« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.30

かまど炊きの味

これが全景 蓋を取ると中蓋が
炊き上がったご飯
かまどで炊いたご飯の味って…直接体験はしてない世代だと思うんです。
サザエさんちに電気釜が来たのが昭和34年だそうなので、多分、私が物心ついた頃には既に電気釜で炊いてたのではと。。。
その後、ガス釜になったりとかはありましたけれど。

なんで、炊飯器で炊いたご飯の味がご飯の味だと思っている私達。にとっては、かまどで炊いたご飯の味というのは、ある意味未知との遭遇な訳です。
な~んて大げさな、と思われるでしょうが、それ位、「違う食べ物」だったのですよ~、かまどさんで炊いたご飯の味は。

炊飯器で炊いた場合は、たとえ固めに炊いたとしても、ご飯ってのはある程度べたっとしたものである、という印象があったのですけれども。
初めての挑戦、だったので、「ご飯粒が立ってる」までは行かなかったのですが、ともかく、べたっとしたところがまったくない。かといってパサついている訳ではない。かめばかむほど甘みが出てくる。あっさりしていて、同じお米なのに、これなら食べても太らないんじゃ、という錯覚さえ抱かせるほど^^;
実は、かまど炊きのご飯を食べさせる店、では食べたことがあるのですが、その時は容量の小さいお釜だったせいか、すぐ固くなってしまった気がして、それほど感動はなかったのですが…
今回は、月曜朝に炊いたものを、余りは冷蔵庫に入れておいて、さっきチンしてみました。が、まったくあっさりしたまま保存されておりました。これ、絶対太らないって(んな訳ないーー)

炊飯器以外にも、今までやったことがあるのは、圧力鍋。これは洗うのが余りにも面倒で、かつご飯粒が余りにもとれなくて勿体なくて脱落。それからステンレス鍋。これは美味しいと思いました。が、かまどさんに比べたら、やはり炊飯器の味に近かったような。
かまどさんは、3合炊きなら土鍋と変わらない大きさだし(我が家では今や、3合より多くご飯を炊くって場面がありません)、洗うのも意外に簡単です。
炊き方も、がーっと強火にかけて、空気穴から蒸気が出てきたら3分で火を消し、蒸らす。火加減なし。
ただ、月曜はあらかじめ浸水させずに炊いてしまったので、明日朝は、20分漬けて炊くのに20分蒸らしに20分…かけたらあらら、1時間かかってしまうじゃない。「早く炊ける」という謳い文句だけは、ちょっとう~ん、てとこですね(火にかけてる時間は確かに短いんだけど)
寝る前に漬けて寝ようっと。後は火加減とか、しばらくは実験気分で遊んでみます。
「この味」を体験できたことは、ほんとに良かったと思います。お値段も1万円で。炊飯器よりガス代含めてもお安いことは確かですしね。

で、私が思ったことは。。。はい、言わずと知れております^^;
これ、まとぶさんにあげたいわぁ~(爆)
最新型の炊飯器をお持ちでしょうから「言ってるだけ」ですが、この味、体験してほしいなと思いますね~、何より「白いご飯」がお好きだそうなので^^

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.05.29

2006年観劇記録(1~4月)(BlogPet)

今日は金木犀は、大きい背中などをBLOGしなかった
ずっとPCに向かってたらそろそろ背中が固まってきましたが^^; 書いてしまいます.


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.28

根昆布の話

これが乾燥品 炊くとこうなります
健診の結果夫の血圧が高かったという話を実家の父にしたら、早速送ってくれたのがこれです。
利尻の根昆布。これを夜、コップの水に3個位入れておいて、翌朝、昆布水を飲むと血圧を下げる効果があるんだそうです。
早速毎日作っておりました。父は残った昆布は捨てているそうなんですが、何だか勿体ないので(鍋に入れた出し昆布は捨ててるくせにぃ^^;)、冷凍にして保存しておいたのが結構たまったので、今日炊いてみました。

塩分控えろと言われてる人に佃煮食べさせる訳にはいきませんから^^;昆布巻きの味付けで。
何年かぶりに圧力鍋を出してきました。
今日のレシピでは、最初に水(本来は昆布の漬け汁ね)と酢を入れて圧力をかけ、5分で自然冷却。
その後、砂糖としょうゆを入れて再び圧力をかけ、3分で自然冷却。
美味しそうな匂いはしていたんですけどね…
やはり根昆布なので、特にとがった部分が柔らかくなりきれてなくて、私的にはう~む。
サイト巡りをしたら、ネットストアでは、「当店独自の製法により、根昆布を丸ごと柔らかく炊き上げました」てのもあったんですけど、炊き上げたものを買ってもしょうがないんで。。。
次回作る時は、最初の時間を10分にしてみる?でもそうすると、柔らかい部分が溶けてしまう気がするんですね~
最初からとがった部分をはさみで切り落としてから炊いてみるかな?

