« 割り込み | トップページ | お父さんの出番 »

2005.05.03

ゴールデンウィーク日記4―大人の遠足2―見沼散策

ゴールデンウィーク中だから遠出してもどこも混んでるだろう、という予測のもと、地元なのにまだ行ったことがない見沼代用水を、この機会に散策してみようと出かけました。ネタ本は前回と同じです。
近いからとゆっくり出かけたので、東浦和駅に到着したのがすでに11時すぎ。しかも、駅をおりてひとしきり道に迷うーー 方向音痴なだけじゃなく、地図も読めない私ーー; 夫は後で地図見て納得していたけれど、私には何がなんだかさっぱり。我ながら諦めの境地。

さて、駅からすでに見沼代用水沿いの散策路を歩くものの(見沼代用水についての解説は、こちらに詳しいのでご覧下さい…と逃げる^^;)、途中「見沼くらしの博物館」(古民家が移築されています)のお庭の芝生でおにぎり食べたりして、写真の景色に辿り着くまでにすでに2時間近く経過。
20052005ここ一帯は、緑のトラスト保全第一号地として、護岸工事など行わず、昔の姿が保存されています。したたるような新緑の下をウォーキング。
爽やか…から「暑い」に至る一歩手前でしたが。
そして、今日の散策の目玉?総持院の牡丹園へ。
200520052005200520052005





ぶっちゃけ、あんまり大したことはなかったです^^; しかも、1週間ほど来るのが遅かったかと。
それでも頑張って、まだ綺麗なお花を選んで写真を撮ってきました。
1枚目の写真は、お寺の本堂と桐の花(←隣の親子のお母さんが、「あれは桐の花よ。上を向いて咲くのよ」と仰っているのを聞いて分かった)
いや、解説なしでは何の木か分かりませんでしたですが、桐の花というと、星野富弘さんの詩画のカードを持っているので(著作権の関係上、詩をここに紹介できないのは残念ですが)こんな風に咲いてるんだ、と初めて知って嬉しかったです。
桐はともかく牡丹ですが、夫には「どうせ(まと)ぶーの関係やろう」と見透かされておりまして(爆) 元々全く興味はなかったんですけれどね。続きは「花のみち」で(笑)

ガイドブックのモデルコースでは、ここからさらに埼玉スタジアムを経由して浦和美園駅まで歩くことになっていたのですが、軽く3キロはある。とてもそんな元気はなく、そうだこの近くから大宮駅行きのバスがある!とバス停に行ってみたらば時間が合わず、逆行きのバスで東浦和まで戻りました。
歩いたのは7キロ足らずかなぁ。どうやらそれ位が私の限度のようで。もう疲れた疲れた疲れた、とバスに乗りました。日頃の運動不足痛感ですなぁ…やっぱり日々1時間のウォーキングで鍛えておかないと。

さて、今回のコース、緑の中を散策&花を愛でる、は夫には少し物足りなかったようで。何が好きって、お城が好きな人なんですよね~そういえば。ならばやっぱり次回は「江戸城」しかないでしょうか?そう、皇居一周。これなら距離も短いし~ あじさいの季節に鎌倉も行きたいけれど。暑くならないうちに3回目を実施したいです。

|

« 割り込み | トップページ | お父さんの出番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/3964442

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク日記4―大人の遠足2―見沼散策:

« 割り込み | トップページ | お父さんの出番 »