ、お天気がいまいちで、せっかくロープウエーに乗ってみたものの、ほとんど眺望がきかず、ただ上に行ってお茶してまた下りてきただけ、になってしまいましたーー

両親も、年を重ねてきたとはいうものの、70歳代後半にしてはまだまだ元気です。
喜寿だの傘寿だの、夫の両親含め、毎年のように何かに当たるので、来年もまた、今度は夫の両親を誘ってどこかに行こうかな~と思います。

|

« 2009年読了記録23:『四文字の殺意』 | トップページ | 「天翔ける風に」再再演 »

コメント

フォトアルバム拝見しましたよ~
良いお宿だねえ^^
親孝行出来たでしょ?何より何より。
ご両親ともにココまでお元気でお越しになれることが素晴らしい。

出来る限りのことをこれからもしたいですよね。

谷川岳は残念だったよね。今年の夏は仕方ないねえ。私たちもあいにくだったけど・・。

投稿: 桜桃 | 2009.08.18 14:46

桜桃さま

コメントありがとう^^
本当に、70歳代後半なことを思うと、元気でいてくれてます。
何より、気力的にもね。

>谷川岳は残念だったよね。
たった1日行ってその日に晴れろって言う方が勝手なのよね^^;
父も、スイスに行って、5日位いたらずっと山が見えないってことはないけど…て言ってたので。

来週、今度は美ヶ原に行くので、そっちは何とか晴れてほしいんだけど。
あなたの旅行記、続き楽しみにしてますよ~^^

投稿: 金木犀 | 2009.08.19 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/45928879

この記事へのトラックバック一覧です: 再び、上牧温泉へ:

« 2009年読了記録23:『四文字の殺意』 | トップページ | 「天翔ける風に」再再演 »