« やっと完成! | トップページ | club seven 3rd stage! in club ex »

2005.10.28

この1週間

またまた忙しかったんですが、何だか充実感もあり…てとこで、日記風に、まとめて行ってみよう!(またまた長文)

10月24日(月)
席替え(というより引っ越し)のため、前週の金曜に箱詰めしておいた荷物を、土日に業者が新しい場所に移動しておいてくれたので、朝早くから行って開梱作業。本当は、そんなことしてるヒマないほどやることが一杯あったので、10時半くらいにはさっさと作業を終えて、1人机にかじりつく。
8時過ぎまで頑張って、座って帰ると10時前に。昨夜の残りのクリームシチューを食べて、1時間もしないうちに夫からお迎えコール、で駅まで車を走らせる。さすがにぐったり。

10月25日(火)
新しい席になって外線が鳴るようになった。電話は主に平社員(うちのセクションは私を入れて4人)が取る。電話を取り次ぐのに、上司が席にいるかいないか、席を外しているならどこに行ったか、皆、さり気なく把握しているところがすごいと思う。呼びに行ってもいいかどうかなどの判断とともに、私はつい気後れしている内に、いつも電話に出遅れる。「秘書」というたぐいの職業には、自分は金輪際向いていないと再認識。
今日は夫も早いというし、ほどほどに切り上げて帰ることに。毎日8時はきつい。帰ってから健康的に、野菜ときのこと豆腐中心の鍋を食べる。…が、翌朝体重が増えていたーー どうも、鍋とか米とかで太りやすいタイプらしい?

10月26日(水)
派遣仲間が、携わっていた本が完成したのを見に来たのを機会に、飲みに誘ってくれた。幸い夕方には仕事も一段落したので、3人で飲みに行く(…といっても、私はあまり飲めないので、いつどこへ行っても、生グレープフルーツサワー1杯きりーー)
いつも、保育園のお迎えがあるからと、5時半とともに飛んで帰っていたAさん、今日はだんなさまがお休みで子供を見ていてくれるとかで、「こんなの10年に1度の機会だから」と、とっても喜んでくれた。…が、次々次々お酒を頼んで(爆)、結局女同士で飲みに行くと、そんなに食べないけど、喋りすぎて時間は長くなるのだ^^
ランチではできなかった突っ込んだ話もできて楽しかった。30代後半で既婚だが子供のいないBさん。リミットが近づいているが、子供を持つ決心がつかないと悩んでいる。私など、何も考えず結婚し子供が生まれたくちなので(それが当たり前、だった最後の世代かもしれない)、大上段に振りかぶって「子供は持つべきよ」「子供がいた方が人生豊かになるわよ」などと偉そうなことはとても言えなかった。
色々考えすぎて一歩も動けなくなっている風な彼女だったが、息子の子育てが山あり山ありだったことをちらっと話したら、向こうが涙ぐんじゃって^^; Aさんちも子供は1人だし、昨今の子作り事情の難しさに、時代を感じたりもしたのであった。
で、運良く座れた電車で爆睡し、終バスに乗れるはずだったのに、終着駅である最寄り駅で、しばらく寝込んでいたらしくーー、目覚めたらバスの発車時刻だったーー; タクシーで帰宅。12時半帰宅では、さすがにPCを開ける気力すらもなく、洗濯物も台所もそのままに寝る。夫が出張中で幸い…

10月27日(木)
朝から必死で、なんとか生協の注文書を書く。どよんとしたまま仕事へ。二日酔いじゃないんだけどな。朝から手紙書いて宅急便送ってメールして電話かけてファックスして葉書き書いて…。そういう雑事に追われて、編集作業にかかれたのは夕方から。結局、編集の仕事ってそうなんだよね。前にいた小さな出版社でも、編集担当の人は昼間は本の発送などに追われて、会社で編集作業をしているのを見たことがなかった。持ち帰っていると言っていた…
また8時過ぎまで。夫が、忙しくなるとよく「後頭部が割れそうに痛い」と言うけど、その感覚が分かった。これかー!て感じ。ま、前日の深夜帰宅のせいですけどね主に。冷凍のピザを焼き、生協の荷物をやっとの思いで片付け、メールだけはチェック。ほとんどスパムメール、が日に30通近く来るのでーー 真飛情報も何とかチェック^^;
今日も夫が帰って来ないのが不幸中の幸い…ナンダソレ

10月28日(金)
昨日必死で頑張って仕上げた索引データを編プロに入れたら、仕事がなくなる。結局、週明けに全部まとめてどかーんと来るんだよ。なかなかこっちの都合でうまくはばらけない。
あとはあまり追われる仕事がなかったので、考えごとをして過ごす。って、遊んでたんじゃなくて^^; 付き物のレイアウト考えたり、序文の翻訳したり。時間のある時にこういうことをやっておかないと…
一昨日から、新しい本の翻訳者の先生方に電話。相手がお医者様で大学の先生で超多忙で…と思うほどに緊張してうまく喋れない。その点、上司の電話には無駄が一つもなく、へりくだりすぎず礼も逸しず、さすがだと思う。ただでさえ電話が苦手な私だが、派遣仲間のAさんが「金木犀さんは当たりが柔らかいから、応対だって全然大丈夫よ」と言ってくれたのが心の支えになる。ホント、いくつになってもほめられて育つもんだ^^;
昼からずっとかけ続けたが先生がつかまらない関西の某医大。5時過ぎると秘書も帰ってしまったらしく?同僚らしき先生が伝言を聞いて下さる。私の名字を復唱するのに、久しぶりに関西弁のイントネーションで発音されて、懐かしかった。こちらでは絶対にそのイントネーションを耳にすることはないので…(そんな自分はすっかり標準語だ)
夕方、昼に入れたばかりの索引が、組まれて上がってくる。「とても綺麗にデータを作って下さったので…」と感謝されたが、そーゆー風に作ってくれって言ったのそっちでしょうが、と思いつつ、頭痛くしてやった甲斐もあったかと思う。結局きちんと入れた方が、後の手間が省けるんだよね。
上司が、「丁寧な仕事をしていれば、必ず相手にも通じて、それなりのものを返してくれる。それは先生にも印刷所にもどちらにも言えること。こちらがいい加減な仕事をしたら、いい加減な仕事しか返って来ないものだ」と言っていたのを思い出す。


という訳で。
持っている本2冊とも、責了が11月の最終週初めに決まる。スパンの長い書籍の編集は、マラソンのようなものだと思う。今は、30キロ地点を過ぎて、スパートかけたところ。やがてラストスパートの全力疾走に入る…のはいつ頃からなのかな?
本の中身だけじゃなく、ISBNのバーコードやスリップの発注とか、知らないことを覚えて楽しくもあった。「本を作る」って感覚ですね^^ 来週は台割作って、どかんと届くブツ(笑)の処理をして…と。
どう考えても、4日に休むのはイタイな~。でも、お茶会(11/27)にはやはり、とても行ける状況じゃなかったので、正しい選択だったのかも。やっぱり最後はこの話題で落とす金木犀でしたーー

|

« やっと完成! | トップページ | club seven 3rd stage! in club ex »

コメント

あれ?朝書いたコメントが消えています…
一応、もう一度…

あと3日働いたら裕さまにお会いできますね!

< 私の名字を復唱するのに、久しぶりに関西弁のイントネーションで発音されて、懐かしかった。こちらでは絶対にそのイントネーションを耳にすることはないので…

声に出して言ってみたら、私はまさしく関西のイントネーションでした…
周りにはあまり関西弁が出ないね!と言われるんですけど、やはりどこかにしみついているのでしょうね~

投稿: 葉月 | 2005.10.29 17:48

あら…すみません、朝も書いて下さってたんですね。
ハテ?どこ行っちゃったんでしょう???

>声に出して言ってみたら、私はまさしく関西のイントネーションでした…
そうでしたか^^
私の旧姓を、子供の学校の保護者会で耳にした時(その名字のお母さんがいたのね)、ものすご~く違和感感じました。
それまでその名字をこっちで発音されたのを聞いたことがなくて。

自分自身、電話に出る時は「○○でございます」を、少し前までは関西のイントネーションで言ってたのを、最近はこっちのイントネーションで言ってしまう…我ながら寂しい…

投稿: 金木犀 | 2005.10.29 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/6710712

この記事へのトラックバック一覧です: この1週間:

« やっと完成! | トップページ | club seven 3rd stage! in club ex »