« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.06

2008年読了記録20:『源氏物語 巻六』

Gennji6瀬戸内寂聴訳、講談社文庫。
若菜上、若菜下。

巻五を読んだのはいつだったかしら…と去年の読了記録を見たら、9月だった@@ まー随分間が空いちゃったものです。
あさきが終わった途端に興味が薄れたのがみえみえ^^;
今だって、月組公演までに宇治十帖を読み終えよう!という思いがあるからであって(苦笑)
そして、でも星組公演までに瞳子ちゃんが帯についてる「スカーレット・ピンパーネル」新訳読まなくちゃ、とか、今年中に「太王四神紀」読まなくちゃ(ドラマを見るのは諦めた…どうしても時間がないーー)、とか、、、幸せな人だねぇ(笑)

ええっと、若菜ですが、例の、柏木の一件が中心に描かれています。
確かに、心理描写がすごく目立つようになってきて…
そして、源氏物語というと、絢爛平安絵巻で、身分の高い貴族たちのお話ですけど、光君を含め、実は、幸せな人は一人もいなかったんだなと…そんな気がしてきました。

「ゆっくり味わって読む」のはもう止めて、さくさく読み進めることにします。でないとはかどらないもん^^;

そして、続きも読みますが、勝間さんのフレームワーク力の本、もう中を見ないで、えいっと買ってきました。やっと今日^^;
最近仕事でとみに、ビジネス頭がないことを痛感&反省させられているので…
特に、何が正しい決断なのか、が分からない。本当に情けない。職人編集者としてだけならそれでもやって行けるけど…とりあえず本は作れるようになったから。
でも、それだけじゃ勤まらないですから。会社にいても、フリーになっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »