« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.24

2009年読了記録4:『さあ、才能に目覚めよう』

Photo副題「あなたの5つの強みを見出し、活かす」
マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著、田口俊樹訳。日本経済新聞出版社。

実は、諸事情により、会社を退職することになりました。
…といっても、結果的には、有休消化後に、契約社員として、別部署に入れることになったんですが。
でも、この会社でずっとやってきた、医学書の編集という仕事からは、離れることになります。
医学書の編集って、天職かと思ったほど合ってると自分では思ってたんだけどな…
その仕事を取り上げられることになって、これからは、今までとは全く違った生活…つまり、仕事メインではない生活になる覚悟を決め始めていました。
なので、これからの人生、どういう方向で行けばいいのか?それを考える一助にもしたいと思って、この本を読みました。

…ネタ元は勿論、勝間さんです^^
「起きていることはすべて正しい」で紹介されていました。

ウェブ上で診断できる、「ストレングス・ファインダー」が本書の売りですが、皆さん、本の中身も漏れなく読んでくださいね!(笑)
特に、第2章「強みを築く」の中の、シナプス結合の形成と才能の関係の話は、非常に興味深かったです。
人間、いくつになっても変わることができる、と希望を抱きたい身には、根本的な資質は変わることはない、という事実を科学的に突き付けられたことは、かなり衝撃的でもありましたが…

「弱点を克服するより、強みを生かす」という姿勢も、新鮮というか、なかなか難しいというか。
実際、ストレングス・ファインダーの結果を見て、まず、どうしてもそれを「強み」と思えなかった私です(苦笑)

私の結果は、以下の通りでした。

1.収集心 Input
2.調和性 Harmony
3.自我 Signficance
4.内省 Intellection
5.公平性 Fairness

解説文は長いので省略しますが、まず何より、「自我」(3位)に衝撃(笑)
「あなたは、他人の目にとても重要な人間として映りたいのです。もっとはっきり言えば、あなたは認められたいのです。あなたは聴いて欲しいのです。あなたは目立ちたいのです。あなたは知られたいのです。(以下略)」
ですよ^^;;;

5つの解説文を読んで、5つの「強み」ではなく「弱み」としか思えなかった自分despair
つまり、引きこもり気味で(内省)オタク傾向があり(収集心)事なかれ主義だが(調和性)自尊心が強く(自我)他人に厳しい(公平性)…爆爆

もう一冊本を買ってもう一回チャレンジしようかと思ったほど(笑。カバー裏のパスワードを入力する必要があり、しかもそのパスワードは、1度しか使えないのです)

最近やっと、自分の中で馴染んできたところです。
「収集心」は、「知りたがり屋」であって「学習欲」とは違うところがミソ。
「内省」はもう、こんだけぐだぐだ考える人で、一人の時間も好きったら、当然の資質でしょう^^
「自我」も、「自我」と訳すからちょっとひるむけど(笑)、Significanceには、意義とか有意性、重要性といった意味があることを考えると、納得がいきますね。自分を、人生を、そういうものにしたいというか。
「公平性」だけが良く分かんないんだけど、たまにカ~ッと「許せない!」てなことを思うことがある面だろうか。。。

このテスト、180問もあって、それぞれ20秒で選択しなければならず、直感で選べと言われても、選択肢の文章が結構長くて、読むだけでも結構かかって焦るのです(笑)
で、一か所だけ、あっ間違った!と思ったのがあって(違う場所を選んでしまった)あそこを正しく選んでたら、また違ったかも?
でも、やり直したら他の答えがまた違ってくるだろうし…
ちなみに、2回測定した場合の相関値は、0.89だそうです。ほとんど一緒、てことね。

資質は全部で34あるので、この5つ以外がゼロ、ということではないでしょうから、全部の順序、もしくは、上位10位くらいまでと、下から5つくらいは知りたいところですね。
どうしても「弱み」を知りたいと思ってしまうのは、やっぱり弱点にとらわれているのでしょうか…

将来を考えるにあたって、自分の弱点分野に無理に首を突っ込む必要はない、と思えたのは収穫でした。
つまり、私の場合なら、例えば、介護・福祉系のボランティアをやろうと無理する必要はない、とか、英語も無理してやんなくていい、とか(笑)、歴史が好きだと思っていたのは、もしかしたら思い込みだったかしら、とか、「学ぶ」ことが目的な、例えば社会人大学とか、考えない方が良さそうだ、とかetc.etc...

