« 東京タワーのバラ 3 | トップページ | 夏樹静子のエッセイ »

2005.06.04

衣替え

本題に入る前に、気分でまたテンプレート変えました。
どもうやっぱり暖色系が恋しいらしい…^^;

さて、もう、今日しかない!てことで、午後から私と夫の服を衣替え…の前に、まずは大整理しよう!と思い、資源ゴミ用の透明ビニール袋を手に、たんすの前に。
しかし…、結局あまり捨てられなかったーー やっとこさゴミ袋1杯分だけ。
本当は、もっともっと処分して、すっきりさせたかったのですが…
私の服って、大したものはないくせに、なぜか数だけはある。なのになぜ処分できないかというと、その中に、かなりの割合で、母からの貰いもの、があるからなのです。

元来私の母は、買い物好き。自分で持っている服の数もかなりのものですが、それでも毎シーズン新たに買う。ま、それは良いとして、買ったはいいけれど、「私にはちょっと派手やったから…」「ちょっと大きかったから…」というものを、私にくれるのです。それとか、自分で着ていたけれど、サイズが合わなくなったとか、理由は色々。
中には、ヒットするものもありますよ。それは重宝してるんですけど…
でも、重宝していた冬のジャケット。でも袖だけが短い…なんで?11号なのに…とずっと思っていて、こないだ訊いたら、「あっそれ、袖丈詰めたから」って…それ聞いた時は脱力しました^^;
まぁそんな調子で、元々が母の視点で、母用に選んでいるものですから、いくら彼女が若く見えて、歳より若いものを選んでいるといっても、私からみたら、少なくとも10年は後で着れるだろう、というものがほとんどーー;
だから、私のワードローブには、もう10年くらい前から、おばさまブランドのレ○アンとか、ごろごろしてるわけで。

やはり、貰ったものというのは自分が気に入って選んだものではないので、自分でも買ってしまう→ものが増える。という図式です。貰って結局あまり着ていない服たち…でも、「あれ、良かったやろ」と言われると、なんとも答えようがなく、捨てるに捨てられずーー;、クローゼットの中がそんな服で占領されることに。
いらなきゃ最初からそう言えばいいんです。「いらない」って。それが言えないんですよ~、気が弱い娘なんだーー;
私の娘だったら、ぜったいに私の服なんて拒否するので、最初からこっちもやろうとは思わないし、向こうもはっきり言うでしょう。
なんだかな~、私と母の親子関係を象徴しておりますが…優しい、とは言いませんよねこういうのは。

加えて、母がくれるものも、私が自分で買うものも、今まではいわゆる「主婦」の服でした。派遣で働く身になっても、対外的な仕事ではないので、別にそれで困ることもなく今まで来たのですが、こないだ急に編集会議(という名のお食事会)に出ることになり。
ビジネススーツなんて持ってません。買いましたよ、また。さらにモノが増えるし、出費もかさんだけど、来年、娘の大学の入学式について行ったら着れるから、と自分を納得させてーー
ほんとのビジネススーツは、短いタイトスカートまたはパンツスーツになってしまうので、まぁちょっとはおばさん入ってますが。

昔、(婦人の)友の会にいた頃、「服の持ち数調べ」をやったことがあり、まぁ主婦とはいえ、外に出ることの多い会員さんでも、少ない数でとてもそうは思えない多彩な着こなしをされている方がいらして、あこがれたものでした。
すっきりした暮らし…遠いものなのは、自分の性格にもよりますねぇ…
(私と違ってはっきりしてる娘は、どんどん買ってどんどん捨てる!それもまた何だかなぁ…ですが)

|

« 東京タワーのバラ 3 | トップページ | 夏樹静子のエッセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/4405982

この記事へのトラックバック一覧です: 衣替え:

« 東京タワーのバラ 3 | トップページ | 夏樹静子のエッセイ »