« 「アワ・ハウス」(BlogPet) | トップページ | かまど炊きその後(BlogPet) »

2006.06.30

旅立ちその1

息子は今日、荷物を出して出て行きました。
といっても、今日は某所でお泊り~、明日浜松で待ち合わせて、私も結局一晩行ってやることにしたんですが。
荷物出しの手伝いといっても私は特にすることもなく、でも掃除したかったので、午前休をとりました。
やったことといえば、昨夜、食器とそこら辺の食料やらかき集めて1箱作ったのと、朝から隣のスーパーに行って洗剤やらトイレットペーパーやら仕入れてきたくらい。どうやら明日から雨らしいし、引っ越し先はウチほど買い物が便利じゃなさそうなので、24時間営業のウチから至近のスーパーで買い物は済ませておいた次第です。

私は昼前に家を出て、息子も娘もその時はまだ家におりました。
仕事から帰ってきて、べっつに感慨に耽るではありませんが、そういえば、週末毎にワイシャツ10枚洗濯、の日々も3ヶ月足らずで終わったのだなと思い。。。
我が身を振り返れば、私は弟と4歳違いだったので、弟が大学に入って家を離れた、その年の秋に、結婚して家を離れたことになります。
母にしてみれば、息子に続いて娘もさっさと家を出て行って…それは寂しかったろうなぁ、と思います(今にして思えば、ね)
ちょうど、大変だった老人介護も終わりに近づいていた時だったから、余計に喪失感が大きかっただろうなとも。

両親は、あれからの年月…つまり私が結婚してからだから24年?を、夫婦2人で暮らしてきているのだということに気づいて。
つまり、子供とともに暮らす時間より、夫婦2人で暮らす年月の方が長いということなのですね。私達は親と同居しなかったし、子供達もまた、きっとそうでしょうから…

だから。子育ての時間というのは、人生の中で、ほんとうに短い時間に過ぎなかったのだなということが、実感として感じられた今日だったのです。
手が離れても、一緒に暮らしていれば、そんなことに気づきもしなかったでしょうが。
子育ての只中にいる時は、「短い時間」だなんて、ぜっっったいに、思えなかったのですけどね。

そして、あの頃…私や弟が家を離れて行った頃の母の年に、いつの間にか自分も達しようとしていることに、改めて時の流れをつきつけられ。いや~、信じられない思いだけれど、こうして、人生は巡り巡っていくのだと…やっぱり、秋でもないのに感傷に耽りかけている自分がいる?(苦笑)

仕事の波に溺れかける自分を救ってくれるのは「○○」(笑)だと思っていましたが、人生の感傷、から自分を救い出してくれるのもまた、「○○」に違いありません^^;
○○さえあれば(爆)
やっぱり、持つべき趣味として、最高のものかも知れません?!
というわけで、明日以降(というか明後日)の顛末は「花のみち」ブログのほうで~^^

|

« 「アワ・ハウス」(BlogPet) | トップページ | かまど炊きその後(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/10739131

この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ちその1:

« 「アワ・ハウス」(BlogPet) | トップページ | かまど炊きその後(BlogPet) »