« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.31

2008年読了記録22:『ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ』

Clsassic青柳いづみこ著、文春新書。

これはすぐ読めました^^
マンガで出てくるのが『のだめカンタービレ』『神童』『ピアノの森』。
私はのだめしか読んでいないし、それも最近出たのは未読ですが…

面白かったんですが、前半はひたすらピアニストの名前と曲名がいっぱい出てきて、知らないので^^;ついて行けず、いまいち乗れず。。。
そもそも、夫に勧められて読んでみたのですが。
私の場合、「この曲知ってる」「聴いたことある」曲はあまたあれど、曲名とか知らないんですよね~
何せ、家でいつも鳴ってるから耳に覚えがあるだけなので…

そんな感じでしたが、後半、曲目とかを離れて書いてある部分で、色々深かったです。
印象に残った文章を引用します。
演奏には本人が出る、というくだりで、「ピアノを弾く彼ら、彼女たちの横に立っているだけで、その人の来し方来歴、どんな性格でどんな家庭環境でどんな問題をかかえているか…今恋人がいるかどうかまでわかっちゃうことがあります。」ひぇぇ。
誰かが、「舞台にはすべてが出る」って言ってたけども…そこまでは出ないでしょうが(笑)

「芸術の仕事なんて、楽しくないんです。楽しいわけがない。いつも自分の背丈より大きな袋の口をとじようとする不毛な努力が、芸術するということなんです。」
このたとえがねぇ、ずしんと来ました。
すごいなと思うのは、こういうことすべて、のだめのマンガに描かれているということで…
あんなに面白いだけじゃなく、実はすごい深いマンガなんだなと。

この後、週刊東洋経済の記事より、ピアニストがいかに経済的に採算のとれない職業であるかが述べられていて…、これってどんな風にこの本を完結させるのだろう…?と思いましたが、「音楽でつながってる」ということで締めくくられていて、少し救われました。

難しいことですよね、芸術で身を立てるというのは。
やはり理想的なのは、生計を立てるべき仕事は別にあり、芸術は人生を豊かにする趣味にしておく…ことなんでしょうが、皆がそうだったら芸術は発展しないだろうし。
アーチストの皆さんの勇気を讃え、支えられる社会が、文化的に成熟した社会なんだろうなと…(随分話が大きくなりました・笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年読了記録21:『源氏物語 巻七』

Gennji7瀬戸内寂聴訳、講談社文庫。
柏木、横笛、鈴虫、夕霧、御法、幻、雲隠、匂宮、紅梅。

しばらく前に読み終えてアップが遅くなりました。
…とはいえ、東京公演中にこれ1冊しか読めんかったんか!て感じです。。。
つくづく、一度に一つのことしかできない人ですーー 移動中も、携帯触ってるか寝てるかでねぇ…
毎週買っていたAERAもしばらくお休みしてしまい、その間にいつの間にか、モナさんの連載なくなってたし@@

さてさて、紫の上が亡くなる前後のお話ですね。
紫が亡くなってからの光君の情けなさたるや。。。

この後は、竹河を経ていよいよ宇治十帖に。
でもちょっとお休みして別の本を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.25

草津~軽井沢の旅

2泊3日で、草津&軽井沢に行って来ました。
3日間とも雨でした;_;
でも、夫の主目的は、草津夏期国際音楽祭でしたし、私の楽しみは、ネットで検索して予約したお宿でしたので、ま、いいか^^;ということで。

もう我が家には車がないので、今回は新幹線で軽井沢まで行き、駅レンタカーを借りての旅。
久しぶりの運転、草津まで北上する道々のヘアピン(まで行かないか)カーブが嬉しい(何で^^;)

草津の宿は、お料理何より重視で、ちょっと贅沢して料亭旅館、つつじ亭を予約しました。

建物自体は新しく、いわゆる古民家移築のような風情はありませんが、なかなかに居心地の良い空間でした。
客室に通されるとお香のにおいが…まるで、昔の実家の仏間そのままで…(苦笑)

温泉も良かったですが、何と言ってもお料理!
質といい量といい、今までで最高かも?(お値段も最高ですがーー)

2泊目は、信濃追分から車で5分という、ピッコロホテルオペラ軽井沢
ピッコロホテルって、プチホテルとかいう意味なんでしょうか? まぁペンションですが。
ここはネットで検索していて、オーナーご夫妻が、音楽が好きで始められたと聞いて、それなら夫も話が合うんじゃあないかと思い、予約してみたのでした^^

夕食後、奥さまがピアノの弾き語りで!トスティの歌曲と、アンコールでこちらは有名な、プッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」よりアリア「私のお父さん」と、2曲歌ってくださいました。
オーナー(ダンディなおじさまでした^^)と少しお話できたのですが、リタイア後に始められたホテルだそうで、奥さまは音大声楽科出身だけれどもずっと専業主婦で…と仰ってました。
音楽好きを生かした第二の人生として、とても素敵なお仕事だとは思いますが、ホテル経営はとても大変なお仕事でもあろうかと…
夏は忙しいけれども、オフシーズンは予約がないときは遊びに行ったりします、と仰ってましたが、それなりに採算もとれないといけないでしょうし。
ホテルでミニコンサートなども定期的に催されているとかで、音楽好きの方たちのサロンにもなっているような…
まぁ、ほとんどは新規のお客さまだと仰っておられましたけれど。

つつじ亭とオペラ軽井沢のお食事は、マイフォトにまとめましたので宜しかったらご覧くださいませ。

ところで、草津から軽井沢に至る道中、ナビに頼っていましたら、オーナーに教わった道順と違っていて…
道々、なぜかパトカーと警官がうようよ。何で?事件?
道端に車を止めて地図を見ていたら、パトカーが寄ってきて職務質問ーーされました。
夕方のニュースで知りましたが、天皇皇后両陛下が、ホテル近くの開拓記念館にいらしていたのですねぇ。
何てバッチリなタイミング@@

ちなみに、去年は軽井沢の国際音楽祭に合わせて軽井沢で泊まったのですが、帰りがけの軽井沢駅近くで、ちょうど草津音楽祭からお帰りの皇后陛下の車がもうすぐ通られるとかで、これまた警備厳重でした。でも今年の比ではなかった。やっぱり天皇陛下じきじきとなると、いっそう警備が厳重なのですね。
今年は、草津の音楽祭には27日にいらっしゃるとかで、こちらはすれ違いでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »