« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.30

上牧温泉へ

ここ2年ほど、温泉宿を探すのにネットを利用しています。ネットで宿を選ぶのは難しい…HPがいかにお洒落に作ってあっても、行ってみて泊まってみないと分からないことってたくさんありますから。
今回は、OZmallというサイトから、休みを取った日に空いている宿は?と逆検索をかけて探しました。
2005そして決めたのがこちらのお宿、群馬県上牧(かみもく)温泉の旅籠庄屋です。
口コミ情報もなかったので、ネット情報に惹かれつつも、実際のところはどうだろう…とあまり期待し過ぎないようにして出かけたのですが、これが大当たり、でございました^^
今まで泊まったお宿の中でも一番かも知れません…予算とか、色んな面を総合すると。
2005チェックインはこちらの囲炉裏の間で、お茶とお菓子を頂きながら。そして、この可愛らしいポーチが、赤、紫、黒の地色3種類出てきまして、女性には1つプレゼントということで。一番レトロチックな紫を選びました…柄はどれも、牡丹、でございました(嬉)
20052005開けてみると、なんと中にはDHCのスキンケアセットなど、お泊りセット一式が。これは嬉しかったですねぇ。というか、この点をぜひ宣伝してほしいと思いました(←当日朝、コンビニに買いに行った人ーー)
さて、こちらの宿は、母屋に八畳二間続きの客室が4室、蔵作りの客室が2室、離れが1室と、7室のお部屋があるのですが、なぜだか、1日のお客は2組まで、なんだそうです(もちろん、人数によっては1組1室とは限らない訳ですが)。
私たち夫婦が泊まった日はなんと!私たちだけでした@@ よって、貸切状態だったのです~
宿の、建物自体は多分そう古くはないと思われますが、昔からの日本家屋のしっかりとした造り。元々自分が古民家ともいえる家に住んでいたこともあり、古民家移築などという触れ込みでも、作りものっぽさを感じてしまうと物足りない私ですが、今回の宿は、今はもうない実家を思い出させてくれる造りでした(うちにはさすがに、火鉢はあれど囲炉裏はなかったんですが…。暖かい地方だったからかしら?) 住んでいた頃は、暗くてじめじめしていて使いにくくて、大嫌いだったのに、結局そういう宿が嬉しいというのは…年を取ったからなのか? まあ、手入れが大変なので、自分の家だったら今でも真っ平ご免かも^^;
2005ええと、違い棚に置かれていた小箱の中は裁縫セット…こんなところにも、心配りを感じましたね~
八畳二間続きで、お食事は階下の座敷に食べに行くので、部屋の机の上を片付けたり、隅に寄せたりする必要がなくて、しっかりくつろげました。
2005廊下のガラス棚の中に飾られているお人形達は土びなです。
20052005お料理は、正直一番期待していなかった部分なのですが、なかなかどうして。これがどれも、手が込んでいて美味しかったのです。料理旅館といっても良いほどのお味。夕食が…どーしても、最後の最後で食べ切れなかったのが心残り。写真は、最初に並べられていた一揃い。この後、鮎の塩焼き、上州牛の石焼、天ぷら、刺身、吸い物にご飯、果物…。お肉くらいから、しんどくなってきました(苦笑)
ちなみに、朝食はお腹の調子を考えてか、そんなに無茶苦茶な量ではありませんでしたが、やはり手が込んでおり…写真は撮り忘れましたーー
2005夫は焼酎を注文。鹿児島からの特注品?高かったのですが、この瓶は花瓶になります。もちろんお持ち帰り^^
20052005お風呂は、まあ私たちしか泊まっていないのだから貸切ですが、普段も、2つあるお風呂がそれぞれ貸切になります。芒硝泉ということで、あたりが柔らかく、かつお肌がすべすべに。木のお風呂は気持ち良かった。
2005お庭は広い日本庭園で、廊下に活けてあるお花もお洒落。
OZmallで予約するとモーニングコーヒーがついてくるのですが、しっかりロイヤルコペンハーゲンのカップで出てきました^^
今回、貸切状態だったから余計に良かったのかもしれませんが、宿の女将さんのさりげない心配り…こちらが訊きたい時にすっと現われて案内してくれる、とか…も出すぎず引きすぎずで良かったし、本当にゆっくりできました。
マイナス要因を強いて挙げるとすれば、お風呂にシャワーがないこと。母屋の2階の部屋には鍵がかからず(中からは閉められるけど)、貴重品入れなどもないので、母屋で2組の別々のグループがバッティングした時はどうなるんだろう?と思いましたが…。トイレ、洗面所も共同ですし。
そのうち、親たちの長寿の祝い?か何かの折には、私たちのグループで借り切って利用できたらな~と思いました。
場所は、関越道水上インターから南へ5分もかからない近さ。北に行くと水上温泉などがありますが、そちらほど開けていないのでずっと静かです。JR上越線の上牧駅から歩ける距離ですし、新幹線なら上毛高原駅からタクシー10分とか。雪景色の季節も良いでしょうねぇ。

