« 今年初めての金木犀 | トップページ | きょうakoがここまで連載しなかった(BlogPet) »

2006.09.21

「椿山課長の七日間」

浅田次郎著、朝日文庫。
朝日新聞で連載していた時は、たまたま拾い読みしたらおふざけの面ばかりが目についてしまって、途中で読むのを止めてしまったのですが。
新聞小説は、毎日ブツ切れになってしまうので、どうも全体として楽しめません。それは、宮部みゆきの「理由」も同じでした。ただでさえあんなに話が飛ぶので、新聞ではさっぱり訳が分からなかった(汗)
毎日突っ込みいれつつも読んでいたのは「愛ルケ」くらいで、そういう意味では、やはり渡辺淳一恐るべし、なのだろうか?

…と、どんどん話がずれて行きますが。
実は、まったく真面目なお話でした。
でも、死んでから別人になって蘇り、自分の身辺に近づくと色んなことが見えてくる…という設定は、できすぎているというか。種々のエピソードもどうも、浅田さんにまま感じる「あざとさ」が出ているようで、いまいち感動できず。
何かもう、こういうパターンで泣かされ飽きたよ、みたいな(苦笑)

それなのに。最後の最後の数ページで、きました。
ネタバレになりますから何がどうとは書きませんが。
その時、あとちょっとだから読んじゃおう♪と思って、乗り換えた東京駅から浜松町までの3駅の車中だったんですね。立って読んでたんですが、突然来たもんで、涙が滲むとか流れるというレベルじゃなく、ポタポタ落としちゃったよ?こんなことは初めて。まじで恥ずかしかったんですけどーー 見てた人がいたら何と思ったか。

それが、後でそこだけ読み返しても、別に何ってことはないんですよね~。
これぞ浅田マジック?
というか、浅田さんの作品で泣けるのは、やはり、技巧やあざとさだけではなく、根底に流れる作者の、人間に対する目線が本当に温かいものだから…なんだろうと思います。
だから止められません。

文庫で出ているものは、ギャンブルものを除いてかなり読み尽くし、残った1冊、「勇気凛凛ルリの色」の最終巻「満天の星」を今は読んでいます。
そのうちどこかで、トークショーなりサイン会なり、ぜひ一度行ってみたいものです。

|

« 今年初めての金木犀 | トップページ | きょうakoがここまで連載しなかった(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/11977657

この記事へのトラックバック一覧です: 「椿山課長の七日間」:

» Bitacle Blog Search Archive - 「椿山課長の七日間」 [bitacle.org]
[...] 浅田次郎著、朝日文庫。 朝日新聞で連載していた時は、たまたま拾い読みしたらおふざ. [...] [続きを読む]

受信: 2006.09.22 17:13

« 今年初めての金木犀 | トップページ | きょうakoがここまで連載しなかった(BlogPet) »