« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.21

「椿山課長の七日間」

浅田次郎著、朝日文庫。
朝日新聞で連載していた時は、たまたま拾い読みしたらおふざけの面ばかりが目についてしまって、途中で読むのを止めてしまったのですが。
新聞小説は、毎日ブツ切れになってしまうので、どうも全体として楽しめません。それは、宮部みゆきの「理由」も同じでした。ただでさえあんなに話が飛ぶので、新聞ではさっぱり訳が分からなかった(汗)
毎日突っ込みいれつつも読んでいたのは「愛ルケ」くらいで、そういう意味では、やはり渡辺淳一恐るべし、なのだろうか?

…と、どんどん話がずれて行きますが。
実は、まったく真面目なお話でした。
でも、死んでから別人になって蘇り、自分の身辺に近づくと色んなことが見えてくる…という設定は、できすぎているというか。種々のエピソードもどうも、浅田さんにまま感じる「あざとさ」が出ているようで、いまいち感動できず。
何かもう、こういうパターンで泣かされ飽きたよ、みたいな(苦笑)

それなのに。最後の最後の数ページで、きました。
ネタバレになりますから何がどうとは書きませんが。
その時、あとちょっとだから読んじゃおう♪と思って、乗り換えた東京駅から浜松町までの3駅の車中だったんですね。立って読んでたんですが、突然来たもんで、涙が滲むとか流れるというレベルじゃなく、ポタポタ落としちゃったよ?こんなことは初めて。まじで恥ずかしかったんですけどーー 見てた人がいたら何と思ったか。

それが、後でそこだけ読み返しても、別に何ってことはないんですよね~。
これぞ浅田マジック?
というか、浅田さんの作品で泣けるのは、やはり、技巧やあざとさだけではなく、根底に流れる作者の、人間に対する目線が本当に温かいものだから…なんだろうと思います。
だから止められません。

文庫で出ているものは、ギャンブルものを除いてかなり読み尽くし、残った1冊、「勇気凛凛ルリの色」の最終巻「満天の星」を今は読んでいます。
そのうちどこかで、トークショーなりサイン会なり、ぜひ一度行ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.20

今年初めての金木犀

会社からの帰途、買物のためにいつもより1つ手前でバスを降りて歩いていたら。
通りかかったお宅の庭から、金木犀の香りが…

今日は9月20日。ちょっと早くないですか~?
例年、10月に入ってからだったような気がするのですが。

今まで気づかなかったけれど、今は空き家になっているそのお宅の庭には、大きな大きな金木犀の木が。
まだまだお花は小さかったから、これから長く楽しめるかな?
花が終わるまで、毎日1つ手前で降りて歩こうかしら^^

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.18

冷えは大敵(BlogPet)

ほんとうは、金木犀は
家族4人で旅行をしたのは、多分、Mが高1、娘が小6の年末、思いついて伊豆熱川に.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

M先生2回目

いつでも予約して施術を受けに行けば良いものの、仕事その他の忙しさにかまけて、なかなかM先生のところに行けないでいました。
その間、調子は良い時もあれば悪い時もあり。でも1日中悪い、という日はなく。

ふと会社で(ナイショ^^;)先生のブログを見に行きましたら、急に時間が空いたから予約をどうぞって書いてある!
そう言われると行かなきゃ、という気になり(笑)即メール。今日、無事に2回目の施術を受けることができました。
ほんとうにブログっていいですね^^

例によってというか今回はたまたまですが、ここ数日調子が良くて、また、痛みがない状態で行きました。
今回は相談したいこともあったので。

それは…他でもない、X線撮影のことです。
前回、撮る必要ないよと言われ、その場では納得したものの…。

もちろん、先生の仰ったことはよく理解できました。私もちょうどいま、理学療法の評価法の本を作っているところでもあり、画像診断というのは一番重視されるべきものではない、ということも分かっていましたし。
でも、まずは純粋な好奇心。
自分の身体がどうなっているのか、知りたい、見たいという気持ち。
骨を見ることが知ることでは必ずしもないとは分かっていても、やはり見ないことには、自分でちゃんと病気と向き合えないという気がして。
例えば、ブログにコメントさせて頂くにしろ、自分が変形性股関節症である、と名乗ることもできない宙ぶらりんさというか…

でも、これだけ症状が軽いのなら、病気と向き合う必要すら、別にないのかも知れない。
そして、純粋な好奇心と思っていても、実は、変形なんてなかったじゃん、という結果を無意識の内に期待しているのかもしれない。もしそうだったら、実際変形があったとしたら、変形があるのにこんなに症状が軽いんだ、と素直に喜べるだろうか?という危惧もちょっとだけありました。(ちなみにM先生は、変形はあると思うと仰ってます)

