« 衣替え | トップページ | 今夜はステーキ »

2005.06.11

夏樹静子のエッセイ

何冊かあるようですが、図書館で「往ったり来たり」を借りてきて読みました。
夏樹静子というと「主婦作家」のイメージがありますが、文字通りそうだったのは、処女作「天使が消えていく」の執筆状況のみで、その後は立派な職業作家(なんて言葉があるのか?ないよな…)でいらしたのは言うまでもありません。
今回エッセイを読んで、夏樹さんの作家としての人生を垣間見ることができて、改めてそのことを感じたのでした。
子供を育てながら、あれだけの数の本を書き…、しかも、ご自身は就職の経験もない中で、取材の力だけであれだけの多方面の知識に溢れる作品を書かれたこと…それがどんなにすごいことか。

私は、夏樹さんの作品の、もちろん推理小説としての部分も大好きなのですが、それ以上に背景というか、綿密な取材に基づいて展開される世界、そのものが好きで…。それが楽しみで次々に読み漁り、多分短編含めて、ごく新しいもの以外は制覇しているはずです。
それと多分、文体と相性がいいんでしょうね。とても文章が好きです。
あ、どの本が一番お気に入りかと言いますと…これは、背景が好き、と言ったことと矛盾しておりますが、やはり、推理小説としての謎解き部分に「やられたー」と思った、「訃報は午後二時に届く」なんですけれど^^
夏樹さんご自身は、推理小説というジャンルでないものにも興味をお持ちのようですが、「白愁のとき」なんかはとても良かったけれど、やはり私は、推理小説だからこその魅力だと思うのですね、背景の豊かさも。

作品を語り出すときりがない…というか、読む側から忘れる人ですからーー、いずれ読み返せる日がきたら、WEB上で整理したいな~なんて、これも夢の一つですが。
さて、エッセイの中に、印象に残る文章があったので引用させて頂きます。
ひとつが
「過去や思い出は大切なものだが、人間はいくつになっても、これからどう生きるかしかないと思うのである。」
そしてもうひとつが、サン=テグジュペリの文章として引用されているもので
「大切なのは、どこかを指して行くことなので、到着することではないのだ、というのも、死、以外に到着というものはあり得ないのだから」
過去を慈しむタイプでない私にとっては、よけいに心に響く言葉でありましたが、ここで、次の記事から、ちょっと今までを振り返ることで、これから歩み出すきっかけにしようかと、思っております。

(テンプレートは試行錯誤中です…ころころ変わってすみませんーー)

|

« 衣替え | トップページ | 今夜はステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/4510491

この記事へのトラックバック一覧です: 夏樹静子のエッセイ:

« 衣替え | トップページ | 今夜はステーキ »