« 2008年読了記録10:『血と砂(下)』 | トップページ | 2008年読了記録12:『日野原重明の生き方哲学』 »

2008.03.17

2008年読了記録11:『砂漠の船』

Photo_2篠田節子著、双葉文庫。

篠田さんの本の中では、いわゆる「社会派」ジャンルの作品でしょうか?
私は、篠田さんの小説が好きです。
決して明るい話ではないし、読んでいて気が晴れ…ないな~と思いつつ読み進めるのだけれど(笑)
骨太、というんでしょうかね。いつも読み応えがあります。

そして…、最後まで読むと、読後感が、不思議と暗くないんですね。
雲間から青空が見えて、そこから光が射してくるような。いつもそんな読後感なのが、また好きな理由かな。

|

« 2008年読了記録10:『血と砂(下)』 | トップページ | 2008年読了記録12:『日野原重明の生き方哲学』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/40540849

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年読了記録11:『砂漠の船』:

« 2008年読了記録10:『血と砂(下)』 | トップページ | 2008年読了記録12:『日野原重明の生き方哲学』 »