という訳で、私の夏季休暇残り2日はこれでおしまい(3日取れるのですが、星観劇で既に1日取得済み^^;)
8月も明日で最後…もう秋、ですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

私としごと(と宝塚^^;)―6

ふざけたタイトルになっておりますがーー、これ以降は、宝塚との関わりに触れずして語ることはできませんので、あしからず…

自宅にMacを導入したのが1997年末。当時は、在宅で仕事をするならニフティ―サーブ、と言われていました。まだネットが普及していなかったあの頃。データのやり取りなどは、ネットを通すよりもパソコン通信の方が安全で確実と言われていたのです。わずか8年経っただけで、今では隔世の感がありますが。
ご存知の方も多いと思いますが、ニフティには膨大な数のフォーラムがありました。これも今では、ほとんどがネットに移行しているかと思います。
在宅ワーカーにとってまず門を叩くのは、在宅ワーキングフォーラム。翌1998年の2月頃でしたか、フォーラムに入会したのは。入って早々、壮絶なバトル…違う論争が展開されていて、在宅ワーキングの入口に立ったばかりの私はただ呆然。在宅ワーカーといっても幅が広く、フォーラムに集う人々の中には、私のような主婦に毛の生えたような人から、個人事業主として、ほとんど自営業とどこが違う?状態のプロまで、さまざまな立場の人がいたので、そこからくる価値観の違いが論争の原因でした。
おかげで、フォーラムで、在宅ワークについて、とても多くのことを学ぶことができました。
怖いもの知らずで、4月に入ってすぐ、オフ会にも参加して。自作の名刺も持って行き…。この辺の大人しいくせに積極的なところは、アイム仕込みの賜物であります^^;

在宅ワーキングフォーラムには、求人掲示板もあり、それも入会の大きな動機でした。ニフティの会員同士なら、という安心感もある世界で。
そこから、いくつか仕事を頂きました。もちろん、頂けるのは、個人で仕事をしている人が、自分では手が回りきらない分を回して下さるという、いわば孫受け、のようなものばかりでしたが。
なので、もちろんなかなか定期的に安定した量の仕事はなく、またこちらも慣れないものですから、一旦仕事が発生したら、納期に間に合わせるために、それこそ寝ることも食べることも忘れてパソコンの前に座り続ける…という状態に。
納期のことはもちろん、マシンが不調になったらどうしよう、ということも大きなプレッシャーになりました。何せ、パソコンには全く詳しくない私ですし、Macのことを訊けるような人も近くにいませんでしたし。
加えて、DTPにはとてもお金がかかる、ということもだんだん分かってきて。フォント一つが4万円台。しかも、同じ書体でも太さが違えば全く別物ですから、4万円台×一体何書体? ほんとうなら、マシンがクラッシュした時のために、予備のシステムを持つというのも、個人事業主なら必須事項でしたでしょう。

そんなこんなで、大した量の仕事もできず、PTAは忙しいし、在宅ワークの難しさも身に染みてきました。
ある仕事を頂いていた、有限会社の代表の女性宅に伺った時のことは、今も忘れられません。
普通のマンションの一室だったのですが、いまだかつて、あんっっっなに散らかっている家、というのは見たことがありませんでした@@ 台所は食器の山、押入れは開いていて、布団その他が雪崩をうっている、そんな中にMacが何台もあって、パソコン台にはみかんの皮…。上の子は保育園に行っていて、よちよち歩きの赤ちゃんが、微熱があるからと休んで家にいました。その子と、猫が、やたら人懐こくて…ーー。おまけにお母さん(=代表)は妊娠初期だった@@ 不動産のチラシの仕事をその時はもらったのですが、納期がないから最初は寝ないでやっていた、という話を聞かされ…
とても華奢で綺麗な人で、若いOLさんにしか見えないような方だったのですが、家で仕事をすることの大変さを目の当たりに見せつけられたといいますか。他にも小冊子の仕事とか頂いてギャラも良かったのですが、しばらく仕事が途切れたので連絡したら、電話もメールも不通になっていた………