それから、マネージャー(管理職)の資質はやはりないな、とか。「上に立つ人」とか、「起業」とかも考えない方が良さそうだ、とか。

じゃあ何が向いてんの?てことになるんですが(苦笑)

ま、こんな私(収集心内省自我)でも、会社員として組織の中でやってこれたのは、ひとえに「調和性Harmony」のおかげなんだろうな、と、これは納得でした。
人間関係のゴタゴタに巻き込まれない。合わせられる人の許容範囲が広い、というか。
今度行くことになる部署でも、この資質は役に立ちそうなので、それは大事にしたいですね。

それから、この本を読んでつくづく思ったことは、人は皆違う、という当たり前のこと。
5つの資質がまったく同じになる確率は、何と3300万分の1だそうです。
そして、脳内回路は16歳までに決まってしまうと。それは、遺伝的特質と幼児期の体験によって決まると。
…となると、世の親たちは、優れた資質を子供が持てるように、さまざまな働きかけをしなくっちゃ、とまた焦ることになるでしょうか^^;
でも実際、34の資質の、どの資質、どの組み合わせが「優れた」ものか、というのは特定できないんじゃないかと。
金子みすずじゃないけれど、それこそ、「みんなちがって、みんないい」ということではないかと。

…なので、例えばいま、就職活動中の娘ですが、誰でも彼でもキャリア志向でなきゃいけない理由はないんだな。
それぞれに向いた仕事、向いた場所があるんだなと…、第一線でバリバリやる人か、後方支援に回る人か、それは、どっちが偉いとか、そういう問題じゃないんだなと…
そんな当たり前のことに、改めて気付かせてくれた本でもありました。

(長文にお付き合いくださり、ありがとうございました)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.01.12

2009年読了記録3:『幸福は幸福を呼ぶ』

Photo_2宇野千代著、廣済堂出版なでしこ文庫。

これも本屋で見つけて衝動買いです。
どうも、こういう本に目が行く精神状態だったらしいです…

宇野千代さんの本は、初めて読みました。
究極のプラス思考の方ですよね。
気分が落ち込んでいる方にはお勧めです。元気になれます。
この本を読みながら、「幸せだなぁ」「幸せだなぁ」と無理やりにでも心で思うと、何だかそんな気になってくるから不思議でした。
オーバーポジティブに陥りそうな危険もありますが^^;

「辛いと思うことの中に体ごと飛び込む、すると辛さはなくなる」という項を読んでいて、ついそんな気になってしまい…ましたけど、実際どうかなぁ。。。という仕事の状況でしてーー

あと、印象的だったところ。
p.60より引用
「信じるということは面白いことである。人の力ではなく、自分の力を信じる。自分にはこれっぽっちの力しかない、と思っていたときと、そのこれっぽっちの力を大切にし、そして、その上にもまた積み重ねて行く力があるかも知れない。いや、ある、と思うようになったときは、違う。」
何でもあっちの話になって恐縮ですが(汗)、ゆうさんが某所で、「自分を信じていくことの大切さも再認識しました」と書かれていたんですけど、こういうことか、と思って。
話が逸れましたね~

引き続き、自己啓発の類の本を読んでおります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年読了記録2:『「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法』

Photo茂木健一郎著、講談社文庫。

年末に帰省した折、新大阪の書店にて衝動買い。
仕事上の出来事にて、気分はサイアク?な年末年始に突入していたので、ついこういうタイトルに手が伸びちゃって(笑)
茂木さんの本は読んだことがなかったので、一度読んでみたかったし。

「赤毛のアン」は、もちろん、昔々に読みました。でも、確か続編は読んでないな…
このシリーズって、はまる人はすごいはまっていて、身近にそういう友人もいました。
私も、赤毛のアンなどに出てくるお料理やお菓子再現、みたいな本は買って、今も持ってますけど^^

茂木さんのこの本を読んで思ったのは、私って、アンのような、いわゆる「子供らしい子供」の時代がなかったのかも…ということでした。
だから、アンにいま一つ、感情移入しきれなかったから、そんなに「赤毛のアン」フリークにはならなかったのかな~と。

