« 2008年読了記録13:『いのちを創る』 | トップページ | 上野の休日2008 »

2008.04.12

『おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185』

Photo編集工房桃庵編集、池田書店刊。
料理制作は瀬尾幸子さん。
本の性質上、「読了」するってものでもないので^^; 「グルメ・クッキング」のカテゴリにしました。

先日、書店で平積みになっているのを見かけ、パラパラ中を見て、衝動買いしました^^
エキナカの本屋ではレジ横に積んでありましたし、売れてんでしょうかね。

これ、なかなかお奨めです。
私自身はお酒は飲めないのですが…というか、飲めなくはないけど、1杯にしておかないと後が大変。
それもお酒を選びます…。あればグレープフルーツサワーか、カシス系カクテルがgoodというおこちゃまです(笑)

でも、最近カロリーを意識しているせいもあり?外食するなら、イタリアンやフレンチのコースやお鮨食べ放題よりも、本当は居酒屋系に行きたい私。
居酒屋なら、おつまみを色々頼んで、かつ、お酒は1杯で2時間もつし(爆)、締めのご飯系を食べなければ、なかなかヘルシーな食生活になるわけです。

加えて、自宅での料理も、最近は時間もない上に、作っても2~3人分、しかも大人ばかり。
いわゆる「晩ご飯」系のしっかり料理なんか作って食べると、次の朝の体重にもろ跳ね返ります。
ちょこちょこおかずを作って野菜スープとともに食す、のが最近の望ましい晩ご飯のあり方なのですわ。

この本は、パラパラしただけでも、あ、これ食べたい!と思うものがいくつもありました。
最近は、料理本見ても、なかなかそう思えなかったので、久々の「買い」でした^^
まぁ、日野原先生も、中年以降の食卓は「小皿主義」で、と提唱しておられるくらいですから、ちょうど良いと思います。

加えてこの本、なかなか編集がしっかりしています(と編集者の目で見る^^)
特に索引がしっかりしてるのね。
索引は材料別なのですが、例えば、「豆腐とあさりの煮物」なら、「野菜・長ねぎ」「魚介類」「豆腐」の3項目に、重複して掲載されている次第。
いま冷蔵庫に○○があるんだけど…と思って索引を見た時に、何で見てもヒット率が高いというのは使いやすいですよね。

本当は…、これで飲めたら人生もっと楽しいんだろうなぁ~
それとも、お酒のカロリーだけは気にしなくて良い人生だから、飲めなくて幸いだったのかなぁ~

|

« 2008年読了記録13:『いのちを創る』 | トップページ | 上野の休日2008 »

コメント

桜桃さんのお友達だから、てっきり酒豪かとばかりsweat01
たぶん、私と同じくらいですね~。
「では、来週は居酒屋に行きましょう」って言いたいところだけど、昼間だから無理よね。

投稿: | 2008.04.12 15:23

コメントありがとうございます。
(Tompeiさまですよね?happy02

>桜桃さんのお友達だから、てっきり酒豪かとばかり
coldsweats01coldsweats01coldsweats01
そーなんです。私は全然なんです^^;

今度は居酒屋は無理ですけど…、でも、昼間なら少々カロリー高くても大丈夫ですから^^
どこに行きましょうね~
楽しみにしておりますhappy01

投稿: 金木犀 | 2008.04.13 19:25

あ、ごめんなさい!
何故に名前がないのか??? 失礼いたしました。

白洲さんもその後も楽しみにしていますheart04
どうぞよろしくお願いします!

投稿: Tompei | 2008.04.13 20:03

Tompeiさま

良かった~
(万一Tompeiさまでなかったらどうしようかと思ってましたcoldsweats01

いよいよ今度の週末ですね。
舞台もですが、Tompeiさまとお会いできるのが楽しみです…ドキドキhappy01

投稿: 金木犀 | 2008.04.13 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/40852454

この記事へのトラックバック一覧です: 『おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185』:

» おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185 たこと里芋のやわらか煮 [※餌を与えないでください。]
おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185これも割と活用している酒の肴レシピ本。 酒の肴360と同様、日本酒、焼酎、ワイン、ビールそれぞれに合う肴が満遍なく掲載されている。ただ、全体的な印象としては、こちらは各種の焼酎を合わせたい料理が多い気がする。あと、酒の....... [続きを読む]

受信: 2008.05.06 13:27

« 2008年読了記録13:『いのちを創る』 | トップページ | 上野の休日2008 »