« 阿修羅展 | トップページ | 2009年読了記録18:『特効薬―疑惑の抗癌剤』 »

2009.05.22

2009年読了記録17:『源氏物語 巻九』

9瀬戸内寂聴訳、講談社文庫。

草蕨、宿木、東屋。

あらまぁ。巻八を読んでいたのは今年のお正月でしたか。。。
こんなに引っ張って、それでも何とかここまでこぎつけたのは、ブログに書いてるからだと思います(笑)
そうでなくて自分の中だけだったら、もうフェードアウトしてたかも知れない…^^;

宇治十帖に入り。浮舟登場です。
しかし、相変わらず、薫が割とイヤなヤツに見えます(苦笑)
とはいえ、また、やってることはとんでもないんだけど、浮舟をさらうようにして宇治に連れて行く場面。
情景が目に見えるような描写で、どんなにか美しい2人と、美しい自然の風景だったかと…

それにしても、女性が哀しい時代ですね。
さあ、最後の1冊にとりかかります…なんですけど、また別の本を手に取ってしまいました(汗)

|

« 阿修羅展 | トップページ | 2009年読了記録18:『特効薬―疑惑の抗癌剤』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/45096598

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年読了記録17:『源氏物語 巻九』:

« 阿修羅展 | トップページ | 2009年読了記録18:『特効薬―疑惑の抗癌剤』 »