そして、書いてあること…つまり、幸福になる方法ですけど、勝間さんの『起きていることはすべて正しい』と重なる部分が多いことにもびっくり。
結局、極意は同じようなこと、ということでしょうか。

あとは、キリスト教的世界観。やはり、欧米の文学を理解するには欠かせない要素だと思います。
「寄付」についての考え方とか、興味深かったですね~
ちなみに話は逸れますが、私の職場は外資ですが、マッチングプログラムというのがあり、災害などの折に社内で寄付を募るのですが、社員の寄付金額と同額を会社が出して、倍額にして寄付する、という制度があります。
これなんかは外資ならではかな~と思うのですが。
なので、私も、寄付をするなら社内で、という習慣がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.10

2009年読了記録1:『源氏物語 巻八』

Photo瀬戸内寂聴訳、講談社文庫。
竹河、橋姫、椎本、総角。

またまた間が空いてしまいました>源氏物語。
巻七を読んでいたのが、去年の夏ですからねぇーー

さて、いよいよ宇治十帖に入りました。
しかし、読んでいると、何だか、薫があまり魅力的に思えないのですね~
言動に、何それ?て思うようなところがあったりとか。
(つまり、女性に対して失礼なんじゃないかと思うような。あの時代、あの身分なら当たり前の言動なのかもですが)

いま、月組で上演中の「夢の浮橋」では、薫ではなく匂宮が主人公になっているので、その関係もあるかしら?(笑)
そちらは18日に観劇予定ですが、すでに他の本を読み進めているため、観劇までに宇治十帖読破はかないませぬdespair

今年も、たくさんの本を読んで行きたいと思います。
実はすでにもう1冊読み終えているので、追ってアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

2008年読了記録37:『起きていることはすべて正しい』

Photo副題「運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」、勝間和代著、ダイヤモンド社刊。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

この本は、昨年末に読み終えていたのですが、アップする時間がなく…、年が明けてから2008年のタイトル記事という間抜けなことになってしまいました(汗)

2008年の読書は、37冊で終了となりました。少ないですね。。。
今年はもう少し読書量を増やしたいところです。

さて、2008年の読書は、勝間和代に始まり勝間和代に終わる、ということになりました^^;
本当に、出す本出す本ベストセラーになって、昨年の勝間さんのご活躍には、目を丸くするばかりでした。

今回の本、『起きていることはすべて正しい』―これは、フレームワーク力の本に載っていた言葉で、私の座右の銘にしよう、と思った言葉でしたので、迷わず購入。
例によって、とても分かりやすく解説されています。

「メンタル筋力」の話など、その昔、アイムで習ったことと重なる部分が多くあったり…、また、「捨てる」ことの考え方、アサーティブな振る舞い、の件など、非常に興味深く読みました。

実は、この本を読んでいた昨年末、仕事上の問題で大激震に見舞われまして、決着がつかないまま年越しとなりました。
その時は、もうこの手の本(ビジネス書)を読む意味なんてなくなる生活になるかも、と思って、一旦読むのを止めかけたのですが、いや待てよ、今こそ、「起きていることはすべて正しい」ことを実地に考えるべき時ではないか、と思い直しました。

今年、私の状況がどんな方向に転がって行くかまだ分からないのですが、

「起きていることはすべて、自分に対するメッセージ、あるいは何らかのチャンスとして受け止めよう。そして、そのメッセージを分析し、そこに対して自分の持っているパーソナル資産を正しく割り当て、使いきり、最大の成果になるように行動を続けよう」(p.262より引用)

「現状をまず『起きていることはすべて正しい』という姿勢で素直に受け入れ、その中で自分が最大限にできることを考え抜き、1つひとつ地道に最善の手を打ち続けつつ、徐々に階段を登るように、自分の自由や成功や効率を手に入れようとする発想」(p.281より引用)

「『起きていることはすべて正しい』と正面から事実を受け止め、潜在意識を活用し、即断即決し、自分の経験として蓄積し、そして周囲と調和しながら社会に貢献できる道を探していく」(p.325より引用)

などなどの姿勢を忘れず、対処して行きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »