« 今夜は東京ドーム | トップページ | 久しぶりに… »

2005.08.16

今日も日比谷

今日は「モーツァルト!」夜の部のチケットを頼んであったのですが、開演が17時45分。定時に出ても間に合わないので、やむなく半休とりました。
時間がたっぷりあるので、シャンテシネで「マザーテレサ」見ようと思ったのですが、完売(*_*)じゃあ、ということで「宇宙戦争」に変更したのですが、これがとんでもなく、つまらなかった(>_<)
それで疲れたのか、連日の睡眠不足がたたったのか、せっかくの「モーツァルト!」、一幕は時々意識を失ってしまって大後悔でした。幕間にコーヒー飲んで、二幕は持ち直したのですけどね。
おまけに、何を勘違いしてたのか、今日は中川君だと思ってたら井上君だったし。ぼけてます。
うーん。作品としての感想どうこう以前に、天才モーツァルトの裏に隠された人間モーツァルト。そして、天才を家族に持った人々。というのは、確かに魅力的な題材かも知れないのですが、こう言ってしまうと身も蓋もないのですけど、私はあんまり興味ない、と思ってしまったのでした。むしろ、あんまりそういうことは知りたくないかもと。
彼がどんな人生を送ったかにかかわらず、彼の生み出した音楽そのものを、純粋に愛でたいと。その音楽自体が、すべてを語っているのではないでしょうか。
それは音楽に限らず、美術でも文学でも。芸術というものは全てそうなのでは、と思います。なんかすごい偉そうですけどね。クラシック音楽の海の中で生活してるような(オオゲサですけど(^^ゞ)環境にいる者の感想でした。「レクイエム」が聴きたくなった・・・
タータンについての感想は、トークショーで書き尽くした感があります。豪華なお衣裳ばっかりで、目の保養でした。
それから私、山祐さんやっぱり好きかも(^^ゞあの圧倒的な声量、つくづく気持ち良いです。

|

« 今夜は東京ドーム | トップページ | 久しぶりに… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/5499685

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も日比谷:

« 今夜は東京ドーム | トップページ | 久しぶりに… »