« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.25

金木犀の(BlogPet)

金木犀の、ひじへblogしたかったの♪


*このエントリは、ブログペットの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーク・ライフ・バランス講演会

6月23日~29日が、男女共同参画週間ということで、その記念講演会、
「新★ライフスタイル宣言」が、21日夜に東京ウィメンズプラザで開催されました。

基調講演「私の考えるワーク・ライフ・バランス」講師:勝間和代さん
トーク&トーク「新・ライフスタイル宣言」井上敬子さん、勝間和代さん

いつも勝間さんのブログを拝見していて、ご著書の「インディでいこう!」が座右の書?であったりする私なので、今回は完全に講師目当てで行きました^^

そもそも、ワーク・ライフ・バランスとは、全世代に通じることなのですが、きっとワーキングマザー関連のお話が多くなるだろうと予想していましたらやはりその通りで…
私はワーキングマザーではないので(子供はいますけどもう大人だし。それに、ワーキングマザーというのは、子供が産まれても働き続けてきたお母さん、というイメージがありますから)、当事者としてはお話を聞けず…途中からは、完全に編集者として?興味をもって耳を傾けていたという感じでした。

前半の基調講演。
初めて実物を拝見した勝間さんは、とても綺麗な方でした~
でもって、勝間さんらしく、冷静に前向きな持論を展開してくださいました。
以下、印象に残った話題。
・マジックナンバー“30%”
ある組織である集団が30%を超えると、組織を変える力になる、というような意味。
例えば、全社員に占めるワーキングマザーの割合が30%を超えたら…そりゃー違ってきますよね。
・同じ報酬で男女を募集したら、女性の方が優秀な人材が来る。
本当に、女性は有能だと思います…色んなところで。もっと活用しなきゃ!
・海外では、週2~3日しか会社に来ない正社員もいる@@

トーク&トーク出演の井上さんは、雑誌『CREA』編集長。
文藝春秋社では初めての、女性編集長だそうです。とても優秀な方なのだろうと思ってぐぐりましたら、東大文学部ご卒業でした。
勝間さんとお2人とも、30代後半。ちなみに勝間さんは慶應商学部ご出身で、史上最年少の19歳で会計士補の資格を取られたという…まぁ超優秀超エリートなお2人ではありますが。
これがまた、井上さんは、当たりの柔らかそうな方で、全然「バリバリ」のキャリアウーマンという感じではありません。勝間さんにしても、どっちかいえばバリバリだけど、それよりは「しっかりしてる」という感じ。
人間外見では測れませんね^^

ワーキングマザーならではのお話がたくさん聞けましたが、私は、井上さんのお話から、雑誌編集部の実態を垣間見たことが収穫いうか驚愕でした。
出世するとワークライフバランスも整えやすくなる、という原則どおり、お子さんを出産されたのはデスクの時。平社員なら無理だったと。
何せ、雑誌編集部というのは、午後2時頃に出社し、夜中の2時頃まで仕事するのが普通の世界。
それを、編集長となった今では、私は朝来るから!ということで通し、夜は帰るようにできたと。
それでも、お子さんは毎日10時まで保育園に預けていると。
そして、どうしても夜中の打ち合わせや会議が避けられない時は、一旦子供を迎えに行って帰宅後、ご主人の帰りを待って、また夜中の1時とかから会社に行く…@@
私、つくづく、道を違えていて良かったと思いましたよ。
同じ編集でも、書籍と雑誌は以って非なるものなのですね。雑誌編集なんて人間らしい生活からかけ離れてる…
校了前は必ず何日か徹夜だそうですし。
それって、社員だけではなくて(社員はかえって少ないと思います)外部スタッフも同じように動かないといけないわけですから。校正校閲だって。
ハードだの帰りが遅いだの言ってる自分がちっちゃく見えた一瞬でした。。。

