« かまど炊きの味 | トップページ | 文化の薫り »

2006.06.03

かまど炊きその後

というほど回数炊いてませんが^^;
3回しか(爆) いまや、3合炊くと2日もつ家なのであります。
さて、何度かやってみたので覚え書き。

浸水は、やはりさせた方がふんわりできました。
朝炊くのに前夜から漬けてOKでした。ふんわりでも決してべたっとはしない。また感動^^
そして、やはりうちのガスコンロでは、中強火にかけてきっかり12分で勢い良く湯気が吹いてきます。
なので、火をつけたら15分タイマーをかけて、鳴ったら火を消してもう1回タイマー、それが切れたら蒸らし終わり、で良いようです。
さらに1分近く火を消すタイミングが遅れた日は、しっかりお焦げができてました^^
炊きたてのお焦げは「ぱりっ」としていて、これが本物のお焦げ、と感動しましたが、しばらくするとしなっとなってしまうから、やっぱりあまり作らない方が良さそうです。

で、昨日はいつも使っている発芽玄米を3分の1混ぜたのですが。
生協で扱っているウェットタイプ。つまり浸水させなくてすぐ炊けるタイプです。
これが…むむむ~ん。
これはやはり、炊飯器で美味しく炊けるように加工されたものなんでしょうかね。
というより、白米を炊いた時のあのあまりの美味しさを舌が覚えているものですから、やはり発芽玄米ご飯には感動できなかったのでした。残念ながら…もう発芽玄米買わなくなるかも…(身体にいいんだよね…でも炭水化物なことには変わりないし…)
ただ、1日おいてチンした味は、やはり炊飯器炊きをチンしたものとは全然違いましたけれど。

あとはね~、「ご飯粒が立ってる」という状態がよくわからない。そこまで行ってないってことかしら。カニの穴?は空いてるんだけど^^; 実験は続きます…?

|

« かまど炊きの味 | トップページ | 文化の薫り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/10379672

この記事へのトラックバック一覧です: かまど炊きその後:

« かまど炊きの味 | トップページ | 文化の薫り »