一方で、この1998年4月、忘れもしない、宝塚との再会がありました。最初の観劇で雪組二番手のタータン(香寿たつき)に落ち、それはもう、恋に落ちた、としか言いようのない状態に^^;
仕事しててもPTAしてても時間はありましたから、過去のビデオを見あさったり、食欲が落ちて痩せるほどの、恋の病にーー;
そんな私の、ファン生活を大きく後押ししてくれたのが、同じニフティサーブのシアターフォーラム宝塚館、すみれ組だったのです。こちらでも、多くのことを学び…というのは、色々な面で、とても厳しい場所だったので。ここに長らく身を置いた者としては、ネットの世界は底知れない大海のようで、最初はとても怖かったものです。
すみれ組の過去ログをあさってどんどん知識を身につけ、同じご贔屓をもつファン仲間との交流…というか、先輩ファンの方々に巡り合い、貴重な友人をたくさん得ることができました。
そして、ブログとは違い、双方向のコミュニケーションが図れる場(そして、会員しか読めないという安心感もあり)に書き込みをすることによって、どんどんファンとしての自分を追い込んで行ったというか。すみれ組がなかったらあんなにディープなファンになっていたかどうか…

という訳で、私のMacも、いつしかすみれ組に割く時間が増えていきました^^;
そして、どんどん観劇にはまる生活になると、この、いつ仕事が来るか分からない、そして仕事が来たら最後、それに集中するしかない、というスタイルが、とてもストレスになってきたのですね。というか、そういうほど仕事自体も来なくなっていたし、かといって、積極的に営業をかけることも、自分の技術のなさと、宝塚と、二つの面で躊躇してしまい…
だんだん、やはり外に出て仕事をしたい、と思い始めました。せっかく揃えた設備はどうする、という未練はありましたが、ちゃんとやるためにはさらなる設備投資が必要で、しかもソフトはどんどんバージョンアップしないといけない、という状況では…、情けないけれど、早めに撤退して正解だったというところでしょうか。
折りしも、DTPが一般的になりつつあった時代で、単価はどんどん下がっていっておりましたし。
まあ、この時の経験も今に生きていますけれども。先日、書籍のレイアウト見本を作る際も、あーここにMacがあったら!すぐできちゃうのに!と思いつつ、久しぶりに紙の上でレイアウトしたり。すぐに結果が目に見えないのは物足りないわぁ…。今でもきっと、WordよりはQuarkの方が自由に使えると思いますが、今の会社はデザイン部門以外はwindowsオンリーなんですよね…

最後に、あれは翌1999年の6月頃でしたか、半年ぶり位に来たお仕事を断った時、まあ気は咎めたんですが、開放されたというか、とても気持ちが楽になって。いつ来るか分からない仕事を待つ、という生活はそれだけでストレスだったのですね(後年、違った状況で、また同じ気持ちを味わうことになりますが)。
さあ、外の仕事を探そう。でもそれがまた、なかなかうまくは行きませんでした…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.26

金曜夜の過ごしかた

この一週間もあっという間に過ぎ去り…、気がつけば、来週には9月がやってくる!
もう夏も終わり? この夏は早かったなあ…というか、夏に限らず、どかっどかっと月日が流れて行く、という感覚なのは、一週間が一単位の生活になっているからでしょうか^^;

さて、金曜夜の過ごしかた…一杯飲んで…てのは、お酒に弱い私にはできません。人生の楽しみの何分の一かを損してると思うけれど、ま、いっか。真飛さんも下戸だっていうから^^;(こらこら。脱線はそこまでーー)

ともかく、会社にいる限り、時に凍えそうなくらいーー快適な温度の中にいるのですが、今日は、退社して一歩外に出た途端、「あつい…」一挙に夏ばて。浜松町までちんたら歩く道すがら、東京プリンスHのビアガーデンで盛り上がる一団を横目に見つつ、駅に辿り着く頃には疲れ果てていて、京浜東北に乗ったら一つ空席があった!のをここだけは素早くゲット^^;、そのまま終点まで、しばらくはAERAを読んでいたけれでど、その後○十分はいつもながらに爆睡。

