« 2009年読了記録4:『さあ、才能に目覚めよう』 | トップページ | 春秋ツギハギ »

2009.02.04

「スーザンを探して」

シアタークリエ、デビューしてきました。
タータン出演の、「スーザンを探して」、2月3日夜公演です。

■キャスト
ロバータ 保坂知寿
スーザン 香寿たつき
デズ  加藤久仁彦
ジェイ  吉野圭吾
アレックス コング桑田
マリア 藤林美沙
ティナ 馬場徹
レスリー 杜けあき
ゲリー 山路和弘

■クリエイティブ
音楽・作詞 ブロンディ
原作 レオラ・バリッシュ脚本による
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー映画「マドンナのスーザンを探して」
演出・翻訳・訳詞 G2


結局、開演10分前まで日比谷シャンテのキャトルレーヴにいまして焦りましたが(笑)、シアタークリエは、シャンテのレストラン街と直結しているので便利です。

こじまんまりしているけれど本格的な劇場で、座席の座り心地も良いし、快適でした。
ただ、客席は地下2階なので、正玄関とはエレベーター移動となります。帰りは面倒なので、階段で上がってしまいました。

舞台は、「ラ・カージュ・オ・フォール」に引き続き、とても楽しかった!^^
出演者皆さんのレベルが高くて、いつもながら、アンサンブルの皆さんの実力にも感動です。
ブロンディの音楽も良かったし。久々に聴く?ロックはストレス発散に持って来いです^^
お席が前方下手だったのでスピーカーが近く、お隣の老夫婦(たぶんタータンファン…?)の奥様が、ずっと耳を手で覆っておられたのが気の毒でしたが。

ストーリー自体も、なかなか考えさせられるものがあり…
そして、保坂知寿さんといえば、私の中では「マンマ・ミーア!」のイメージですが、あんな細い方なんですねぇ。
劇団四季も、宝塚じゃないけど、退団された方々がミュージカル界を支えているって感じでしょうか。
ともかく、知寿さんは超絶歌うまの方ですが、その知寿さんの迫力に、タータンも引けをとってなかったのが、何より嬉しかったですね~

タータン…たぶん、今まで観た中で一番露出度高い(笑)
タータンのおへそって初めて見たかも(いや、レース越しですけど^^)
そして、やったね○スシーン。立派な女優さんですよ、いまやもう^^
この公演、タータンは途中からの登板で、ラ・カージュ出演とスーザンお稽古掛け持ちだったり、舞台稽古なんて短かかったりと大変だったようですが、もう一人のスーザンであるマミさん(真琴つばさ)の完璧な引き継ぎで、スムーズにタータン初日を迎えられたようで…
その様子が公式ブログに載ってました。

宝塚と違って、外の世界では、公演ごとに集まったメンバーによる、一期一会のカンパニーで舞台が創られるわけですが、そこには宝塚のような絆はなくとも、その時その時のメンバーで新しい信頼関係を築いて行く訳で…
それもまた、刺激的な世界だろうと思います。

そして、狙って取ったわけではなかったのですが、ちょうど節分ということで^^
カーテンコールで福豆の小袋が詰まった大袋が出演者に配られ、それを…撒くんじゃなく、出演者の皆さんが客席に降りて配ってくださいました!^^
私はタータンの立ち位置側にいたのですが、タータンはセンターブロックに配りに行ってしまったので…、私の席にはカリンチョさんが来てくださいました。きゃ~ん、カリンチョさんと目でお話しちゃったよ~lovely
ほんっと、欲がないと美味しい思いができるものです(笑)

タータンのスーザンは、決してキャラではないと思うのですが、結構キメのポーズが格好良かったりして(男役風味?^^)
トランクから服を出して、歌いながら生着替え…ならぬ生着用、を始めたのには、ラ・カージュの市村さんを思い出して焦りましたが(笑・宝塚時代から小道具系苦手だからさ~)

マミさんのスーザンはどんなだろう、観たい~と思ったのですがそうも行かず(リピートするとチケットがお安く買えるシステムもあるのですが)、CSのOGエンターテイメントで、ちょうどマミさんバージョンの舞台映像少しと、タータンのインタビューが見れました。
マミさんのスーザンは、思ってたよりも女性らしくて、かつあんまりお色気系ではなかったような。
ミニトークショーも何回もあるのですが、マミさん×タータンの回があるのですよね~
行きたいけど…がまん(汗)

ちょうど花組東京公演とかぶるし、タータンの出待ちとかしてみたい気もするけどまさかできないし…
まあ多分、花組が始まったらタータンは飛ぶと思いますが…
それにしても、道路挟んで向かい合わせの劇場で、新旧ご贔屓が同時に公演してるなんてねぇ^^;;;

|

« 2009年読了記録4:『さあ、才能に目覚めよう』 | トップページ | 春秋ツギハギ »

コメント

まず、シアター・クリエに行ってみたいですhappy01。でもって四季のときから知寿さん大好きだったんですよねー。相当かなりいろんな公演見てましたから、これも見てみたかったんですけど、ちょっと今年はかなりいっぱいいっぱいですねsad

投稿: もにゃきち | 2009.02.06 01:10

もにゃきちさま

知寿さんお好きなんですね^^
私はマンマ・ミーア!しか知らないものだから、あんなに華奢な方だとは知らずconfident
やっぱり元男役と並ぶと、タータンでも大きく見えます(笑)

>ちょっと今年はかなりいっぱいいっぱいですね。
ほんとに~
これから東京→全ツ→梅芸→大劇→東京、てあるわけでしょ。目が回りそうwobbly

投稿: 金木犀 | 2009.02.07 00:07

こんにちは!

マミちゃんバージョンを観たいと思いつつ、見逃しそうです。楽しそうな舞台なのに残念。クリエはお安い席がないので、なかなか手が出ないのです。まもなく花組も始まるしね(^^ゞ。

「春秋ツギハギ」ってお店、知りませんでした。今度行ってみたいと思います。

投稿: Tompei | 2009.02.09 09:48

Tompeiさま

こんばんは~
本当、外部の舞台は高くて大変です。
宝塚はそれに比べれば高くないけれど、リピ回数が…coldsweats02
花組、楽しみになさってくださいねheart04

「春秋ツギハギ」は、内装だけでも一見の価値ありですよ。お味も良いし。
日曜がお休みなので、なかなか行く機会がなかったのです。11時公演の後だと、ランチが終わってしまいますしね~

またお目にかかれる機会がありましたら嬉しいです^^

投稿: 金木犀 | 2009.02.10 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/43957950

この記事へのトラックバック一覧です: 「スーザンを探して」:

« 2009年読了記録4:『さあ、才能に目覚めよう』 | トップページ | 春秋ツギハギ »