« 東京タワーと薔薇 | トップページ | 2009年読了記録17:『源氏物語 巻九』 »

2009.05.20

阿修羅展

Kiji_headこの間の日曜日、神戸で新型インフルエンザ発生!のニュースの中、人ごみが気になりながらも、上野の阿修羅展へ行ってきました。

阿修羅像なら、何も東京で見なくても、地元奈良で見ればいいようなものですが…、今回の展覧会の「売り」は、阿修羅像をはじめとする像の数々が、360度ぐるりから見ることができる、ということ。
ご存じ、阿修羅像には3つの顔があるわけですが、通常の展示では正面からしか見られない…せいぜい、正面斜めからも見れるか、というところ。
やはり、この機会にぐるっと眺めてみたいな、と思いまして^^

今にも降り出しそうな空模様の中、待つこと30分で中に入れました。
阿修羅像にたどり着くまでもかなりな混雑でしたが、阿修羅像の周りったら!
満員電車並みの押し合いへしあいで、周りを一周するのに20分はかかったかな…(新型インフル感染者が混じっていたらひとたまりもなかったかと>_<)
もちろんせっかくなので、最前列から見ましたとも。
それから、一段高くなったところから全体を見られるのですが(これは正面からのみ)、オペラグラスを持って来るのだったと…。実際、持って来てそれでじっくり見ている方もいらっしゃいました。

それで、ですね。
私が、「これ!」と思った角度は、像の後ろ左斜めから見た、阿修羅の、正面から見たら右側のお顔。
その顔を、後ろ斜めから見ることになる角度。すごーく綺麗でした。惚れました(笑)
右側のお顔を、その正面から見てもどってことないんですが、右斜めから見ると良いんですよ!
この角度で見られる機会はもうない…と思うと、会期中にもう一度行きたかったりします^^;
願わくば、もっと空いてる時に。

また、奈良の、あの興福寺のある空間の中で、阿修羅像に会いたい気もします。
来年、2010年は平城遷都1300年記念、とのことで、グッズ売り場にはせんとくんもおりました(笑)(しかしあのキャラ…sad
中金堂も再建されるそうで。
奈良もいいな~京都もいいな~

今まで、そんなにあちこち巡ってはいないので、いずれ向こうに住む時が来たら、京都奈良のお寺巡り、制覇しようと思ってます。
なぜだか、神社よりはお寺に惹かれるかな…私は。
そのためには、何とかこの脚を…メンテしつつ、ずっともたせたいところです。

|

« 東京タワーと薔薇 | トップページ | 2009年読了記録17:『源氏物語 巻九』 »

コメント

よかったでしょ~☆
私ももう一度お目にかかりたいと思ってます^^

奈良に住んでた頃は全く興味なかったのにね^^;;
毎日通ってたのに・・。日常過ぎるとありがたみに気づかないのかもしれません。

>何とかこの脚を…メンテしつつ、ずっともたせたいところです。
そうだよ~
いつまでも、赤い椅子に一緒に座ろうね~

投稿: 桜桃 | 2009.05.20 14:47

桜桃さま

コメントありがとう!
ね~、興福寺なんて毎日のように通ってたのに、まったく興味なかったものね(苦笑)

赤い椅子とお寺巡りと、お付き合いくださいませ^^

投稿: 金木犀 | 2009.05.20 22:56

今は普段は前からしか見えない展示なんですか?知らなかった~。
修学旅行で興福寺の宝物館に行った時は、ガラスケースに入っていたけど360度全部から見られたので、何で今回それが呼び物なのかわかっていませんでした(^^ゞ。
当時もポスターみたいなの買ってた子、いましたよ。

投稿: もにゃきち | 2009.05.25 09:00

もにゃきちさま

コメントありがとうございます^^

>修学旅行で興福寺の宝物館に行った時は、ガラスケースに入っていたけど360度全部から見られたので、
え、ええ~、そうだったんですか?!
いや、私も実は、確信持って書いたわけじゃなかったので(大汗)もう一度HP見てきました。

今回の売りは、

「露出展示
 阿修羅を含む八部衆像と十大弟子像は、興福寺では通常、壁面のガラスケースの中で展示されていますが、本展覧会では露出展示し(五部浄をのぞく)、特に阿修羅像は360度から全容をご覧いただく予定です。」
とありますね~

「壁面のガラスケース」とあるから当然360度ではないと思ったんですけど^^;
それから、ガラスに隔てられてない、露出したものを見られる、ということですね。
確かに、ガラスケースに入っているとつまらない…のは、ウィーンのエリザベート親子の棺で思いましたけど。。。

不確実情報ですみませんでしたsweat01

投稿: 金木犀 | 2009.05.25 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/45068839

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅展:

» 「阿修羅展」 [葉桜日記]
 ブロガー仲間が相次いで出かけて絶賛しているので、「これは見ておかなければ!」と [続きを読む]

受信: 2009.05.27 11:10

« 東京タワーと薔薇 | トップページ | 2009年読了記録17:『源氏物語 巻九』 »