« 「ルドルフ―ザ・ラストキス」 | トップページ | 2008年読了記録18:『読み解き源氏物語』 »

2008.05.31

2008年読了記録17:『天切り松読本』

天切り松読本』浅田次郎著、集英社文庫。

「天切り松」シリーズのガイド本です。
舞台となった場所を浅田さんが歩く章があったり、インタビューがあったり。
当時の写真も豊富ですが、本当に、この時代の東京―主に、第一次大戦後から第二次大戦前―って、こんなにハイカラな一面があったのですねぇ。
今はもうなくなってしまった、東京ローカリズムの魅力。
それは、関西人の私にとってはまったく縁のない世界なだけに、余計に魅力的に映るのですね。
江戸時代も良いけれど、大正~昭和の初めも。

舞台となった場所、グルメ案内もあります。
当時を偲んで、東京を歩いてみるのも興味深そう…。こちらにいる時しかできないことですし。
脚がこんなでは、なかなか団体行動複数行動がとれませんが、少しずつでも巡ってみたいと思いました。
唯一、日常のように歩いている場所もありますが(笑)…帝国ホテル界隈ね^^;;;

このガイドを脇に、シリーズを読み直してみると面白いと思いますが、そういえば私、自分で買ったのは第3巻、4巻だけかも…。文庫で良いから全巻買い直しますか?^^

|

« 「ルドルフ―ザ・ラストキス」 | トップページ | 2008年読了記録18:『読み解き源氏物語』 »

コメント

私もこの本を持っています。著者の「天切り松シリーズ」への思い入れがわかって嬉しかったです。
関東大震災前の煉瓦造りの建物が並ぶ東京にとても惹かれます。江戸時代もいいけれど、この時代にもタイプスリップしてみたい。東京歩き、おつきあいしますよ(^^)。

ところで、「太王四神記」ですってね。小池先生がいい作品に仕上げてくれることを切に願います。まとぶんのタムドク、ゆうひのヨンホゲ、すごくハマっていると思う。あとは作品次第!

投稿: Tompei | 2008.06.01 10:34

Tompeiさま、ありがとうございます^^
大正ロマンの時代って、惹かれますよね~

でもって、「太王四神記」、Tompeiさまは内容ご存知なのですね!
何せ超大作、一本物にしてもどうまとめるんでしょうか…
ともかく、たくさんの方に観ていただける機会になったらいいなと、思います。

投稿: 金木犀 | 2008.06.02 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/41381170

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年読了記録17:『天切り松読本』:

» 突然のフリー転向、川田亜子が裏切られた。元年上恋人が川田との性生活を激白 [突然のフリー転向、川田亜子が裏切られた。元年上恋人が川田との性生活を激白]
彼は川田亜子との甘い性活を全てセキララに語った。“週刊現代”によれば、所属事務所はこの元恋人のことを否定しているらしいが、タクシーの中でブ ラを外した等この男性は川田亜子の性事情を語っている。 そしてネット上にはまるでそのタイミングを図ったかのように川田亜子流 出動画が流れ始めた。金に困っていたとしても、たとえどんな事情があったとしても、自分と一度関係を持った女についてぺらぺらしゃべる男はどうなのだろうか�... [続きを読む]

受信: 2008.05.31 18:09

« 「ルドルフ―ザ・ラストキス」 | トップページ | 2008年読了記録18:『読み解き源氏物語』 »