娘がなぜかとっても気に入りまして、「私はこれでいい。これが美味しい」とパクパク食べるので、早く昆布を貯めるためにも^^;明日からは私も昆布水を飲もうかと。
血圧効果のみでなく、カルシウムも豊富なようですしね。
ヨードは摂りすぎると弊害があることが知られていますが、元々甲状腺に異常がない場合はあまり心配しなくて良いようです。それと、妊産婦さん以外は(いまネットで調べてきました)

それにしても、ネットは便利ですね。
この週末、かまどさん(昨日の午後注文して今日もう届いた@@)、「5つのチベット体操」、ヨモネオールゼリーと注文。かまどさんは、朝日の土曜版で知って早速検索…して衝動買い。いま、慣らしのお粥を炊いてるところです。
また改めて記事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.26

八宝茶

八宝茶淹れる前  八宝茶淹れたらこうなる
八宝茶といいまして、クコの実、菊花、タンポポ、蜜柑の皮、緑茶、サンザシ、なつめ、干ぶどう(ちょっと違っているかもしれません)、氷砂糖が、カップの上の金属製のお皿に乗って出てきます。
それをガラスのカップに入れ、お湯を注ぎ、お皿を逆さにして蓋をし、砂時計の砂が落ちるまで待って(3分?)飲みます。
かなり甘かった^^; 二煎目は味が薄くなるので、氷砂糖をあらかじめとっておくと良いかもしれません。
そして、中身の具はすべて食べられるそうです。

…こちらのお茶は、漢陽楼で頂きました。
昨日は、以前アルバイトしていた医学系出版社の、担当だった編集の方が声をかけて下さって、バイト仲間と向こうの社員の方2人、計4人でこちらのお店で晩ご飯でした。
このお店は、日本留学中の周恩来が行きつけにしていたお店だそうで@@
おまかせコース、てのがありまして、ほんとにお任せ、テーブルによって出てくるものも違うとかで(爆)嫌いなものだけ最初に聞かれました。
海鮮料理4品に小龍包、煮込み担担麺、とお腹いっぱいになりました。さらに杏仁豆腐もつけて。
ご馳走さまでしたm(__)m
ちなみに、中華ゆえか私の定番グレープフルーツサワー(これが一番酔わない気がする)がなく、ネタにと思ってキンモクセイサワーにしたんですけど、やっぱりグレープフルーツじゃなきゃだめだな。。。でした。

アルバイトが終わった時点でお食事して以来ですから、4年ぶり?
正社員になったご報告と、名刺もお渡しして。
あとは、編集者としての話に花が咲き…、編集者の悩みはいずこも同じ、「原稿が来ないこと」なんだと、色々吐き出したらちょっと気も楽になったりして。
本来、同じ会社の仲間とそういう場を持てれば良いのですが、なかなかねぇ…(濁)

担当編集者の1人はママさんだったのですが、あの頃保育園だったお子さん達も5年生と2年生に。
そして、あの頃家事の担い手だった大学院生だったご主人が今では大学や予備校の講師で超多忙となられ、小学生の子供を持つ身としては、正社員で働き続けることに無理を感じていらっしゃるようでした。
私などは、この年になって初めて正社員になったので、この立場を捨てるなんて勿体ない…と思ってしまいますが、半面、これから思春期に向かう育ち盛りの子供を、帰宅時間が遅い身では十分見切れない不安というのも良く分かります。
例えば、今の私の仕事ぶりで、子供達が小学生だったら…あり得ないです>_<

でも今の世の中、せっかくキャリアを積んでも、そこから一度降りてしまったら後でまた再就職、と思っても、正社員として復帰するのは容易なことではありません。
なら、再就職どころか初就職をこの年で達成した私はやっぱりラッキーマンとしか言いようが…と考えていて、はたと思いつきました。
経験のなかった私などと違い、バリバリに編集者として活躍していたのに、子育てなどを機にフリーや派遣に転じた女性は多いのです。彼女達が、子育てが一段落ついてまた正社員として働くことが可能になったら…、そういう人たちに、活躍してもらえばいいんじゃないの、と。
日本の出版社ではあり得ないことでしょうが、外資なら、年功序列でないから、給与だって自由に決められるのですし。女性の潜在能力は、とても高いと思うのですよね…
なんて、私でどうかできることでもないんですけどね。

来週も、仕事については色々問題解決していかなくてはなりませんが、昨日の食事会でちょっと気分転換できたかも。でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

今日のランチは

 

Ricos麻布
3月にも記事にした3人組にて、今日はランチです^^
ここは何回か来たことがあるのです。夜はとてもお高くて来れませんが、ランチはお得です。
まずこのサラダ。見て下さい。このお皿、ミート皿の大きさです。こんもりぎっしり種々のお野菜が盛られていて、全部食べるのに非常に手間取ります(笑)
途中でメイン料理が来ちゃいます。私はfish lunchにしたので(お店の人がお薦め、と言ったから^^)、いさき、って言ったかな?ともかくオクラを巻いてあって、さらに全体が湯葉で包まれている。付け合せのお野菜は白ねぎと皮を剥いたなす。という、和風の一品。
これにフランスパンとコーヒー付で1450円。
炭水化物少なくて非常にお腹がいっぱいになり、夜の9時頃までもってしまいました@@

ヘルシーで美味しいものが食べたい時には来たいお店ですが、いかんせん、昼休みはゆっくりできないのが辛い…。デザートも説明聞いただけでも美味しそうだったんだけど。

それで、夜はもういらないや、と思っていて、夫は今夜はいないし娘はまた外泊だし(ええ加減にせいーー)息子は花金だし、と思っていたら帰って来た!
そしたら、駅ビルの魚屋さん閉店間際のセールで、ざっと2000円見当の刺身や寿司をまとめて500円、というのを買って来てくれてまして^^、母息子で仲良く食べましたとさ(嬉)
さっこれからDVD三昧です。。。

あっ、今日早くも健診結果が返ってきました(婦人科以外)
聴力と胸部X線がB判定(所見ありだが問題なし)、腹部超音波がC判定(経過観察。胆嚢ポリープ。ほぼどうもないものだそうです)で、あとは全部Aだった。
あの~、私の胃のポリープちゃん達はどこへ行ってしまったんでしょうか(笑)
ま、再検査がなくて何よりでした。
健保会館で毎年やってもらえば記録も残っていくし、便利ですよね。腹部超音波や眼底検査などは、夫の会社の健診項目にもないものだそうで、タダはお得かも。
と、正社員のありがたみを改めて噛みしめるのであった。。。その代償は大きいけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

今日の晩ご飯


バス停にバスが着くという時、スーパーの袋をぶら下げて向こうから歩いてくる娘発見。
前夜外泊だった娘に「晩ご飯作っといて」とメールはしたものの、期待はしてなかったのですが^^;
「買って来たよ~鶏の唐揚げとポテトサラダ」「えっ作ってくれるんじゃないの?」「だからー、作るの」
てな訳で、材料を買って来たのでした。
「小麦粉あるよね?」「えっ。。。」
ヂツは、最近あんまり料理をしないので、調味料類の賞味期限がアブナイのですよね。
小麦粉も果たして、ちょっと過ぎてたけどまぁいいや(しかも、ケーキ用に娘が買って来た粉だしーー)


『お料理はじめてさんの「これ、おいしいネ!」とほめられるメニュー』という本を買ってきていまして、それを見ながら作る。私はともかくご飯だけ炊いて、後は他のことしたり、手が空いたら娘の助手(ゴミ捨てと調理器具洗い)
何てラクなんでしょう^^
どうも、「手伝う」のじゃなく、「自分で全部作る」方が良いようですね。それこそモチベーションの問題でしょうか(そういや小さい頃から何かと言えば「自分でやる」てきかない子だった。。。)
だから、1日家でぐだぐだしてても台所に手伝いに来ないくせに、こんな大学帰りの夜には作る気になる、と…

「きちんと」作るせいかなかなか美味しく、夫の感想も上々。
これから期待しちゃおう~^^
もちろん、後片付けなどせず、食べっ放しで去っていきましたが、後片付けだけすれば良いなんて、とラクちんの私なのでした。
でもお弁当は作ってだって。。。

ふー。やっとアップできました。「画像でリンク先を指定する」方法も「画面キャプチャ」も試行錯誤だったうえ、ココログ重すぎーー ほんとーに、もう1コのあっちのブログサービスと比べたら、管理画面の使い勝手悪すぎますーー その上重いとあっては。。。
しかも私のPCしょっ中固まるし。て訳で、まだ洗濯物片付けてないよ~、で早帰りの私の夜は終わるのであった。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.15

ウィーン旅行~日程~(BlogPet)

こないだ、金木犀が
今回は、J○Bの「音楽の電車ライブ」ウィーンフリープラン6日間、で行って参りまし.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.09

「模倣犯」読了

長かった~
元々、電車で「立っている」時しか本を読まない上、その貴重な時間も最近は携帯でサイトやブログetc.巡りをしていたり、i-pod聴いてたりで、なかなか時間がとれません。
加えて、3冊目位から胸が悪くなってきて他の本を間に入れたりして、4冊目は惰性で読み進めていたって感じでしたが、最後は宮部みゆきらしい終わり方で、内容が内容だから爽やかにはなりようがないけど、それでも一幅の清涼な空気が感じられて良かったです。
職業柄?フリーライターの女性が最後に活躍してくれたのも嬉しかったし。
それにしても、「模倣犯」てどういうことだろうと思っていたら、そういうことだったんですか~

さて次は。娘が「ダヴィンチ・コード」を読んでいるので、最初の数ページ読んでみたら面白そうだし、これにしようかなと思ったんですが(文庫が出てからでないと読まないから、常に流行からはるかに遅れるーー)、ちょっと「模倣犯」読み終わってすぐには、また長編を読むパワーが残っていないので、ここは前に買って寝かせておいた(笑)浅田次郎の「沙高樓綺譚」で癒されることにします(って、ミステリーって書いてあるけど。。。)

「模倣犯」はブックオフ行きにしようかと思いましたが、娘が読むんですって。電車の中退屈だからって。そうか。彼女は電車で寝ないタイプの人間なのであった。。。

さてさて、今日は会社で印税の計算するのに、かねてから懸案であったExcelの%計算ができるようになりました^^ いや、Excelってタダの表としてしか普段は使わないから^^;
足し算は簡単だったんで何となくできたけど、%はネットでやり方を検索しました。
いつも分からないことは隣の彼女に訊いて教えてもらうんですが、ただでさえ忙しそうなのに申し訳ないし、社内のことじゃなくて自分で調べれば分かることは自分でやろうと。。。
という訳で、初歩は初歩なりに^^;できなかったことができるようになるってのは気分の良いものですね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

2度めの健康診断

2年前の夏、20数年ぶりに健診を受けました。あの時、バリウムで胃は荒れるわ、結局は必要なかった再検査に振り回されるわで、もう2度と健診は受けない!と決意したのですが。
去年は、正社員になった時期の関係で集団健診に乗り遅れそのままになったけれど、今年はばっちり申込みが来て。バリウム恐怖症となっておりましたが、仕方ないので申し込みました。参加率80%台らしいんで、さぼろうかとも思ったんですけどね、でも「無料」だから^^

業種の健保会館での健診。都内なので、受付時間に間に合わせるため、最寄り駅7時半の電車に乗る。これは大したことなかったけれど、上野~秋葉原の京浜東北と、秋葉原~御茶ノ水の総武線が、あり得ないくらい込んでた>_< 乗れないんですもの。この時間てこんなに込んでるんだ。皆文句も言わず、真面目に働くお父さんなんだなぁと(男性率高し)改めて感慨。良かった、少しでも始業時間がずれていて。

健保会館は病院ではないので(外来診療もありますけど。がらがら。で自己負担半額だって~。何てお得)、雰囲気も違うし空いてるし、テキパキと健診が進んでいい感じでした。検査技師さん、ドクター共に女性が圧倒的に多かったのも嬉しかった。特に心電図、問診、婦人科検診。すべて女性でした。
内容的にも、政管健保で受けたものより、眼底写真と超音波が多く、各検査も丁寧でした。それでタダですからね。やはり正社員は恵まれています。
その場でPC入力されていきますから、すぐに結果の出るものは画面に出てます。診察の時見えたんだけど、早速、右聴力が「所見あり」になってましたーー 高音が一つ聴こえなかったわ。今、慢性外耳炎みたいになってて外耳道塞がってるのよきっと。。。
眼底写真では、おお、眼科の本で見た写真だ~と、画面に映る自分の眼底に感心したり。
婦人科健診では、子宮筋腫があると言われました。そんなこと内診で分かるの@@ 成人女性の8割位が大小問わなければ持ってるそうですね。私のは1.5cmだから全然どうもないそうですが、あることは知っててねと。知らないで大きくなったら、突然できた!てことになってしまうからと。