プレ均等法世代の私の年齢では、ワーキングマザーをまっとうして来られた方々は、ほとんどが公務員か教員ではないかと思いますが、時代は変わりましたね。
それでも勝間さんの頃は、外資がそれに加わるくらいで、しかも専門職でない、普通の総合職で入った女性はほとんど残っていないと。
今では、そしてこれからは、女性が働き続けることはもっと当たり前のことになっていくでしょう。
帰りに、勝間さんと福沢恵子さん共著の『会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール 』を購入しました。
サイン会とかなかったのが残念でしたわ^^; 
この本といい、こないだ出た通称?勉強本といい、私なんかより、若い人に読んでほしい本ですね。
ルール本は、読んだら息子にあげようかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.06.11

きょうは(BlogPet)

きのう、blogされたみたい…
きょうは、blogしなかった。


*このエントリは、ブログペットの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.02

給水給湯管更新工事終了

説明会があって、このブログで記事にしたのって、去年の8月だったんですねぇ@@
秋口に共有部分の管を更新し、年が明けて3月末から各部屋の専有部分の工事が始まりました。
ウチは会社を休む関係と、花公演中は避けたかったので^^;;;やっと一昨日昨日今日の3日で終了。
賢い間取りなので、職人さんも水周りに入るのみですみ、リビングは荒らされなかった(違)ので、3日おうちにいて片付けや色々してました。
仕事も持ち帰りましたが、これははかどらず。やっぱり、家事も片付けも仕事も、なんてできるわけないのよねーー
明日は出社です。

ところで、工事のついでにトイレのリフォームをしました。築17年目に入り、初めての本格部分リフォームです(自慢じゃありやせんが、畳替えもしてないのよっ。スライド書棚が置いてあるのでどかすのが大変でーー)
長年主婦をやっておりますが、不得意分野の掃除については、ここ数年やっとコツがつかめてきた状態なので(つまり、掃除とは汚れたからするものではなく、汚れないためにするものである、という)、せっかくの新築マンションも、割と早い時期にあちこちとれない汚れをつけてしまってました。
トイレもその一つで、入居当時幼稚園年少だった娘は、いつも便器に逆向いて腰掛けてたんですねぇーー
そうなるとウォシュレットがどうなるかというと…便器と便座の境目が…ーー;;;
昔のウォシュレットなんで、簡単には外せず、そうでなくても最小限の面積しかないトイレなので、ついほったらかしに。。。
あと何年住むかは分かりませんが、こういう機会でもないと直せないし、ということで踏み切りました。

TOTOの特許、フチなし形状&トルネード洗浄、とフチなしウォシュレットの組み合わせ。ネットで調べたとき、私にはこれしかないと(笑) INAXは選択肢から消えたのでした(でもって、ちょうど業者もTOTO指定だったし)

これだと、便座も便ふたも簡単に外して掃除できます。
多分…それを週一の作業にして、便器なんて毎日と言わず入るたびに掃除しそう(笑)
今度こそ、綺麗なまま保ちたいです。
そして、今回はクッションフロアと壁紙も取り替えましたが、自分で選ばなきゃいけないのよね^^;
マンションだと、お仕着せでできてるじゃないですか。一応プロが選んだものだし。
こんだけで悩みに悩んだので、家一軒建てるとかなったら、大変なエネルギーが必要でしょうね。。。
本当は、「トイレらしくない」をコンセプトに、床はフローリング調の焦げ茶にしようかと思ってましたが、息子(一応ハウスメーカー勤務)の一言で止めました。「トイレは白だよ、やっぱり。清潔感第一」だって。
まぁ、白じゃないですけど…
こうしてみると、床と壁が同じような感じで。ほんとは、この床なら壁はアイボリー一色が綺麗だとは思ったんですが、汚れがついた時のことを考えると、だんだら模様入りの方が目立たないかなと…

洗面所の蛇口も、落としてヒビが入ってた(シャワーになるタイプ)ので交換。
お金はかかってしまいましたが、少しでも新しくなってちょっと気分良いです。
これでまた後何年…住むのかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »