« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.28

「横濱屋」のタルトタタン

今日は、今年の私担当書籍の中で、最初の1冊の校了日。
昼前に責了紙を印刷会社の営業さんに渡して、感慨に耽る間もなく(来週も来月もその次も、次々つぎつぎ校了あるしーー)、午後からは席替えに伴う引越し作業に追われました。
行き先が空席なので、箱詰めせず全部自力で今日のうちに移動完了。
ものすごい疲れました。普段座ってるだけだからね会社ではーー

それで、帰りにこないだの公演の舞台写真を今日こそは日比谷に買いに行こう!と思ったものの、どこかで一息入れてからでないと、とても動けないほど疲れ切ってました。
神谷町の駅前にエクセルシオールがあって結構気に入っているのでそこを目指したのですが、その手前、飯倉の交差点で横濱屋さんの看板を見て…そうだわ!今日はここのタルトタタンが食べたい!と地下のお店へ。

ここは、時々ランチに利用しますし(メニューはハヤシライスのみ)、お茶しに来たことも1回だけあります。
でも、1人茶は初めて。
近頃めっきり見かけなくなった、本物の「喫茶店」。珈琲が美味しいのはもちろんのこと、唯一のケーキ、タルトタタンが絶品です。切り分けてるのは見えてたのになかなか出てこないーーと思ってたら、熱々に温めて、たっぷりの生クリームとともに出てきました。お皿(砥部焼)もあっつあつです。
珈琲とタルトタタン、でまさに生き返る心地でした。おそらくカロリーはすごいと思いますが(笑)、「甘い」と思わず、ぱくぱく食べられました(最近スープのおかげで薄味に慣れたのか、「甘い」とか「辛い」とかすぐに思ってしまうのです)

前に派遣仲間と寄ったとき、ママさんからお店の生い立ちやらハヤシライス、タルトタタン修行の話も聞いていましたが、今日は初めてマスターとお話しました。また、1人客に声を掛けるタイミングとか、話の量とかも絶妙でね。
私が通された、カウンターの一番奥の席は、池波正太郎先生の定席だったそうですわ。飯倉で30年も続いているお店、滅多にないそうです。若い頃からやってらっしゃるお店なんですね。
えっと、一番大変なのは「継続」だと仰ってました。この手間暇かかるタルトタタンを、毎日毎日同じ品質で何台も焼き続ける、ということが。
ハヤシライスも美味しいですが、両方ともカロリーを考えるとそう頻繁には来れないですけども(笑)
でも、たまに寄りたくなるお店です。「本物」の味がある。
(ちなみに、会社界隈は結構「本物」の味のお店があります。お値段も高めで、ランチするお店がいっぱいある界隈ではないですが、美味しいものは食べられます)

夫が珈琲にはこだわりがあって…という話をしたら、しっかりお店の豆を分けてもらって帰る羽目に(笑)
さて、週末にお味見です。気に入ってくれるかなぁ?一度連れて行きたいですが、なかなか、飯倉なんて、大宮からじゃどうやったって行きようのない場所で(苦笑) その近くの会社に毎日出勤してる私って。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.27

講演したいです(BlogPet)

akoは、講演したいです。
だけど、きょうakoは金木犀は給水しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

こないだ(BlogPet)

こないだ、金木犀が
6月23日~29日が、男女共同参画週間ということで、その記念講演会、「新★体.
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.07.07

体を軽く…その後(笑)

前に似たようなタイトルで書いた記事(笑)の続きです。

あれを書いたのが5月26日。今日が7月7日なので、1ヶ月と10日くらいでしょうか。
あれからまた2kgほど落ちました!
つまり、47kg台が結構ベースになってきましたよ~。(もちろんもっと多い日もありますが、もう久しく50の声は聞いていない)
巷では「効かない」という声も多い脂肪燃焼スープですが、私にはとことん合っていたのか?(笑)
週末などにスープがちょうど切れたとき、いわゆる「正しい和食」の晩ご飯にしたことがありました(つまり、ご飯、納豆、煮魚、味噌汁、煮物お浸し)。
そうすると、増えるんです体重がーー どう考えても、カロリー的には少ないと思うのに。。。
そういえば今まで、ダイエットで正しい食事を、と思って和食でカロリー控えめで、と心がけても全然減らない→いやになって止めちゃう、という経過を辿ってきたように思います。
だから、合う合わないって本当にあるんでしょうね。

私の場合はでは、一生野菜スープを作り続けないといけないのか(苦笑)
よくネットで見かけるレシピと私が出合ったサイトのレシピで違うところは、スープに和風だしとチキンスープ両方を使うこと。人参と生姜が入ること。
この、生姜ってのが結構ミソかも知れません。
朝の野菜ジュースにも生姜が入ってます。今朝は大根を切らしたので、久しぶりにふつーの朝食を食べましたが(パン、飲むヨーグルト、レタスとトマトのサラダにノンオイルドレッシング、桃。卵料理は私は省略)、これだと体が温まってこない感じがするんですねそういえば。
夜のスープも、本当は、食べるその都度、よそったところに生姜をすりおろして入れるのが良いのかもしれません。でもそこまですると、生姜スープになっちゃうからね。。。^^;

別に、ことさら「食べてない」訳ではないんです。脂っこいものなどはそんなに欲しくなくなってますが、お昼などは体の声を聞いて、今日食べたいと思ったものが体の欲しているものだと思うことにしています。だからたまには天丼だったりラーメンだったりもします。
私の年齢と活動量だと、一日の栄養所要量が1750kcal位だと思いますが、多分それくらいは食べてます。
とすると、今までいかに食べ過ぎていたか、ですね>_<
もっと年を重ねると、もっと所要量が減る…もうそんなに食べなくて良いってことなんだ(淋)

大学に入ってすぐの頃、長距離通学に疲れて48kg台をマークしたことがありますが、それを超えたわけです。
まぁ、もうこれ以上そんなに減らなくて良いですが(あんまり減り過ぎると、洋服のサイズとか買物も面倒でしょう。こないだバーゲンに行きましたが、ミセスサイズスカートなら7号、パンツは9号でヒップはちょうどだけどウエストゆるめ、上着は肩幅があるのでやはり9号、という感じでした)、
もう二度と再び(オオゲサーー)50の声は聞きたくないので、日々夜のひととき、CS録画見ながら自己流アレンジ体操もしてます。一通りやって10分そこそこですから、やはりブルブルベルト(笑)で一部位10分ずつかけるよりは話が早いと思います。
少しは効果も出てきたのか?何が嬉しいって、カットソーやTシャツの、上からアクセントにベルトができるようになったこと。あれね~、下腹出てるとちょうど目立つのでできなかったんですよね(注:今も出てますけどねまだ)

さっ、軽やかになって?明日は梅田行きです^^
気になるのは、昨日あたりから、左脚が腰から下全部、自分の脚じゃないみたいに重く感じること。加えて腰も黄信号が…日常の冷房のせいでしょうか。。。
2週続けての梅田行きが終わったらまたマーク先生の予約を入れてあるので、何とか無事に行って来なければ。
何といっても、今は仕事が詰まっていて体調を崩しているヒマはないのです(1冊コケたので、今月末校了は530ページになりましたが。2冊同時ってやっぱりアクロバティックでした無理でした。だから良かったんですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.07.01

『会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール』

福沢恵子さん、勝間和代さんの共著です。
「若者と女性が教えてもらえないキャリア・アップの法則」というサブタイトルつき。

まぁ、私なんかが今さら読むより子供たちに読ませたい内容ではありましたが、私もまだまだ社会人としてはひよっこということで。
15のリアル・ルールについて、答えが2つ用意されているというクイズ形式?になっています。
年の功というかこれまでの経験というかで、正解はだいたい見当がつきましたし、大体そのように行動していると思える部分も多かったです。

そんな中で、私の苦手とするところはやはり、「社内政治」…というと誤解を招きそうですが、要するに社内の情報ネットワークというか人脈作りというか、そこら辺だということを再認識いたしました。
派遣なら、自分の仕事を黙々とこなしていればいい訳ですがね。
今も、いわゆるチームプレイではないので、もちろん他部署との連携や外部との連絡、先生との関係などは欠かせないにしろ、1人で勝手気ままに仕事しているという感もあり…(笑)
だからこそ余計に、他の社員の方々とのコミュニケーションがなかなかとれません。
思えば、会社だけではなく、今までの地域の暮らしでも、PTAでもそうでしたものね。。。
新しく入った社員でも、あっという間に人の「輪」を広げていく人もいるので、これは性格もあるけれど、会社で仕事をして行く以上は、私も心がけないといけない面だと思ってます。

それから…この本、実は、最後の福沢さんと勝間さんの「辛口対談―ここだけの話」が一番面白かった。というかこわかった(笑)
ほんとう、辛口です。一読の価値ありです。

この本、読み終わったら息子に…と思ってましたが、やはり女性向けに書かれている部分も多いので、どっちかいうと娘に読ませたいですね。それこそ、こういう本を読むような価値観をもっているかが問題なのですけど。。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »