« この1週間 | トップページ | ベルばらKids(BlogPet) »

2005.10.30

club seven 3rd stage! in club ex

玉野和紀さんの構成・演出・振付によるショー。
品川プリンスホテル エグゼクティブタワーClub eXにて。
3回目になる今年の出演者は、
玉野和紀、香寿たつき、笹本玲奈、泉見洋平、西村直人、原知宏、桜木涼

こういうお洒落な場所でのお洒落なショー(テーブル席でドリンクつき)は初体験!でしたが、楽しんできました~^^
以下、ネタバレだらけ、ですので、大丈夫な方だけお読み下さいね~(香寿中心ですやはり)
(ココログ無料版は「続きを読む」の設定ができず?隠せないので…)


歌、ダンス、芝居、と芸達者な人達が、コントやショートストーリーをやるとこうなるのね?という、プロの舞台。もちろん、ダンスや歌の場面も。
これはもう、玉野さんの才能ですよねぇ。タータン、出させて貰えて本当に良かったよねぇ…と思います。
何より、これだけ踊って踊って踊る…機会ってそうはないし。
しかも、あんなタータンこんなタータン、3時間の中にいっぱい詰め込まれていて、お得感100倍^^

男役の場面が格好良いのはもちろんです。青のスーツ姿で、3人のセンターで出てきた時、あれは絶対だれか男性出演者だと思った私^^; 誰よりも男だったかも。
あと、パンツ姿だけど格好良いお姉さんで踊りまくるところは、今のタータンの格好良さそのもの。
そして…。芸達者なのかあれが地なのか分かりませんが(多分両方)、暗転中のカップルの女の子とか、その未来のおばあちゃんとか、大家族の主婦とか、盲目の貴族の令嬢とか、はまりまくってました。特にママ…完璧よ@@ あなた、経験ないのに…やっぱり芸の力?
しかしですね。。。終わってみて一番印象に残っているのは、キャスターの花形さんだったりする(笑) まあ、映像だから余計かも知れないけど、一点非の打ち所なく私ははまりました(爆)
でも不思議なのはね~、男役も女役?も、何か面白かったことです。コメディーやると余計おじさんぽくなって、ヘンだったあのタータンがね。何で?進化したのでしょうか?それとも脚本や演出の力でしょうか?あ、花形さんはメイクさんの力もあるかな^^

最後の50音順ヒットメドレー!は、色んなことを知ってたらもっと楽しめたんでしょうが、泉見くんがマリウスになったり笹本玲奈ちゃんがエポニーヌになったり、は笑えたので良かった^^ 余談ですが、今度レミゼを観る機会があったら、ぜったい玲奈エポニーヌの回をとります!前から良いと思ってたけど、ピーターパンやってただけあって少年ぽい役もはまるし、踊れるし!ますます玲奈ちゃん注目度アップしました。
えっと、そのノリで、もちろんタータンが羽根背負ってシャンシャン持って「すみれの花咲く頃」を歌ったのはまぁ…しょうがないですね^^; 色々良かったけど、後の方で印象に残ってるのは「ひ」とり酒場で~美空ひばり、「へ」内容忘れた。

色んなところでぐっときたり、しても、何せテンポが早いので、引きずらずにどんどん進んで行く、のも良かったですね。また、こういう舞台に出る機会があると良いですねぇ…。自分だけでダンスショーとかやるより、刺激の多い舞台になるだろうし。

男性陣で印象に残ったのはやはり、西村直人さんですね。玉野さんはもちろんです。道化、泣けましたね~(泣かなかったけどね実際には^^;)

という訳で…。でも、これだけ色んなタータンが観られて、ファンの人は美味しいだろうな~、なんて思っている自分に気づいてちょっとびっくり。何というか、「モーツァルト!」までは、もちょっと身内意識で観ていたと思うのですがね。すっかり落ち着いて、冷静に「いいな~」と思っている自分がいたのですね。
まるで、真飛さんのバウ単独初主演決定のニュースを聴いたときの、冷静に嬉しかった私のように…
いつの間にか、入れ替わっちゃったんだなぁと思うと、寂しかったりもしました…が、終演後、会場出口に向かいながら、今度ムラで落ち合うことになっている友人と、初日がどうたら出待ちがどうたらと、およそ場にそぐわない話をしていた私で…^^;

なので、冷静に、なんですけど、こうしてお仕事に恵まれているタータンが嬉しかった^^
12月の舞台も、期待できるかも、と楽しみになってきました(昨夜TVに出てらした、共演の田口浩正さんを見てちょっとびっくり。やせられて~^^)
3月のTSのコメディーも、この分ならもしかして…大丈夫かも?^^
今後のスタンスとしては、私の中ではだんだん遠い人になって行くタータンを、でも陰から逐一見守っていきましょう、て感じでしょうか…

|

« この1週間 | トップページ | ベルばらKids(BlogPet) »

コメント

私もなんか、あのコメディ苦手だったタータンがねえ、と思いましたが、宝塚時代は、やっぱり気負いみたいなのがあったのかな。今の方が、自然で、持ってる実力が素直に評価されて、良い状態なんだなあって思います。
スーツ姿のタータンは、さすがでしたね。
笹本玲奈ちゃんの少年役は、思わずあなたガブローシュ経験者?と、ぐぐってしまったのですが、、、ピーターパンの経験があるので、ガブでオーデション受けようと思ったとはあるけど、経験はないみたいですね(^^;。
シャンシャン持って「すみれの花~」は、初回からヅカ出身者の恒例みたい。楓&久城さんも、風花&レアちゃんもそう言えばやってました。
男性陣はねえ、NIROや吉野圭吾さんや東山君の時は、濃くてそれはそれは面白かったですよ。今回は、玉野さんと西野さんの二人奮闘という感じだったけど。

投稿: ゆい | 2005.10.31 00:10

ゆいさま
お疲れさまでした~^^

>今の方が、自然で、持ってる実力が素直に評価されて、良い状態なんだなあって思います。
そうですねぇ… うん、「自然」て言葉がぴったりきますね。
同じ男役やってても、花形さんは(笑)肩の力も入ってなくて、作ってるんだけど自然(???わけ分かりませんね^^;)

>男性陣はねえ、NIROや吉野圭吾さんや東山君の時は、濃くてそれはそれは面白かったですよ。
そうなんですか。まだclub sevenの本当の面白さを味わえてないかもですね>私
タータンのお陰で、色んな舞台を観られるようになって、世界が広がりますわ~
今後も、細く長く、タータンつながりで色々観て行きたいですね。

投稿: 金木犀 | 2005.11.01 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/6765163

この記事へのトラックバック一覧です: club seven 3rd stage! in club ex:

« この1週間 | トップページ | ベルばらKids(BlogPet) »