« 「おくりびと」 | トップページ | 2009年読了記録9:『就活のバカヤロー』 »

2009.02.27

2009年読了記録8:『妹たちへ』

Photo日経WOMAN編、日経ビジネス文庫。

これも書店で見つけて衝動買い組です。
雑誌「日経WOMAN」に連載されていたリレーエッセイを本にまとめたもの。
「迷いのただ中にいる二十代、三十代の働く女性たちへ、今を輝くプロフェッショナルな女性の先輩からのヒントやアドバイス」ということなので…、私は全然、「妹」には当たらないのですけど(苦笑)

むしろ、筆者の方々は私とほぼ同年代、なので、同年代の女性たちの生き方に元気をもらいたい、という思いでこの本を手にしました。
もちろん、私の今までとは、果てしないほど遠い世界にいらっしゃる方ばかりですが、それでも、彼女たちの歩みに、確かに励まされました。

その中でも、特に印象に残っているのが、幸田真音さんがボスに、「プレッシャーを楽しめ」と言われた件。
以下引用ですが、
「どんなに厳しい現実に直面しても、たとえどうしようもないほど追いつめられ、苦難に満ちた場面でも、あるいは、迫りくるプレッシャーに押しつぶされそうな瞬間ですら、そのこと自体を『楽しめ』とボスは言うのだ。」
「『楽しむこと』 これは、冷静に仕事を進めるうえでのキーワードだ。」
「楽しもうとする姿勢は、ゆとりを生むからだ。」

仕事が忙しく、かつストレスフルな状況だと、視野が狭くなってテンパリがちになりますが、楽しもうとすることで、ちょっと離れたところから、客観的また冷静に情況を見て判断できる、ということなのでしょうね。
これは仕事に限らないと思います。
人生のすべてにおいて、こういう姿勢を忘れないようにできたら良いですよね。

しかし、この部分が、全ページの中で一番心に残った私って一体。。。(苦笑)
いまは休業中だとゆーのに。

|

« 「おくりびと」 | トップページ | 2009年読了記録9:『就活のバカヤロー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/44194889

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年読了記録8:『妹たちへ』:

« 「おくりびと」 | トップページ | 2009年読了記録9:『就活のバカヤロー』 »