« ゴールデンウィーク日記4―大人の遠足2―見沼散策 | トップページ | ゴールデンウィーク日記5 »

2005.05.04

お父さんの出番

娘ネタです。
この春高3になった娘。
一応大学受験生…「一応」の字のとおり、バイトはするわ(もうさすがに辞めるみたいですが)遊び回るわ、ゴールデンウィークもその調子で、さすがにちょっと目に余る状態。
昨夜、とうとうお父さんの雷が落ちました。
今までも、折に触れがみがみ言われていたけれど、あんな「目が覚めるような」怒られ方をしたのは…初めてかも知れませんねぇ、彼女は。
何で身が入らないのか、と問われての答。「やりたいことが見つからないのに頑張れない」
目標がないと頑張れない。う~ん。彼女の場合、裏を返せば目標があれば頑張れる。これは、彼女の成育歴を振り返ると、ほんとその通りです。

ちょっと脱線しますが小さい頃の話…。
そもそも、寝返りができるようになったのは、少しでも遠くにある物を取りたいから。つかまり立ちするようになったのは、少しでも上の物を取りたかったから。だから、歩けるようになったのは遅かったです。なぜなら、はいはいでダッシュしてそこで立てば良い。その方が速かったから、歩く必要を感じなかった。
絵本の読み聞かせもあまり喜ばず。いつのことだったのかは育児日記掘り起こさないと思い出せませんが、2、3日の間、絵本を片手に「この字なんて読むの?」「これは?」と、うるさい位私に聞いてきたことがありました。それでひらがなを覚えてしまった。「自分で読みたい」一心だったのですね。
自転車の補助輪を外す時も、一輪車に乗る時も、こちらがあきれる位とことん練習してマスターしてましたっけ。

そんな娘ですが、大きくなるにつれ…特に最近は、確かに目標を見失っているな、という感じはしていました。
確かに、高校生で確固たる将来の目標がある子は少ないかもしれません。しかし娘の場合は、それでも受験は頑張ろう、と素直に思えるほどには、勉強が好きでもなく、また勉強ができる訳でもなく、受験しない子も回りにいっぱいいる環境の中で、何となく流されている…という感じでしょうか。

私はというと、そんな娘を案じつつも、積極的には関われず…というか私は冷たい人間なんでしょうねぇ。
「見放す」というと言葉は悪いですが、横からただ見守っていたというところでしょうか。
ところが夫はそうは問屋がおろしません。昨夜の娘は、夫の前で涙を流しつつも何も反論できず。
子供って敏感ですから、親が叱るのが、少しでも親自身の面子とかのためだと感じたりしたら、反抗したり逆にキレちゃったりすることもあるでしょう。
しかし、昨夜の娘には、お父さんは本当に真剣に、自分のためを思ってこんなに怒ってるんだ、ということが伝わったかなと…怒られた後の彼女を見ていてそう思いました。そうであってほしいです。

夫は、私より人間が温かいんでしょうね。つまり、「見放せない」ってことです。
「お父さんの出番」、息子の時にもありました。彼の場合は受験とは関係ないところだったけれど。
娘は女の子ゆえ、反抗期らしいものもなく、それなりに親とも「うまく」やってきた感がありますが、それだけにあれだけ怒られたら応えたかなと。
「怒る」「叱る」というのは、実はとてもエネルギーの要ることだと思うのです。
こんなに怒って叱ってもらえるって、とても幸せなことなんだと、娘が気づいてくれたら良いのですが…

|

« ゴールデンウィーク日記4―大人の遠足2―見沼散策 | トップページ | ゴールデンウィーク日記5 »

コメント

>「怒る」「叱る」というのは、実はとてもエネルギーの要ることだと思うのです。

本当にそう思います。真面目に、真剣に向き合うほど。エネルギーを使わずして、見捨てるのは楽なものです。・・・って、子育てもしたことのない私が言うくらい(後輩の指導をしたときに感じた程度の経験です)だから、お嬢さんは、両親の真剣な思い、十分感じているはずですよ。
ああ、良いな~。なんか羨ましい(^^;;。

投稿: ゆい | 2005.05.05 02:58

ゆいさま
いやいや、お恥ずかしいです。
>>後輩の指導をしたときに感じた程度の経験です
「人を育てる」って大変なことですよね、子育てに限らず。
娘にも、ちゃんと伝わっていると良いのですが…
昨日も今日も、予定通り遊びに行ってしまったしな~
あとは夫共々、目は離さず見守る、って感じでしょうか。

投稿: 金木犀 | 2005.05.05 23:15

こんばんは^^
娘さんはあまり反抗期がなかったのですね。
うちの場合、ずーーっと反抗期でして、しゅっちゅう怒ってばかりです。
だから金木犀さんの「見守る」ことができたならどんなにいい母親かなと思います。

>私はというと、そんな娘を案じつつも、積極的には関われず…というか私は冷たい人間なんでしょうねぇ。


金木犀さんは決して冷たいというわけではなく、
お子さんを信じておられるからこそ、見守ることが出来るのだと思いますよ。

私はつい口出しばかりしてしまうので、日々反省です。

投稿: ぶんぶん | 2005.05.09 20:43

ぶんぶんさま

いやいやいや、そんな風に言って頂けると嬉しいですが、子供に限らず動物でも植物でも、ともかく命ある物を育てるのに向いてないんだと思う…私^^;

>>娘さんはあまり反抗期がなかったのですね
というか、息子が強烈でしたから、比較すると反抗期に限らず、おまけみたいに楽な子育てだったのですよ^^;
でも女の子はこれからが色々と大変そうです…ほんと、色々と(ため息)
また色々お話伺わせて下さいませね。

投稿: 金木犀 | 2005.05.09 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/3982302

この記事へのトラックバック一覧です: お父さんの出番:

« ゴールデンウィーク日記4―大人の遠足2―見沼散策 | トップページ | ゴールデンウィーク日記5 »