そして問題のバリウム。戦々恐々としていたのですが、午後排出後^^; あれ~、胃が痛くならないよ???
何か、夜になってやっぱりヘンですが、前はヘンなんてレベルじゃなく、締め付けられるように痛かったのです。でてっきり造影剤アレルギーだと思ったのですが、違うのかしらん^^;
思えば前回の健診は8月初め。あの年は記録的な猛暑で、その中を青山劇場の「WEST SIDE STORY」に通い詰めていた時でした。健診の日も暑さにやられていたので、夏ばてもあったのかも知れませんね。加えて、その後すぐ「花のいそぎ」が始まって、精神的に一杯一杯の日々だったし…^^
バリウムって、徐々に慣れていったりするもんなんでしょうかね?

という訳でさくさくと進んだので、4年前、数ヶ月お世話になっていた出版社に挨拶に寄り道することができました。すぐ近くなんで、機会があればぜひ、と思っていたのです。
たまたま皆さん揃っていらして、お変わりなくお元気でした。社会派の本を出している出版社で、高校生向けの雑誌がとうとう廃刊になったりと、世間の風は冷たそうですが、新刊はどんどん出ている模様。
手土産持ってお礼に行ったつもりが、本を2冊も頂いてしまいました(__)
ここのような出版社と、ウチのような医学書の出版社とでは、同じ出版といっても随分かけ離れたものがありますが、でも、良書を世に出したい、という根っこのところは同じだと思います。
4ヵ月の貴重な経験が今に生きていることのお礼を言えて良かったです。

あとは健診結果を待つのみ。。。一応、前回無駄な再検査やったことは伝えてきたんですが、どうでしょう。
でも再検査も健保会館でできるでしょうから、あったとしても随分楽だろうと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

2006年観劇記録(1~4月)

ずっとPCに向かってたらそろそろ背中が固まってきましたが^^; 書いてしまいます。
昨年、一昨年はどちらも、この4ヵ月で10回、だったんですよね。。。

■1月(7回)

宝塚花組東京公演(6回)
 宝塚ミュージカル・ロマン「落陽のパレルモ
 ロマンチック・レビュー「ASIAN WINDS!」―アジアの風―

エリザベート・ガラコンサート(東京芸術劇場)

■2月(4回)

宝塚花組東京公演(3回)

宝塚星組東京公演
 宝塚グランドロマン
 「ベルサイユのばら」 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-
  ~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~

■3月(3回)

新国立劇場オペラ「運命の力

ミス再婚」銀座博品館劇場

宝塚花組シアター・ドラマシティ公演
ミュージカルドラマ「Appartement Cinéma(アパルトマン シネマ)」
 
■4月(6回)

宝塚花組東京特別公演(日本青年館)(2回)
ミュージカルドラマ「Appartement Cinéma(アパルトマン シネマ)」

ウィーンフィル定期演奏会(ウィーン楽友協会)

ウィーン国立歌劇場オペラ
 「フィガロの結婚
 「愛の妙薬

宝塚雪組東京公演
 宝塚グランドロマン
 「ベルサイユのばら」-オスカル編-
  ~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~


4ヵ月で20回。はっはっはっ。
ウィーン行きで稼いだ上、ご贔屓の公演が2つもあったんだから仕方ないです(言い訳?)
でも「アパルトマンシネマ」はあとせめて2回、観たかった。。。
という訳で、真飛さんの舞台が12回、タータンの舞台が2回。
いい感じで推移してます(何がーー)

今年はあと、真飛さんの舞台が東京公演6週間と、秋に全ツかDC&青年館があります。
タータンも、アワハウスとオレステス決定、年末にも何かある模様。
ますますいい感じで推移するでしょう。。。体力一番!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウィーン旅行~いろいろ~

テーマ別の記事は、マイフォトで代えさせて頂くことにしました。
このマイフォト、今日アップした「美術、街、ホテル」編。個々の写真を開いて、次→次→次、とやっていくと、途中で戻ったり先へ進めなくなったりしますーー せっかく苦労して順番に並べたんですけどね。あれ?と思われたら、ご面倒ですがトップページに戻って下さいませ。このようなバグはユーザーには直せないです、よ、ね?