地元駅に着いて家に電話するも、留守電になっている。娘は予備校の自習室。息子は知りません。
夫は出張先から、あと40分もすればこの駅まで帰ってくる…のが分かっていたので、私はecuteで待っていることに^^
いや、このecute、なかなか遊べます。

イベントボックスといって、期間限定で次々お店が替わるコーナーがあるのですが、今はミッフィーの50th anniversaryをやっているではありませんか。ついポストカードを大量に買い込む…。前の星公演ではミュシャのポスカシリーズだった私、次の花公演はミッフィーで行こうかと突如思いついて^^;って、来年の話じゃんかよーー
このコーナー、次回はbuttons & beads エル・ミューゼだそうです。アンティークビーズですってぇ?見逃せない…。うう、作りもしないのに買い込んでしまいそうだわ…

夕食はカレーショップ トップスで。そう、あのチョコレートケーキで有名な、赤坂トップスのお店です。カウンター主体のお店で、いわゆる「おひとりさま」がほとんど。ちょっと素敵な大人の女の人が、ビールの小瓶を横にカレーを食べている…なかなかいい図ですが、もちろん私じゃありません^^; そういう人がいたの、お店に。

夫が来るまでにまだ少し時間があったので(あっちなみに、夫は新幹線車中で駅弁済みです)、can meet(キャミート)をのぞいてみる。ショップコンセプトが"キュートな大人の宝石箱"だそうで。うんうん。手頃な値段で、お洒落な小物が買える…。手頃だからってあれこれ買っていると、あっという間に5千円くらい飛びそうですけどねーー 時間つぶしには持ってこい、でも電車の待ち時間の衝動買いには気をつけましょう、て感じです。今度ここで、指輪を買おうと決意。お安いから^^ 観劇用に^^;
という訳で、時間をつぶしすぎて、夫の方が先に待ち合わせ場所に着いてました。
そこからタクシーで帰宅。やった^^v

帰宅しても、さすがにご飯関係を何もしていないので余力があり、洗濯物を片付けた後、コーヒーくらい淹れてあげようかと思うが…、やはり私では味に不足があろうかと思い、夫に淹れてもらいましたとさ。
そして、金曜夜は時間を気にせずPCに向かえる唯一の平日なので、こうして遅くまで遊んでいる訳です。…で、休日は起きられないのだわ。

何かぁ、すっかり主婦を捨てていますね、私ーー
明日は、一週間に一度のお掃除を頑張ります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

私としごと―5(BlogPet)

今日は、大きい記事や、記事も増えてきたので、「しごと関連の記事も増えてきたので、「しごと」
というカ.....
と、akoは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

今年の観劇記録(5月~8月)

1~4月は10回で、今年はこのペース保持、の予定だったんですよね^^;
さてどうなりましたことやら?

5月(0回)

ゼロですよゼロ! こんなことは初めてかも…?(ええ?!ーー)

6月(4回)

宝塚星組大劇場公演
 宝塚ミュージカル・ロマン『長崎しぐれ坂
 ショー『ソウル・オブ・シバ!!』-夢のシューズを履いた舞神-

羽山紀代美振付家30周年ダンシング・リサイタル
 「ゴールデン・ステップス―1975~2005―

宝塚花組東京公演
 ミュージカル「マラケシュ・紅の墓標
 グランド・レビュー「エンター・ザ・レビュー

劇団四季
 「オペラ座の怪人

7月~8月
 
宝塚星組東京公演(9回)
 宝塚ミュージカル・ロマン『長崎しぐれ坂
 ショー『ソウル・オブ・シバ!!』-夢のシューズを履いた舞神-

8月

東宝ミュージカル
 「モーツァルト!」(1回)

ええっと、14回ですか。
まーこんなもんですか。(去年のこの期は23回だった…なんてこと>_<)
これもひとえに、宝塚の全国ツアーに行かなかったことと、青年館公演がなかったお陰ですな。
それでも、星東宝は、予定より3回くらい増えてますけど^^;

さて、さらにペースが落ちると予想していた9~12月なんですけど。
チケットのあてがない公演も含めると、観たいor観るのは
宝塚関連が、雪組東京、宙組東京、月組東京、花組大劇、花組日生、星組青年館、雪組全ツ、でしょ。(かしげ青年館は、平日のみなので涙を飲んで断念する予定。星全ツも…パスしますごめんなさい)
タータン関連が、入江薫コンサート、クラブセブン、そして12月のストレートプレイ。
劇団四季のキャッツ。
オペラが、新国立劇場で「ニュルンベルグのマイスタージンガー」
あとは、コンサートだけれど、ウィーンフィルと、12月に読売日響の第9。息子の定演もあるわ。
コンサートを除くとしても、1公演1回として、12回あるではないか。やれやれ…(やっぱり遊び人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