なんて、手術するかどうかで迷うならともかく、X線撮るかどうかで迷うほどのことかと思いつつ、M先生に相談。
そうしたらあっさり、それもいいと思うと仰って下さいました。必要ないと思うけどと仰りつつ。
やっぱり、私は大丈夫、と言いつつ、いざ見たらショックを受けてしまう方がいらっしゃるそうで。
だから、先生だけはしっかり選ばないとと思っていました。
今日は、M先生に、信頼できる先生を教えて頂きましたので、問い合わせてみようと思います。

さてさて、今日は2回目ということもあり、色々お聞きしたかったことなど(主に股関節症についての解説など)お話しつつ施術して頂き。
不思議なことにというか当然というか、前回押して頂いたところは、前はあんなに痛かったのに今日は平気。
逆に、今日は左脚が全体にとても痛かった。特に大腿内側…あれは内転筋だったのかなぁ?もう泣きたいほど痛くて、途中まででギブアップーー
足先から肩までほぐしていただいて、終わって時計を見てびっくり。2時間近く経っていました。
すごく贅沢な時間でした…

施術の効果もさることながら、色々なことをお聞きしたりお話したりできる、のが得がたい時間だと思っています。
お医者さまとだと、まず絶対不可能なことですから。個人的な知り合いでもない限り。
今度伺う時は、X線画像(の写真)持参で、報告を兼ねてって感じでしょうか。

しかしあれだけの体を張っての施術、やはり誰にでもできることではありません。
本当に、お体大事にして頂いて、股関節症患者の希望の星でいて下さい、と願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

「オレステス」inシアターコクーン

蜷川幸雄演出のギリシャ悲劇。
主演のオレステスは藤原竜也。姉のエレクトラが中嶋朋子。
そして、トロイア戦争を引き起こしたとされている絶世の美女、ヘレネ役でタータン(香寿たつき)出演ということで^^

いやいやいや。色んな意味ですごい舞台でした。
ネタバレになるのであまり書けませんけど、特にラスト。
私にはギリシャ悲劇の素養がないので、悲劇というからには最後は皆滅多切りになって血だらけで救い難いラストなのか?と期待しておりましたら(笑)、あれヘレネがあんなところに…そしてアポロンが出てきて、ええ?えー?
と思っていたのですが、その後です。どっかーんと来ました。やられました。
2chとか見に行きましたら、通の方々にはイマイチのようでしたが、私はもう素直に、泣けて泣けて。
ギリシャ時代の昔から今まで、結局何も変わっていないんだなと…
折りしも同時多発テロ5周年の日が公演日程に入っていましたし。

こんな形で、自分の思っていることを世間に向けて発信できる演出家っていいなと。。。
(自分の主張をストレートに声高に繰り返させる、某劇団の某演出家を思い出したのは言うまでもありません。比べるなって…?^^;)
惜しむらくは、なんとー1列目だったため、ラストのオレステスの表情が見えなかったことと、ビラが膝の上には降って来なかったこと。帰りに拾い集めましたけど(汗)

そうなんです。
舞台に雨が降るという情報は得ていたのですが、濡れるのは1列目だけともきいていて、私はXBだから2列目よね、と思って行ったら1列目だった~>_<
座席に備え付けのビニールシートで下半身をくるみ、しかも役者が前を通るから邪魔にならないようにと、端を靴で折り込んで。
まぁ、しぶきが飛んでくるくらいでしたが。

藤原君、ごろごろ転がって登場…手を伸ばせば届きそうなところに@@
いや~、あの子すごいです(もう、「子」なんてお歳じゃないでしょうが)
膝のサポーターや足のネット包帯絆創膏は、演出じゃなくほんとの治療用なんでしょうね。
あんまりにも入り込んでるので、この子公演終わるごとに現実に戻れるのかしら、と思いましたが、カーテンコールでは笑顔になっていて。さすがというかやっぱり役者。

タータンはまぁ、いいです(何が・笑)
脚が…まさか生足じゃないよね?と思わず凝視(爆) 違うと思うけど。
でも、声が良く出るようになりましたね~
「リチャード3世」ではらはらしたのが懐かしい。
こんなお芝居に出られて、本当に良かったですね。

私的には、シェイクスピアよりこっちの方がずっと好みでした。
来年の「コリオレイナス」はでも、シェイクスピアなんだよな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

股関節の話その3(BlogPet)

金木犀は
書き始めたらどんどん話がずれて感想文でなくなってしまったので、「心と7」のカテゴ.
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »