« 掃除機が…>_< | トップページ | 2008年読了記録37:『起きていることはすべて正しい』 »

2008.12.17

ラ・カージュ・オ・フォール

日生劇場上演中の「ラ・カージュ・オ・フォール」を観てきました!
や~もう、最高に楽しかった!happy02

・ジョルジュ(「ラ・カージュ・オ・フォール」経営者) 鹿賀丈史
・ザザことアルバン(ジョルジュの情婦) 市村正親
• アンヌ(ミッシェルの恋人) 島谷ひとみ
・ジャン・ミッシェル(ジョルジュの息子) 山崎育三郎
• ジャックリーヌ(レストラン経営者) 香寿たつき
• シャンタル(カジェル) 新納慎也
• ハンナ(カジェル) 真島茂樹
• ダンドン議員 (アンヌの父) 今井清隆
• ダンドン夫人 (アンヌの母) 森公美子

例によって予備知識はあまりなく、ゲイの話だということと、タータンの出番はあまりないらしいということ位で、至極きらく~に観に行ったのですが。

3列目センターという、宝塚では座りたくても座れない幸せなお席に座り^^
のっけから、舞台が「サントロぺ」だと知り、某灼熱海を思い出し(笑)
そして、1幕はタータンの出番がほんと数秒?程度だったんですが(苦笑)、タータンが去り際に、「ア・ビヤント、またね!」って言ったんですよぉ~coldsweats02
そんなこんなであちらを思い出しつつでしたが(笑)

何といっても市村さん!
この方ねぇ~~~、ほんと、すごい方ですね@@
市村さんの舞台は、遠い昔の「エクウス」に始まり、タータン卒業後は「リチャード三世」「屋根の上のヴァイオリン弾き」「モーツァルト」「ペテン師と詐欺師」で共演して今回で共演5作目?(もっとありましたっけ?)
その他に「ミス・サイゴン」も観に行ったから、ほんと色んな市村さんを見せていただきましたが。
今回は、もう、すごい、可愛いザザでした^^ ほんとすごい。素晴らしいhappy01

タータンの出番は少なかったけど美味しい役と場面だったし、タータンは置いておいても舞台として素晴らしい作品に出てくれるお陰で、本当に色んな外の舞台を楽しませていただけてます。
タータンは役としては、相変わらずちょっと浮き気味だったけど(汗)、ともかく立ち姿や身のこなしがこの上なく美しく、歌えて踊れて、共演者も豪華で、立派な舞台女優さんですね、もう。そのことが嬉しいし、誇らしくもある。
今年は何と、一公演一回ずつしか観ていないのに、タータンに6回も会えたんです。充実してますね~
来年の舞台もすでに3作発表になっていて、その3作目は何と、「天翔ける風に」の再再演、久しぶりの主演です。(これは正直、観るのがちょっと複雑だけれど…)

さて、今回の舞台、ゲイクラブのダンサーさんたちが、2幕では男性に戻ってマッチョなダンスを披露する場があったり、フィナーレではダンサーの衣装を引き抜きで早変わりすると男性姿で(前の場面はすごいお化粧だったのに、一拭きで落ちるメイク落としってあるのかな?)、なのも楽しかった。
カーテンコールは3回目位でオールスタンディングになりました@@
こういう舞台に出させてもらえて幸せですね。思わず、出待ちしたいかも、とかよぎっちゃいましたよ(しませんけどね^^;)

|

« 掃除機が…>_< | トップページ | 2008年読了記録37:『起きていることはすべて正しい』 »

コメント

「ラ・カージュ…」観ていらしたんですね。私も来週観ます。大好きな作品、市村さん最後のザザということで見逃すわけにはまいりません。
でも、実は、タータンが出ていることを知りませんでした(^^;)。しっかり見てきます!

初日まであと2週間ですね。いつご覧になるのかしら? ご報告を楽しみにしています(^^)。

投稿: Tompei | 2008.12.17 09:42

Tompeiさま

コメントありがとうございます!
Tompeiさまもご覧になるのですね。
感想楽しみにしています^^
ファンから見ると、タータンは、あれでいいのだろうか…?とちょっと不安です^^;
前回はどなたがされていたのでしょうか。

大劇場は、1/2に観ますが、向こうはその1回きりの予定です。
お茶会も行かない。寂weep
すぐに東京公演始まってしまいますし、来年からはムラはあまり行けなくなるかも…
西東合わせて一つのロングラン公演、て感じですもの。
ムラの集客にはどう影響するかも気になるところです。。。

投稿: 金木犀 | 2008.12.18 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/43442378

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・カージュ・オ・フォール:

» 『ラ・カージュ・オ・フォール』 [葉桜日記]
 今年の観劇納めは日生劇場の『ラ・カージュ・オ・フォール』。笑って泣いて元気が出 [続きを読む]

受信: 2008.12.26 11:48

« 掃除機が…>_< | トップページ | 2008年読了記録37:『起きていることはすべて正しい』 »