宝塚関係の記事について

当ブログにお立ち寄り下さいまして、ありがとうございます。

当ブログでは、BlogPetについているアクセス解析を使用しておりますが、こちらに来て下さる方の中に、宝塚関係のワード検索で飛んできて下さる方が、毎日何人もいらっしゃることを、とてもありがたく、嬉しく思っております。
こちらのブログを始めました当初は、色々なテーマをすべてこのブログ一つに入れ込んでやっておりましたが、贔屓ができるとどうしても宝塚関係の記事が増えますし、思い切って、宝塚関係だけのブログ「花のみちの金木犀」を立ち上げました。それが、昨年12月のことです(以来、真飛聖さん関係の記事が、多くなっております…)

そしてこのたび、さらにブログサービスを変更して、お引っ越しを致しました。
新しいアドレスはこちらです。

検索で来て下さった方には、二度手間をおかけしまして大変申し訳ありませんが、ぜひ「花のみちの金木犀」ブログに飛んで頂ければと思います。よろしくお願い致しますm(__)m
なお、ココログは検索にヒットしやすいようですので、ブログを分ける前の記事は、もちろん移転はさせたのですが、こちらにも残してあります。それは「観劇関連(宝塚)」のカテゴリーに入っておりますので、よろしかったらご覧になって下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに…

今日は、1日家にいました。そして、3食作って3食家で食べました。何か、すごい人間らしい暮らしに戻ったような気がする…(爆)
振り返ってみたら、3週続けて、土日両方とも、夜に家にいなかったのです@@(もちろん、宝塚のためだけじゃありませんけどね)
平日夜は、息子はいらない、娘は予備校、夫は食べるか食べないか分からない…という日が続いていたので、ほとんど作らないで、出たとこ勝負の状態^^;
昼は、夏休みだからもちろんお弁当は作らないし。
最近は、朝ごはんも、娘はオールブランに牛乳かけて、あと果物とヨーグルトだけだし、息子はほんと気まぐれなので、勝手にしろー状態で私が先に出かけてしまうしで、夫と私の2人分しか、ちゃんとしたものを作らなくなりました。それも、私は時々寝不足で食欲なくて、卵はパス、とか。
だからもう、卵の消費量が、1週間1パックで足りる、という信じられない状況で。卵だけじゃありませんね。2人分なら、レタスも2枚、トマトは半分で足りるじゃないですかーー
かろうじて順調に減っていくのは、牛乳とヨーグルトのみ、という状態。

こーんなに料理をしない日々というのは、つわりで何カ月もまな板を使わなかった時以来じゃあなかろうかーー
まぁ、公演も終わったので、週末だけは、かろうじて料理ができるかな、という生活に戻れるかと…

こちらもなかなか更新できなくて、「私としごと」なんて、もう1カ月近くほったらかしじゃないですか。今日は…今日はまだちょっと、やることが色々あるので^^;
えっと、「花のみちの金木犀」ブログのお引っ越しが終わったので、リンクを新しいものに替えますね。
それから、こっちもテンプレート変えてみた(夫の評判は悪い^^;)
そして、5~8月の観劇記録を、まとめてみようかと…(だんだん公開できない状態に戻りつつあるかも@@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

