« ゴールデンウィーク日記6(BlogPet) | トップページ | 「英語力を身につける」 »

2005.05.20

兄妹の会話

昨夜、お父さんは出張で帰ってこないので、夜食卓で勉強していた娘。
そこへ帰ってきた息子。国語の勉強をしている妹をみて、国語は得意科目?だった兄が、古文の勉強法について娘にアドバイス。曰く、
「古文は、これこれこれこれ…(←覚えてない母^^;)だけは完璧にしとけ。そしたら、問題の半分はすぐに解けるから。残りはちゃんと文章読まないとできないけど、それ以外はぱっと見て解けるようになるから」
日頃、そんなことを妹に言ってるのを聞いたことがなかった私、思わず「わー、お兄ちゃんかっこいい(はぁと)」と手を叩いて褒めてやったのですが(私も阿呆な親じゃーー)
そこで娘の一言。
「ごめん、もう1回言ってくれる?聞いてなかった…」
そこで一同総崩れ。いつもながら、彼女のリアクションは面白い…(そんな問題か!)
お兄ちゃんに、もう1回繰り返す親切心がなかったのは言うまでもありません…ーー;
確か、「文法」とか「名詞」とか言ってたような気はしますけどね…

さて、今日は娘の高校の進路説明会でありました。
やっと娘もエンジンかかってきたかな、という感じの今日この頃ではありますが、大学受験の山を越えても、まだ、もっと大きな「就職」という山がある…ことを、日々感じている親でございます。
悪戦苦闘中?の息子をみていると、何事も、早くから目的意識をもって動く、ことが大事だとつくづく思います。
部活に明け暮れていても、それが就職の武器になる、と昔だったらほんの少しそんな可能性もあったかも知れないけど、今は皆無ですね。息子を見てるとそう思います。世の中甘くはありません。大学に入ったら、もうその先を考えて歩いて行かないと。
娘も、お兄ちゃんの姿をみて、何か学んでくれるかなぁ…
「手に職」「資格」が人気の昨今ですが、今日先生の言われていたことで印象に残ったのは、「一生の仕事」という言葉でした。例えば、女子に人気の幼児教育。でも現状を見る限り、「一生の仕事」にできる人は一握りでしょう…。
もちろん、「一生の仕事」というのは、同じ会社に勤め上げる、という意味ではありません。
転職が当たり前の若い人、そして、女の子は「仕事」という面ではより複雑な人生を生きることになりますし。
そんな中で、何か、見つけてくれればよいなと思うのですが…
(自分のことも書きたいのですが、それはまた後日に)

|

« ゴールデンウィーク日記6(BlogPet) | トップページ | 「英語力を身につける」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/4210827

この記事へのトラックバック一覧です: 兄妹の会話:

« ゴールデンウィーク日記6(BlogPet) | トップページ | 「英語力を身につける」 »