ということで、こちらには、小ネタといいますか。

■語学
ほんとに、やるやるとか言ってまたまたあんまり成果のないまま旅行に突入し。
いえ、英語の話ですよもちろん。
我ながら情けなかったです。いい年して、単語並べて用足してーー
落ち着いて考えたら、文章も浮かぶんです。でも、相手がこっちの目を見てると頭の中がまっ白になって、意味不明の文章を喋り出し、かえって通じやしない。むしろ単語の羅列の方が通じるわよーー
相手の言ってることは、聞き取れないんだけど、全体の大意は何となく分かる、状態だったのが進歩っていえば進歩?
でもね、やっぱりこっちが喋れると、向こうの対応が違ってきますからね。私達なんて、朝のレストランでも
「Good morning」「オイシイ?」「Bye bye」しか言ってもらえないし(半笑)
喋れる日本人男性には、何かと「sir」つけてましたしね。
ウィーンでドイツ語が喋れる必要はほぼないと思いますが、飛行機の中で水がほしい時だけは、「ウォーター」と言っても通じなくて(「ワーラー」て言わなきゃだめでしょ)、かえって「ヴァッサ ビッテ」の方が言いやすくて便利でした。
あと、レストランやカフェのメニューは、日本語がなくても、英語が併記してあれば何とかなります。落ち着いて読みさえすれば(これが難しいんですけどね^^; 字が小さいと見えないしーー)
ドイツ語だけだったら、お・て・あ・げ・です(笑) イチかバチかで頼むしかない^^;

■ブランドデビュー
娘に、ヴィトンの財布買ってきてと頼まれ。若い分際でブランド物持つんぢゃねぇ、という教育方針のはずだったのに結局買ってしまう甘さに情けなくなりつつ。一応、夫からの大学入学祝いということで。ちなみに、私からはサマンサタバサの通学用バッグでした。ああ立派なブランド漬け。
私は今までブランド物って何にも持ったことがなく、また興味もなかったんですが、娘にだけ持たせておけるものか、またこの年になったら何か持ってても良いだろうと、自分の分も購入することに(結果的には買って頂きました)
ヴィトンのお店は、ドアを開けるためだけに、立派な体格のおじさんがお店の内側に立ってます(あ、あれ、持って逃げようとする泥棒対策?!)
浦和の伊勢丹で下見して行ったんですが、伊勢丹はまぁ、接客してもらうのにボードに名前書いて待つような有様で@@、しかも、店員が白手袋でうやうやしく扱っていて、一般客は手を触れることもできません。
ウィーンのヴィトンは、バッグ類に限っていえば浦和伊勢丹より品揃えが薄くて、財布もモノグラムしかなかったので、これまた単語を並べてダミエを出してきてもらいました。もちろん、勝手にいじくり回して中を見れます。
そして購入。私の予定のバッグはなかったので(カタログがありましたが、これは出してきてとはよう言いませんでした。やっぱり結構ですとか、そーゆーことが言えない;_;)、向かいのグッチへ。
グッチはもっとフランクで、観光客が靴は勝手に履いてるわ、挙句の果てには疲れたのか、ソファーに引っくり返ってる客とか(爆)
入口も開け放しで店員も少なく…でしたが、バッグの中に仕込んでありましたから、店を一歩出たら大騒ぎでしょうけどね。
当然、展示してあるバッグを次々あれこれ勝手に中を見て鏡の前で持ってみて、決定(店員いないんですほんとにあんまり)
免税でかなり戻ったので、やはり日本で買うよりは大分お安いですね。よし、次にハワイに行く時は!

■持って行って便利だったもの、あれば良かったもの(次回のために)
・あれば良かったのが、ファスナー付きのA5くらいの書類入れ。飛行機のチケットやら何やらかんやら、ショルダーのポケットにばさばさ入れるしかなくて不安だったので。買おうとしたけど空港では見つからなかったし。
・着いてからは、ファスナー付きポリ袋(台所用でよくあるやつです。あれの旅行用)にレシートでも何でも放り込めて、これは便利でした。もらったチョコレート菓子とか(メイドさんが来るたびくれたり^^)、ホテルのアメニティーグッズとか仕分けられて、これは旅の必需品。普通のビニール袋より断然便利。
・衣類の圧縮袋。掃除機のいらないタイプ。帰り、背広とかもう着ない着替えを圧縮して小さくしたので、お土産を入れる空間がしっかりとれました。
・郵便局の景品でもらった、薬ケース。仕切りが細かくて、アクセサリー入れに重宝。
・観劇用の服は、伊勢丹のバーゲン会場で購入した、アンサンブル替えスカート付き15000円也。ポリエステル100%がポイント。ほとんどしわになりませんから。しかも一見そうは見えない織りだったりしたので、もう十分です。
・勝手に思ったことだけど、街歩きの時は、派手なorお金かかってる風の服装は避けて、カジュアル&地味目が安全かと思いました。

長くなったんで分けようかとも思いましたが、一つ一つが大したネタではないので。。。
また何か思い出したら書き足すかも知れませんが、ウィーンについてはひとまずここまでにしたいと思います。
毎度長文にお付き合い下さり、ありがとうございましたm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.03

今年のゴールデンウィークは

存在しないはずでした。ウィーンに行くのに4日も休んだ埋め合わせに、最低2日は出社しようと思っていたのですが。。。
幸いというか、旅行から帰って出社したらば、あんまり仕事が来ていなかった。で、そのままGWに突入してしまった^^; 明日は出社しますが、半分は、「仕事する気あるんだゾ」てことを見せるためのパフォーマンスです(苦笑)
というかまぁ、仕事はいつ入るか分かりませんから、その時に備えて、今できることを少しでも進めておかないと、というプレッシャーは常にあるので…(書籍刊行予定日は動かないのだから、先が思いやられるってとこです)

という訳で、今日はお休み。起きたら10時前ーー 外は快晴。
それから洗濯機を3回回すと、もうお昼すぎちゃいます。
その後、ウィーン土産を実家に送り、切れた電球を買いに行き、北側の洋室の電球を換える。うちの天井は、マンションとしては標準の天井高…250だったか225だったか…ですが、直付けの照明器具を外して、てのはやはり毎度面倒です。
息子がハウスメーカー勤務となり、モデルハウスのパンフレットを見せては、「この吹き抜けがお勧め」とか言うんですけど、これってどーやって電球換えるのよ~と思ってしまう私(苦笑) 加えて、照明器具って何で説明書というか、何にもないんでしょ。滅多に換えないんで、毎度外し方を忘れて一騒動です。

で、電気も明るくなったところで、今度は浴室のシャワーを換える。
実は「パレルモ」公演中に洗濯機の調子が悪くなり、11万ナリの洗濯乾燥機を買ったのです。そうしたら、取り付けにきたお兄さんが、水道栓とつなぐところが腐蝕しているので水漏れしますよと。案の定、ぽたぽたしているので、新しいジョイント器具を島忠に買いに行きました。
その時、横にあって目についたので、ついシャワーを交換しようと買ってしまった。。。だって確か2~3千円だったし。我が家のシャワーは、入居後割に早い時期に、いつも下のフックにかけていたために壁に接している部分にカビがついて黒くなり、カビキラーしてもどうしても取れなかったんですね。
そのまま10余年…なんだー、簡単に交換できたじゃないですか!
説明読んでもさっぱり???で、買ったのは2月だったのに、交換できる休日がなかなかなくて、とうとう今日までずれ込んだ次第でしたが。別に、簡単だった。。。
こんなの絶対、暮らし安心クラシ○ン、なんかに来てもらうもんじゃないですね(以前トイレの水が止まらなくなって来てもらった時、トイレも大掛かりに交換されて風呂の水栓も換えてもらったら3万くらいかかってしまってカード払いした苦い記憶がーー)

小さなDIYでした(爆) 自分でできたら、ちょっとしたことでも気分が良いですね^^
しかも今回のシャワーは手元スイッチ付き。これで少しでも、水道代が減ってくれれば嬉しい…(皆、シャンプー~リンスの間中、出しっ放しなんだものーー)

という訳で、夜は引き続き、マイフォトを頑張ります。
あ、そういえばココログ、ベーシックでもカスタマイズできるようになったようですが、これには固く足を踏み入れないことにします…とここで宣言。きっとまた、莫大な時間かかっちゃうから。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.01

ウィーン旅行~全般~(BlogPet)

ほんとうは、金木犀は
去年から、理学療法の翻訳書籍をそばしてきているのですが、いつの間にか、来年夏の刊.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »