« 2009年読了記録14:『ユニット』 | トップページ | 2009年読了記録15:『夜は短し歩けよ乙女』 »

2009.04.18

ダウンタウン・フォーリーズVOL.6

Dtfa青山円形劇場にて、4月15日夜公演を観てきました。
出演は、島田歌穂、玉野和紀、香寿たつき、吉野圭吾の4人のみ。
初出演のタータンに合わせ、私もDTF初観劇でした。

楽しかった~happy01
あんまり楽しかったので、時間に余裕があったら出待ちしたいとこでした。
お手紙セットとか持ってないけど、直接感動を伝えたかった。

そして、いつもは買わないプログラムを購入…
やった~、曲名が全部載ってる、と喜んだら…、プログラムのその部分の内容そっくり載せてますやん、歌穂さんの事務所のHP…まあいいけどconfident

ということで、久々にファンモードでお送りします。
ネタバレ全開ですのでご注意ください。


序曲~オープニング

黒燕尾です、黒燕尾!
タータンは髪をアップにひっつめてお団子に。
これがね~、宝塚のお衣裳ではないのに、きりっと着こなしてて、すごい格好良かったの。
タータンのダンスも久しぶりだ~
特に上半身の軸がぶれない、タータンのダンス。
びしっと決まっていて、嬉しかった…やっぱりダンスの人だし、まだまだ踊れます。


服部+笠置メドレー

あのね~、このショー、とっても楽しいんですけど、使用曲は古いです。
私世代だと知ってる曲ばっかりですが、若い人が観に来たら、ついて来れるのかしら。。。

それで、いくら私でもリアルタイムでは知らないこれらのメドレー、でもなぜか、
♪一杯のコーヒーから
♪東京ブギウギ
耳にすごい懐かしい、のはそう、「Asian Winds!」のおかげです(苦笑)
考えてみたら、宝塚の使用楽曲だって、十分古いですわね…(これは特別か^^;)


立体落語『後生鰻』

何て芸達者な歌穂さん、そして玉野さん^^
圭吾くんとタータンが若夫婦で、タータンは日本髪の鬘に、おんぶしてる赤ちゃんはキューピーちゃんです(笑)


ミュージカル『実録・南太平洋』

これがっ!
今回、タータン参加ならではの演出かと。「虹組」ですと^^
開演アナウンスもあってね、低音で(笑)

デフォルメされた男役なんで、可笑しいんですけど、でも、「男役の型」は、今でも完璧に体に入ってるタータンです。
思いっきりくさい男役像を、堪能させていただきました。

それにしても…宝塚の男役があんなに見た目素敵なのは、衣裳の力も大きいのだなと再確認。
体型を補正して、なおかつ、普通の洋服とはカッティングも違って、随所に格好良く見せる工夫がなされている。
それがないから、外の世界でやると、「もどき」になっちゃうんだろうなと。
タータンも、芸は完璧だったですけど、見た目がいまいちねぇ…
(ジャズマニアの某シーンを思い出しましたけど^^)


スケッチ:妻殺しは成功したためしがない

ほとんど男性陣のみの場面。
女性陣二人は、この間に性転換…しかもすごい「盛って」たはず^^


有名姉妹が開くお客さま誕生パーティ

ここも、いつもの年とは趣向が違ったようですね。
タータンの「美香さん」が結構はまってました^^
誕生月、誕生日の人、羨ましすぎる^^
これってFC席だから分かるってこと?事前にご連絡が行ったのかしら?
(だって本人が観るとは限りませんしね?)

それにしても、あの「盛り」は、一体どうなってるんでしょうか???
(ちなみに、盛りなしでも歌穂さんは結構あるけど、タータンはほんとにありません・汗)


タンゴ『パリス・バイ・ナイトParis by Night』

圭吾くんとタータンのタンゴです。
男役も嬉しかったけれど、私が一番好きだったのはこの場面でした。
やっぱり、男役は本来、宝塚でしか見れないものですからね。
懐かしいけど、今は女性としての魅力で魅せてくれるのが本筋ですし。

4人それぞれに一場面ずつ見せ場が設けられているのですが、圭吾くんとタータンの場面はここだったのね。


コーラス・グループ・メドレー

それこそ、懐かしい曲盛り沢山^^
しかし、タータンが昨夏のゆうさんのポジションで、羞恥心で出てくるとは^^;;;
残念ながら、曲は違いましたが。
しかし、白スーツにソフト帽の3人(タータンをまん中に、玉野さんと圭吾くん)、帽子をななめにかぶった姿が一番格好良かったのは…、言うまでもありません、タータンでした。

絶対、宝塚の男役は本当の男性よりも格好良いのだ、と確信した瞬間でした^^


タップ:拾われたカーネル・サンダースと赤い靴

ここが、玉野さんの見せ場です。
すごいですよ。ボレロの曲に乗せたタップダンス。
これが観れただけでも…すごい値打ちあります。


教養講座:幻覚と妄想―失われた正気

歌穂さんの芸達者ぶりには驚きます。
こんな方だったんですね^^


舞踏:どこかの国のどこかの人

まぁね、面白かったですよ。
そろそろパイプ椅子に疲れてくる…
(笑)だって、2時間15分、休憩なしなのよ~@@


ヴォーカル:ザ・ウェイ・ウィー・アー

歌穂さんの見せ場。
映画「追憶」の主題歌です。これも耳に懐かしいですねぇ。


フィナーレ

最後の送り出しで、それぞれ出口を指さしてキメるところ、最後にタータンは男役顔をしてくれました^^
思わず私も「キャー」て言っちゃった(笑)
それでスタンディングになって、本当に楽しい時間でした。


最近、外のミュージカル界でも、元ジェンヌさんの活躍がとても目立ちます。
タータンも、次回の舞台はぶんちゃんと共演だし、年末の日生は、何ととなみちゃんのお母さん役だそうですよ@@

そのうち…いつか…ゆうさんとタータンが同じ舞台に立つ、なんてことがあるのだろうか。と想像したら青くなりました(何でーー)

でも、瞳子ちゃんとは実現してほしいな~

|

« 2009年読了記録14:『ユニット』 | トップページ | 2009年読了記録15:『夜は短し歩けよ乙女』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/44704235

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンタウン・フォーリーズVOL.6:

« 2009年読了記録14:『ユニット』 | トップページ | 2009年読了記録15:『夜は短し歩けよ乙女』 »