今日も日比谷

今日は「モーツァルト!」夜の部のチケットを頼んであったのですが、開演が17時45分。定時に出ても間に合わないので、やむなく半休とりました。
時間がたっぷりあるので、シャンテシネで「マザーテレサ」見ようと思ったのですが、完売(*_*)じゃあ、ということで「宇宙戦争」に変更したのですが、これがとんでもなく、つまらなかった(>_<)
それで疲れたのか、連日の睡眠不足がたたったのか、せっかくの「モーツァルト!」、一幕は時々意識を失ってしまって大後悔でした。幕間にコーヒー飲んで、二幕は持ち直したのですけどね。
おまけに、何を勘違いしてたのか、今日は中川君だと思ってたら井上君だったし。ぼけてます。
うーん。作品としての感想どうこう以前に、天才モーツァルトの裏に隠された人間モーツァルト。そして、天才を家族に持った人々。というのは、確かに魅力的な題材かも知れないのですが、こう言ってしまうと身も蓋もないのですけど、私はあんまり興味ない、と思ってしまったのでした。むしろ、あんまりそういうことは知りたくないかもと。
彼がどんな人生を送ったかにかかわらず、彼の生み出した音楽そのものを、純粋に愛でたいと。その音楽自体が、すべてを語っているのではないでしょうか。
それは音楽に限らず、美術でも文学でも。芸術というものは全てそうなのでは、と思います。なんかすごい偉そうですけどね。クラシック音楽の海の中で生活してるような(オオゲサですけど(^^ゞ)環境にいる者の感想でした。「レクイエム」が聴きたくなった・・・
タータンについての感想は、トークショーで書き尽くした感があります。豪華なお衣裳ばっかりで、目の保養でした。
それから私、山祐さんやっぱり好きかも(^^ゞあの圧倒的な声量、つくづく気持ち良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.13

今夜は東京ドーム

十数年ぶりの野球観戦、ドーム球場は初めてです。球場といえば甲子園しか知らない私は、空のない球場なんて球場じゃない〜と、とても違和感ありましたが、試合が始まってみれば楽しかったです。何といっても「生」ならではの熱気というか。舞台にも通じるものがありますね(^-^)
なので、全然熱烈ファンでないくせに、3塁側外野指定席の熱気がうらやましかったりして(^^ゞ
試合は負けてしまったけれど、延長12回まで互角のいい試合だったし、片岡選手が花束もらうのも見られたし、楽しみました。
が、外へ出たら土砂降りの雨。地元の花火大会に行った娘が、びしょびしょになってお友達んちにいるのを迎えに行かねばなりません。おまけに明日は6時半に家を出ないといけない(>_<)なんてハードなお盆休み。って、自業自得?
以上、帰宅途中からモブログでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.08

トラそうめん(BlogPet)

akoは、大きいめんとかを注文しないのか知りません...
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.06

トラそうめん

200508061253000.jpg200508061254000.jpg

夫が会社の斡旋で注文したそうめんです^^; どれだけ需要があったのか知りませんが、お中元用の斡旋だったそうで。製造元、島の光のHPはこちらです。ご参考までに^^;
黄色は山芋入り、クチナシ色素で染めてある。黒は黒ゴマペーストですって。
ゆでたら…こういうのをゆでる時は、色別にさらに小分けにして、端を糸でしばってゆでて、色別に盛り付けたら綺麗なのょねぇ。そんな面倒なことするはずもなく、ばさっと一緒にゆでたから…とても写真に撮れる仕上がりにはなりませんでしたーー ゆでても、思ったより色は落ちませんでしたわ。

うちは、夫と娘がタイガースファン(いえ、夫は「タイガースファン」なんてレベルじゃありませんな、「トラキチ」です^^;)。息子と私は、そもそも野球に興味なし。
ま、これがあるから、お父さんは高校生になった娘とも2人して出かけられる訳で。娘はもちろんお父さんの影響でファンになったのですが、けっこうお祭り騒ぎが好きらしく?球場の雰囲気にもはまれるようです。

さて、今年も(は)快調に飛ばしてきたタイガース。ここへ来てちょっとペースダウン?ゆうか追いつかれて来てますけど、どうなんでしょうかね今年は。
でもね、タイガースって、毎年強かったらタイガースじゃない、て気がしません?^^; なかなか勝てないからこそ目が離せなくて、だからたまの優勝にあんなに盛り上がれる。ね、面白くないんじゃないの今年は?と娘に訊いたら、「うん。ドキドキ感がない」だって^^;;;
ただし、元祖トラキチ夫はそんなこと言いません。強いの結構、今年も全然大丈夫、と強気です。やっぱりこちらのが真正ファンでしょうかね~

…という訳で、今日のお昼はそうめん。4人家族なのに、果てしなく夫婦2人暮らしに近い食生活な今日この頃、特にお昼ご飯なんて休日の、家にいる時しか作らないから、こういう食材が特に減りません。
ところが、さっき実家からまたそうめんが届いた~。しかもこちらは徳島産のふっといので(ゆで時間6分。それでもそうめん?!)、なんと4.6kgもある@@
ぜったい減らない~T_T 実は、冷蔵庫に古いのがまだ入っていたりするのに…
ご近所に配り歩かなければーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »