« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

東京タワーのバラ 3

200505311759000.jpg
これが撮った中で一番サイズの大きい画像です。でも、これよりさらに3段階、上の画像があるのですよ。
これでも、デジカメで撮った牡丹の写真と遜色ないでしょう。(あ、牡丹の方は、かなりサイズを小さくしていますけれど。えっと、40KBでした)
てことは、そんな画素数大きい携帯でなくても良かったってことかぁ?(画素数やら画像解像度やら画像サイズやら、よく分かってません…ハイーー)
一番大きなサイズで撮って、PCに取り込んだら(メールで送らなくても保存するものを買えばそれを使ってPCに取り込めるらしい)、紙に焼く用でも大丈夫かもね?やってみま…せんけど^^;
ともかく、ブログに載せる分なら、十分デジカメの代わりになると分かって嬉しいです。
ただ、添付画像を複数付けられるのは、サイズが10KB以下のもののみらしくて。さすがにそこまで小さくすると画質落ちるでしょうから(1が14KB、2が33KB、3が45KBです)、現実味ないですが(サイズとしてはあるみたいですけどね。今度やってみようか)
あと、FOMAにして嬉しかったのは、メールの文字数が10000バイト(全角5000文字)になったこと。これで、PCからのメールも分割されずに読めます^^
送る方もストレスたまらないですね。今度のムラ行きの折には、字数を気にせずモブログでご報告…できますが、それまでにメール打ちに慣れておかないと。今までの全角250文字だって、結構時間かかってた上に、勝手が分からずさらにのろくなっているので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーのバラ 2

こちらは待ち受け画像サイズ。
200505311800000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーのバラ 1

撮った中で、ファイルサイズの一番小さいものから 順に送ってみます。1枚ずつしか送れないみたいだから…
前の携帯で同じく東京タワーの薔薇を撮ったのがこちら。画像が溶けてる^^; こちらは約7KBですが、やー、さすがに随分違うものですね。
200505311801000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.30

モブログ実験

200505292100000.jpg機種変更したので実験です。まだ慣れないなぁ…でも、画素数のみで選んだ機種なので、デジカメ代わりに使えるかな?と期待。デジカメの写真は、パソコンに取り込んでサイズを加工してアップロードして…という工程が結構面倒なのですよね。たくさんあるならともかく、1枚だったらモブログで十分かなと。
でも、サイズが良く分からず、最初送ったものは文字幅一杯だった。半分に加工しました。撮る時気をつけないと、ですね。

ちなみに、写真は亀屋本店のまるごとびわゼリーです。びわが丸ごと4個も入っていて、とても美味。お値段も良いですが、1人1個はとても食べ切れませんから、この値段でも納得かも。
夫が、出張と重なっていて社内旅行に行けなかったので、代品としてお土産を貰ったのでした(積立金に比べたら、全然元は取れないわけですけど^^;)

ところで、私の機種変更は、娘の「買い増し」のついででした。
娘は、この4月に携帯をトイレにぼちゃん(でも入った途端で幸い^^;)、そして新規で買い替えたばかりだったのに、先週、今度は大雨の中で水たまりにぼちゃん…ーー さすがに携帯屋さんにあきれられました。
幸いFOMAカードが生きていたので、新規扱いではなく、新しい機械にカードを入れて使うことにしたので、1ヵ月半で解約するよりはましだったものの、普通の機種変の倍ほどお金がかかりましたーー
私もいい加減替えたいと思っていたところだったので、まぁ「2台割引」はきいた訳です。

物を落としたり、忘れたり、なくしたり、が日常茶飯事の娘ーー
朝、「行ってきま~す」と出て行った後、玄関の靴箱の上に、日によって携帯だったり財布だったり鍵だったり定期だったりが置き去りになっている…のを発見するたび、まだ呆けるには早いだろうにと信じられない私。
それでも、何を忘れて行ってもそれなりに生きていけてるのよね。それも私には信じがたいが…ーー
ちなみに、私が出勤途中のバスの中だった時、「おかーさん、定期も財布も忘れた(泣)」と携帯で電話してきたことがありました。あわてた私は、「お金渡すから改札で待ってて!」と向かったものの、娘は現われず。こっちは遅刻寸前になって新幹線通勤にーー あとで娘に問いただしたら、「定期忘れました」って言ったらそのまま通してくれたと。ま、制服着てたからね。「何回もメールしたのに」と怒ったのですが、地下ホームから電車が出るところで、繋がらなかったらしいです。もう絶対に、心配なんかしてやるもんか、と心に誓いましたよあの時はーー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.29

いま、「ヘキサゴン」中(BlogPet)

きのうはつばさ出演♪


もうお休み7日目ってことですか〜やはりたっぷりありますね。
さて、今日は午後とい...


*このエントリは、BlogPetの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

遠近両用眼鏡1周年

ちょうど、去年の今日、初めての遠近両用眼鏡を注文していたんだそうです。そうです、て^^;
実は昨日、眼鏡を拭いていてぐらぐらにしてしまったので(だから縁なし眼鏡も考えもの。確かに見た目綺麗ですが、ねじがゆるんでとか色々、調整に行ったのはこれで何回目?!て感じですーー)、仕事帰りに眼鏡屋さんに寄ったのです。そしたら「ちょうど1年ですね!」と言われたのでした。
1年たっても、慣れたといえるのか…すべての領域が綺麗に見えることは、そもそもどうやっても不可能なことなので仕方ないのですが、相変わらず見にくいことは見にくい。
ぐらぐらでは使えないので、今日は会社には、以前使っていた単焦点の眼鏡をして行きました。グラデーションになっていないだけで、まぁ何て楽。でも遠くが全く見えないーー。手元も少し見にくい。強いて言えば、中距離用に使えるかな?て感じです。

そして、もう閉店時間も迫る中、今日はついでだから!と、とうとう遠距離専用眼鏡を注文してきてしまいました。
「両用だと不便ですか?」と心配げな店員さんに、「いえ、舞台を観る時専用に…」と説明したら納得して頂けました^^;
なので、フレームもレンズもなるたけお安いものを、選んだつもりなのに結局3万円強…
でも、あんまり安っぽいのにしなくて実は正解でした。だって、舞台を観る時だけなら真っ暗だからほんとに何でも良いけれど、考えてみたら、もう一つ使い道があった。それはお茶会(爆) で、握手会になったら遠近両用にかけ替えるのよ(大爆)
はい、2週間後に迫ったムラ行きに間に合います。これでもう、1階席で観る時、思い切りあごを引かなくてすみます。座って芝居された日には、ほんとやめてくれぇ~て感じだったので…(汗)

えっと…これで、普段かけるのが遠近両用。仕事用が近近眼鏡(一応グラデーション)。観劇用が遠距離専用(ちなみにこれは、1.2にしてもらったら引っくり返りそうだったので(座って使うものとはいえ)、1.0で作ってもらいました)。そして予備が中距離用?
そのうち老眼がもっと進んだら、今は会社に置きっぱなしにしている近近眼鏡を持ち歩かないといけなくなるでしょう。今日検眼したら、近視は1年前より進んでいませんでしたが、老眼は3段階!進んだと言われたので…ーー;
こうして、年を取るにしたがって持ち歩く荷物が増えるのね。
今の仕事を天職と思っている私ですが、眼がどこまでもつか、だなぁと思います。眼は大事にしなくては…(舞台が見えなくなったら、老後の、いいえ生きてる楽しみが←アホ)

それと、眼鏡のデザインですが、上下の幅はある程度あった方が見やすいですね。横幅は顔の幅より出ないように、といわれます。いまの遠近両用、微妙に大きいかも。今日作った眼鏡は、オペラグラスをぎゅーと当てることも考え、フレーム全部ありのデザインにしました。
来年あたり、遠近両用も2つ目を作らないといけないでしょうか。結局コンタクト時代よりお金かかっているかも…ーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

カーテン騒動終了

週半ばにリビングのカーテンが届いていたのを、今日やっと付け替えました。
cremonaあれからデパートのカーテン売り場とか見に行って、種類は少ないけれど「趣味」のよいカーテンを多々発見、少し落ち込んでいましたが(まぁ、お値段もよいですけど)、かけてみたら、値段を考えたら結構良かったかも、と満足満足^^ 何といっても、スピーカーと色がよく合っているぢゃないですか。私って何て夫孝行…(自画自賛?)
やっぱり、オーダーカーテンはヒダが3ッ山なので豪華に見えますね。この先引っ越してまたカーテンを新調することがあったら、やっぱりサイズが合ってもオーダーが良いかも…安いお店探して。
古いカーテンを外したら、おそろしい程のほこりを吸っておりましたーー;
ネットで調べたカーテンのお手入れ法によると、カーテンも1週間に1回は掃除機をかけるようにと(もちろん吊るしたままでね)私にはそんなこと絶対にできないので、まめに洗うしかないんでしょうか。
もちろん、今回は洗濯機で洗える生地にしたのですが、カーテン売り場のおじさんによると、洗える生地でも、できるだけ水洗いはしない方がいいんですよ本当は、とのことでしたが。。。
洗い方も調べたら、ちゃんとヒダたたみにして、軽くしつけをかけて(!)ネットに入れて洗う、と。それでヒダの中の汚れは取れるのか?と思っちゃいますけど^^;

出窓のレースカーテンが、すこーし長かった(悲) 前回短かったので長めに頼んだのですが…ほらーやっぱり、採寸は苦手ーー 早く洗って縮ませないと?

これで全部屋新しいカーテンになりました。
このマンションに入居した時オーダーを頼んだカーテン屋さんは、カーテンは全部屋同じものにした方が良いですよ、とアドバイスしてくれたんです。なんで?と思い、結局子供部屋だけはあるものを使ったり違うものにしたりしたけど、今回は全部屋違うカーテンに。
それで分かりました。リビングはひとり南向きだから良いんですけどね。
あとの3部屋は、西向きに廊下に沿って並んでいます。夜はともかく、西日の入る午後。廊下から順番に部屋を見ると、西日にカーテンが透けて、北側の納戸部屋は、思った色がなくて黄緑の部屋(「花のいそぎ」ポスターの篁の衣裳と合わせた訳ではありませんが…^^;あんな色)、まん中の息子の部屋は、海の底か?みたいな青い部屋。これで娘の部屋が、最初の予定通りピンクのカーテンだったら…ここはどこぞのラ○ホテル?状態になっていたところでした^^;;; 娘が気が変わってクリーム色にしてくれてまだましでした^^;
今までなんでその状態にならなかったのか考えてみたら、子供部屋が2部屋とも遮光カーテンだったからだわ…

あとは、リビングのカーテン生地を余分に買ったので、それでダイニングチェアを張り替えて、クッションカバーを2個作ろうと思います(考えてみたら、そんなことに使うには、カーテン生地ってとんでもなく高いですよね。65%引きはカーテンに仕立てる時だけ、と言われて焦ったもの)。待って。ファスナーの付け方忘れた…ーー ファスナー使わなくて良いカバーの縫い方、調べます。これはまだまだ、とりかかれないだろうな…公演始まっちゃったし…は?何の関係が^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事と上司(BlogPet)

きょうakoは、ここへ金木犀が出勤された!


きょうakoは、ここまで金木犀が救助ー!金木犀で捜索するつもりだった?金木犀...


*このエントリは、BlogPetの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

「英語力を身につける」

高橋祥友著、講談社現代新書。
図書館で借りてきた2冊目です。あっという間に読みました。
最近わけあって(わけについてはまた後日…)英語を、何とかしなければと思っております。
いえ、ほんとはいま何とかしないといけないのは、受験生の娘でしょうけどね、でも私自身のことです。
毎日英語の本を横に置いて仕事している…にも関わらず、もちろんリーディングもかなり怪しいけれど(ライティング力は皆無だろうし)、ともかく、リスニングとスピーキングがまっっったく出来ない人なのです。冗談じゃなく、ひとっことも喋れませんーー;
長い人生、この問題をずっと避けて通ってきましたが、ここへ来て、そうも言ってはいられなさそうな状況に陥ってきまして。これを機に、せめて40代のうちに、英語を何とかしよう、と思い立ちつつあります。(またブログ利用の有言実行目指してます^^)
それで読んでみたこの本。いや勉強になりました。
なんとなく、お金かけてマンツーマンの英会話教室に行くしかないか?とか思っていた安易さをまずつぶされ。
受け身の姿勢でいくら通おうが効果はないと。
すでに「スピー○ラーニング」挫折経験が過去にある身ですが、「聞き流すだけで身につく」なんてうまい話はあり得ない、という当たり前のことも再確認させられ。
かなりな積極的努力が必要ってことです。当然か。

しかし読み終わってとても印象に残っている文章。引用します。
「どちらかというと内気で人間嫌いな人というのは、英語がなかなか上達しないのではないかと私は考えています(もっとも、辞書をこつこつ編纂するなどというのは別かもしれません)」
これって私のことかよー、と思っちゃいましたよ、仕事内容からして^^;;; 辞書ぢゃないけどやってるのは。
もちろん、私は人間嫌いな訳ではありません。でも、おひとりさま大好きだし、人見知りはするし、どんどん積極的に交友を広げちゃう、という外向的な人物でないことは確か。「物静か」なイメージでしょうか…どっちかいうと。
子供の友達のお母さんでサモア出身の方がいるのですが、とっても日本語上手な彼女は、とってもお喋り大好きな人なのです。彼女を見ていて、やっぱり社交的=語学上達の鍵、とは思っていたのですけど、やっぱりねー。
「伝えたい」「関わりたい」という気持ちがないと、そもそも「話す」必要性がない訳ですものね。

今日、読み終わってから美容院に行ったんですけど、本の中に、アメリカ人と日本人では「沈黙」のとらえ方が違う…アメリカ人には、黙っていることがとても不自然にうつる…というくだりがあったものですから、美容師さんとの雑談で早速実践してみることに(もちろん日本語ですけどね!) 馴染みの美容師さんはとても話しやすい方なので、いつも何かしら話をしますが、カラーしてくれたりする若い美容師さんとは、いつもは積極的には話さないのですが、今日はできるだけ話を絶やさないようにしてみました。美容師さんというのはとても聞き上手な方たちですから、気分よく聞いてもらえますが、それにしても、何だか途中から、「これは本当の私じゃない!」て気がしてきました…一種「躁」状態とでもいいますか^^;;;

んな訳で、性格上からしてもなかなか山は高そうですが、ともかくまずはリスニングから、と思って、NHKラジオ講座のテキストを見に行きました。そこで目に止まったのが、「レッツスピーク」です。あえてテキストは買わず、さっき早速放送を聴いてみました。
そしたら、やっぱり最初はほとんど聴き取れないのですが、ほんとにしつこく(5回は)繰り返してくれるので、最後にはある程度聴き取れるようになっているのを発見。これはいいかも。しかも、本に書かれていた「シャドーウィング」という手法も取り入れられているし。
でも、テキスト見た時点で、リスニングは終わっちゃうような気もするが…
まずは耳を慣れさせるということで。
来年のセンター試験から英語はリスニングが入ることが決まっているのだから、娘も一緒にリスニング。頑張ってみましょう~


| | コメント (2) | トラックバック (1)

兄妹の会話

昨夜、お父さんは出張で帰ってこないので、夜食卓で勉強していた娘。
そこへ帰ってきた息子。国語の勉強をしている妹をみて、国語は得意科目?だった兄が、古文の勉強法について娘にアドバイス。曰く、
「古文は、これこれこれこれ…(←覚えてない母^^;)だけは完璧にしとけ。そしたら、問題の半分はすぐに解けるから。残りはちゃんと文章読まないとできないけど、それ以外はぱっと見て解けるようになるから」
日頃、そんなことを妹に言ってるのを聞いたことがなかった私、思わず「わー、お兄ちゃんかっこいい(はぁと)」と手を叩いて褒めてやったのですが(私も阿呆な親じゃーー)
そこで娘の一言。
「ごめん、もう1回言ってくれる?聞いてなかった…」
そこで一同総崩れ。いつもながら、彼女のリアクションは面白い…(そんな問題か!)
お兄ちゃんに、もう1回繰り返す親切心がなかったのは言うまでもありません…ーー;
確か、「文法」とか「名詞」とか言ってたような気はしますけどね…

さて、今日は娘の高校の進路説明会でありました。
やっと娘もエンジンかかってきたかな、という感じの今日この頃ではありますが、大学受験の山を越えても、まだ、もっと大きな「就職」という山がある…ことを、日々感じている親でございます。
悪戦苦闘中?の息子をみていると、何事も、早くから目的意識をもって動く、ことが大事だとつくづく思います。
部活に明け暮れていても、それが就職の武器になる、と昔だったらほんの少しそんな可能性もあったかも知れないけど、今は皆無ですね。息子を見てるとそう思います。世の中甘くはありません。大学に入ったら、もうその先を考えて歩いて行かないと。
娘も、お兄ちゃんの姿をみて、何か学んでくれるかなぁ…
「手に職」「資格」が人気の昨今ですが、今日先生の言われていたことで印象に残ったのは、「一生の仕事」という言葉でした。例えば、女子に人気の幼児教育。でも現状を見る限り、「一生の仕事」にできる人は一握りでしょう…。
もちろん、「一生の仕事」というのは、同じ会社に勤め上げる、という意味ではありません。
転職が当たり前の若い人、そして、女の子は「仕事」という面ではより複雑な人生を生きることになりますし。
そんな中で、何か、見つけてくれればよいなと思うのですが…
(自分のことも書きたいのですが、それはまた後日に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

ゴールデンウィーク日記6(BlogPet)

きのうはここへ宅配された!


ゴールデンウィーク中だから遠出してもどこも混んでるだろう、という予測のもと、地元..


*このエントリは、BlogPetの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

いま、「ヘキサゴン」中

「宝塚男役スター大会」てことで、今日の出演者は愛華みれ、真琴つばさ、香寿たつき、姿月あさと、匠ひびき、汐風幸の6人。
最初に「宝塚ファン100人にききました」コーナーが2問あって、
「彼氏にしたいのは?」1位は真琴つばささん。
「お嫁さんに向かないのは?」1位も真琴つばささん^^;
これって、すなわち一番男役冥利に尽きることですよねぇ^^
ちなみに、タータンは「嫁に向かない」が6位だったんですよぉ。
いや、見た目オフは可愛いからねぇ。そこまでファンは知っている、と。
でもね、お料理は得意じゃないみたいですけどね…そこまでは一般ファンには知られていない、と^^;
チャーリーがふっくらしちゃって、あのシャープさはどこへ?て感じ。しかもミニスカートだし@@
隣のこうちゃんが、ひとり肩出しドレスなんですが、まぁ華奢なこと。あんなに細い…というより、女の子体型だったとはね~
タータンは、卒業後のいつものイメージですね。スタイリストが良いのか、卒業してからあんまりお洋服で外してると思ったことないのが嬉しい。

…と、何で暇そうにTV見てるかというと、いま洗濯中ーー
月曜日から怪しかった脱水が、火曜日には致命的に。ガーッと大音響の異常音の中、何のキーも受け付けず回り続ける脱水槽。コンセント抜きましたよーー
で、今日の夕方来てもらった(故に仕事は早退)のですが、実は去年のちょうど今頃も、脱水の不具合で修理してるんですよね。そうしたら、修理部品の保証期間は3ヶ月なんですが、何と、部品代と出張料をタダにしてくれて、技術料のみの請求にしてもらえました^^ 約半額で済みました。何てラッキー(嬉)
HI○ACHIさんありがとう^^
こちらのメーカーは、去年修理依頼の電話をかけた時から思っていたのですが、応対が完璧で、とても感じが良いのですよね。電話に出る方も修理に来る方も。
これだと、今度買い換える時もこのメーカーにしよっかな~とか思うじゃないですか^^
さー干さなくちゃ。
しかし、今朝洗濯しなかったら家を早く出ることができました。これから夜に洗濯しようかなぁ…

ちなみに、いま一人です。
息子はバイト。娘は予備校。夫は飲み会。たまに私が早く帰って来る日はこれだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

東京タワーの薔薇

東京タワーのばら東京タワーの駐車場フェンスには、一面に薔薇が絡ませてあります。
ゴールデンウィークが終わった今日、通りかかったら薔薇が綺麗に咲き始めていました。まだ蕾も多いので、これからしばらく楽しめるでしょう。
今度行く時はデジカメ持って行こ…
携帯買い換えたいよ~カメラ機能の充実したものに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

ゴールデンウィーク日記8

連休最終日の今日は、娘の予備校の保護者会へ。
開始3分前に会場に入ったらば、もう後ろの方の席しか空いていない…
始まったら回りのお母さんたちは(お父さんもいらっしゃいます。お父さんだけ、という姿も)がーっとノートを取っていらっしゃる@@
いややっぱり気迫が足りないか…?と圧倒され、でも右隣のお母さんがこっくりされていたのにちょっと安心したりして^^; (私は一体何をしに行ったのだーー)

さて、帰りに、駅前に出来て1年以上経つ「シーノ大宮」にようやく足を踏み入れました。一度来ようと思いつつ、いつもバスの窓から見るばかりで…
この中に図書館があるんです。
今まで図書館というと、ウチからは車で15分ほどかかり、以前はよく利用していたのですが、仕事がフルになってからはさっぱりご無沙汰でした。平日も7時で閉まってしまうし、土日も何かと忙しくなかなか行けなくて。
この駅前(といっても少し歩きますが)図書館は、平日は夜8時まで、土日祝も6時まで開館しています。(その代わり朝は10時から。開館している長さは皆同じなんですね)
これなら仕事帰りにも利用できるじゃないか~ということに、今日行ってみて初めて気付きました。

それで、久しぶりに本を借りてみました。
私は時間をかけて読む方だし、読める時間も限られているので涙を飲んでとりあえず1冊だけ。
実は、以前はたくさん借りても読めず、返しに行け(行か)なくて、延滞常習者でありました…。最近図書館員の方のブログを拝見したりして、いたく反省しております。
という訳で、1冊読んだらまた借りに行くことにしました。

図書館で本を借りる良い所は、色んなジャンルの本を読めるということですね。本屋さんに買いに行くと、そもそも文庫本しか買わないこともあり、どうしても小説に偏ってしまう。
子供が小さかった頃、小説を全く読みたいと思わなかった時期があって、その時は図書館でノンフィクションを借りまくっていました。
今日も、どうせなら文庫では読めない本をと思い、沖藤典子さんの「女ざかりの居場所さがし」を借りてきました。
出版されたことは知っていて、興味を持っても、機会がなくてつい読みそびれてしまっていた本の一つです。
他にも何冊かそういう本を見つけたので、またおいおい。

そして、小説の中でも、今まで通っていた図書館では、浅田次郎や宮部みゆきは、そもそも書架に1冊もない!状態でしたが、結構あるのも嬉しい。図書館でほぼ全冊制覇していた夏樹静子も、何年か行かないうちにまた何冊か増えていて、これもおいおい借りましょう^^

問題は、単行本は持ち歩きにかさばるということですが…
この頃色々お洒落なのが出ているブックカバー。これの単行本サイズを探してきて、なんとか楽しく持ち運びましょうか。
あ、もちろん文庫本も貸し出しされています。が、こちらは借りたらほんとに忘れてしまいそうで…ウチにある文庫本と紛れてしまいそうだから、用心して借りないことにします…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク日記7

もうお休み7日目ってことですか~やはりたっぷりありますね。
さて、今日は午後というか夕方から出掛ける予定で、また休日の常で掃除で昼になってしまったけれど、一応予定通り食器棚の整理&掃除はする。
やってみたら、1時間ちょいあればできるじゃないですか~。なんだ。
処分する食器はそんなにない…つもりだったけど、やっぱり45Lのゴミ袋半分位は出ましたね。
棚を拭いて並べ直し、ガラスは洗剤を付けたスポンジで洗うがごとく。
ウチのリビングは、オーディオセットとCDラックと本棚で壁が埋め尽くされているので、普通のお宅のようにサイドボードなるものを置くスペースがありません。なので、食器という食器はすべて台所の食器棚に収納。
でも、マンションを購入した時に買った食器棚、こんなに長く住むとは思わず、いつかリビングに置くこともあろうかと、そうしても似合うデザインにしたのですよね。でもガス台の向かいに置いてあるので、どうしても油汚れが散っていて…。ガラスは洗えば取れるけど、木目の部分はいまいち綺麗にならないな~
すっきりと綺麗になり、スペースも少し空いたけれど、だからってまた買い込まないようにしないと…。ま、今はあんまり「料理」に興味が向いていないので大丈夫でしょうか^^;

夕方からは池袋へクラシックのコンサートを聴きに。オケを聴きに行くのは私は久しぶりでした。
早目に着いてメトロポリタンプラザの「西安餃子」でお食事。ここは、タータンの「天翔ける風に」再演の時に何度か入って気に入っていたお店。
そう、東京芸術劇場といえば、タータンつながりで中ホールには随分通いました。「天翔ける風に」に始まり、「屋根の上のヴァイオリン弾き」、そして昨年末の「…and the World Goes 'Round」
でも大ホールは今日が初めて。あのながーいエスカレーターに一度乗ってみたかったので(笑)夢が叶いました^^;
パイプオルガンもとても豪華ですね。今度は、あのオルガンが演奏される時に来てみたいな…
演奏会については、また夫が書くと思うので私はばっさりカット。
ただ、知ってる曲では眠くならないけど、良く知らない曲だと私はやっぱり辛いんだと…ーー
あと、お席が2階だったので、管楽器までよく見えて、なかなか良かったです。
「コリオラン」の出だしの指揮がどうしても分からなくて…、何で指揮者が指揮棒を振り下ろした一瞬後に音が出るのかと…ーーそしたらドイツのオケでよく使われる指揮法らしいです、夫いわく。
最後のベートーヴェンの交響曲7番はよく知っている(つまり、ウチでしょっ中かかっている)曲でしたので、しっかり聴きました。ライブってやはり良いですよね。指揮者やオケのメンバーの熱気が肌で感じられるところが。
たまには聴きに行くのもよいな~と思いました。でもやっぱり知ってる曲限定、またはちゃんと予習をして耳慣れておくことが前提でしょうか、私の場合は。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.06

仕事と上司

今日は、2日よりは電車もいくらか混んでいたような。来週に向けて、今日から出勤、という人も多かったのかな。
私はというと、2日と同じく今日も眠かったけれど、気持ちの上ではしっかりお仕事モード。
というのも、いままでやっていた本はちょっと置いといて(戻ってくるものが戻ってこないとやれることがない)、また新しい本の原稿を渡されたので…
派遣ゆえあまり仕事のことは書けませんが(正社員でも同じかな)、まったこの原稿が…すごーく前途多難な予感がして気持ちの上では目が覚めたというか(苦笑)

私は派遣なので、もちろん責任は持たされないわけですが(責任をとるとしたら、それは更新して貰えないという形になるでしょう)、職場によって上司も色々、学ぶことが多いです。

今の職場の前の職場のお話を少し。
そこは派遣がとても多くて、時間もタイト、常に緊張感がみなぎっていて。
私は、前任者が急に辞めた後のピンチヒッターに入りました。
(やっぱキャリアというものがないので、いつも始まりはピンチヒッター)
期日のある仕事で、派遣も土日出勤があったりしてかなり大変な職場で、私の付いていた上司はかなり職場では問題児っぽい人だったのですが(遅刻が多いとかすぐいなくなる(爆)とか)、私は実は、この上司にかなり救われました。
というのも、いついつまでに仕上げなきゃいけないのにまだこんな状態だ!と焦りまくる私たち派遣に対し、彼はいつも余裕しゃくしゃくというか、すごい言葉は悪いんですけどいつもへらへらしておられまして(大変失礼)、何とかなるよ~状態で。結局、会社的には何とかならんとこまで行ったのか私たちには詳しいことは分かりませんが、上司までが血相変えて「早く、早く」と焦る姿を見ることは、最後までありませんでした。
その職場で、違う上司に付いていた派遣さんが、ぴりぴりした雰囲気がこっちまで伝わってくるその上司の下で大変そうなのを見ていましたので、実際私たちも仕事が大変なのは同じだったけど、精神的には随分違ったと思います。

今の職場でも、多分、上司はずっしりと重い責任を負って、実は結構ぎりぎりな線をわたりながら1冊1冊の本を仕上げている状態だろうと思うのです。多分、私だったらすごいストレス溜まりそうな(私には出来ないってーー)
しかし、こちらはへらへらはしておられませんが^^;、いつも実に落ち着いて色んな状況に対応し、筋道立てて順序良く、物事を処理していかれます。
共通しているのは、決して焦った姿を部下に見せないことですね。これって、「できる上司」の大事な条件の一つではないかと思います。上司の雰囲気一つで職場の空気が決まりますからね~

さて、今日は真面目な仕事のお話を書いたのに、最後に思いっきり話を落とします。
実は、タータンがトップだった時、確か、「プラハの春」のグラフの何人かのトーク記事で、瞳子ちゃんか誰かが、お稽古が間に合わない状態ですごい大変だったけど、「タータンさんが最後まで笑ってたから、何とかなるかと皆思ってた」という意味のことを仰ってたのが印象に残ってまして。トップさんがキリキリしたら組中大変だものね。
タータンが、前の職場の上司タイプだったのか今の職場の上司タイプだったのかは知りませんけど(笑)、良いトップさんなんだろうなーとその時思ったのです。大変失礼致しました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

ゴールデンウィーク日記6

三連休最終日。
今日は朝から色々片付けものをしたり、生協の個人宅配が届く日なので荷物をしまったり、雑用であっという間にお昼に。やっぱり朝起きるのが遅いから休日ははかどらないのだろうか。でも、何時に起きても、いつも週末は家事が一通り終わるのが昼になってしまう…なぜ?ーー 多分、あっちもこっちも目について、色々横道にそれながら家事をするからなんでしょうねー

午後はちょこっとお出掛けしてしまったので、今日は大掃除関連はお休みです。
毎日毎日、がっしりと「休日予定」に縛られているのも(それが遊びにせよ掃除にせよ)あんまり良い状態ではないですよね。今日は久しぶりにゆっくり「休日」したって感じでした^^
明日はお仕事。体が、かんっぜんにお休みモードに浸り切っているので、明日は職場でどうなるのだろうか。さすがに出てきている人も少ないですしね、全体にのんびりムードが漂っているかも?

あと、連休中の予定としては、食器棚、洗車、衣替え、とあるのですが、土日とも一日中じゃないけど出掛ける予定が入っているので、どこまで消化できるか?
ま、土日はまだまだあるし。とりあえず暇そうだし。来週に向けて体内リズムを戻しながら、無理せず行きますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福知山線脱線事故から3日(BlogPet)

きょうakoは、ここまで金木犀が救助ー!
金木犀で捜索するつもりだった?
金木犀とここに終了するはずだったの。
金木犀は事故へ活動しなかった。
きょう、活動されたみたい…


akoは、コーラスっぽい演奏したよ♪桜満開。
そしてはなまつり。
同じ職場で、..


*このエントリは、BlogPetの「ako」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

ゴールデンウィーク日記5

「花のみち」のテンプレートを替えたついでに、こっちもリニューアルしてみました。
向こうがピンクピンクしているので、こちらはクールに行ってみようかと(笑)

さて、今日は冷蔵庫の大掃除をしました。
食品の整理はともかく、中身を全部出して外せる物は外して洗って、庫内も外も拭いて…というのは、かな~り久しぶりです。恥晒しますが、この前いつやったか思い出せませんーー
それでも、ほとんどは「想定の範囲内」の状態で、唯一、チルドルームの引き出しの下が「想定外」に汚れていたかなって感じです。
が。「冷蔵庫の手入れ」で検索かけて、家電メーカーのサイトを見ていましたら、私の今日やったようなことは「月に一度」は行うべきことだそうです。ちっとも大掃除ではない。
年に一度の大掃除では、冷蔵庫本体を動かして、設置場所の床面や壁面はもちろん、冷蔵庫の背面なども綺麗にするんだそうです。
…何かますます、母親失格に加え主婦失格ーー

「掃除きらいー」と言いつつ、午後からひたすら掃除している私を見て、夫が「お前、毎日家事ばっかりやったら気ぃ狂うやろうなぁ」と…
まぁ、仕事していなかったら、わざわざ夫のいる休日にこんなに掃除ばっかりしませんからね、目についたんでしょうけど^^;
仕事に出る前と今とで、私の家事の負担量が変わった訳ではないのですが(より手抜きになったとは思うが)、「家事ばっかり」でなくなった楽さというのは確かにありますね。
単に家事から逃げてる、というか見ないようにしているだけ、という気もしますけど、本当に、平日は仕事があるから掃除しなくてよい、という大義名分はありがたいかも^^;
そのために、私は仕事してるのかも知れません…それが正しいことかどうかは分かりませんが。

さて、台所周りのお掃除も、今日で3日目。連休中にもう1日、食器棚の整理&掃除をやって予定完了。でも、実は今年は手をつけていない部分もあるのです。なんで台所だけで、こんなに時間かかるのよぉ(泣)
1日3時間見当しか時間はかけていませんけど…というか、とてもそれ以上は、掃除するのに耐えられないーー;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんの出番

娘ネタです。
この春高3になった娘。
一応大学受験生…「一応」の字のとおり、バイトはするわ(もうさすがに辞めるみたいですが)遊び回るわ、ゴールデンウィークもその調子で、さすがにちょっと目に余る状態。
昨夜、とうとうお父さんの雷が落ちました。
今までも、折に触れがみがみ言われていたけれど、あんな「目が覚めるような」怒られ方をしたのは…初めてかも知れませんねぇ、彼女は。
何で身が入らないのか、と問われての答。「やりたいことが見つからないのに頑張れない」
目標がないと頑張れない。う~ん。彼女の場合、裏を返せば目標があれば頑張れる。これは、彼女の成育歴を振り返ると、ほんとその通りです。

ちょっと脱線しますが小さい頃の話…。
そもそも、寝返りができるようになったのは、少しでも遠くにある物を取りたいから。つかまり立ちするようになったのは、少しでも上の物を取りたかったから。だから、歩けるようになったのは遅かったです。なぜなら、はいはいでダッシュしてそこで立てば良い。その方が速かったから、歩く必要を感じなかった。
絵本の読み聞かせもあまり喜ばず。いつのことだったのかは育児日記掘り起こさないと思い出せませんが、2、3日の間、絵本を片手に「この字なんて読むの?」「これは?」と、うるさい位私に聞いてきたことがありました。それでひらがなを覚えてしまった。「自分で読みたい」一心だったのですね。
自転車の補助輪を外す時も、一輪車に乗る時も、こちらがあきれる位とことん練習してマスターしてましたっけ。

そんな娘ですが、大きくなるにつれ…特に最近は、確かに目標を見失っているな、という感じはしていました。
確かに、高校生で確固たる将来の目標がある子は少ないかもしれません。しかし娘の場合は、それでも受験は頑張ろう、と素直に思えるほどには、勉強が好きでもなく、また勉強ができる訳でもなく、受験しない子も回りにいっぱいいる環境の中で、何となく流されている…という感じでしょうか。

私はというと、そんな娘を案じつつも、積極的には関われず…というか私は冷たい人間なんでしょうねぇ。
「見放す」というと言葉は悪いですが、横からただ見守っていたというところでしょうか。
ところが夫はそうは問屋がおろしません。昨夜の娘は、夫の前で涙を流しつつも何も反論できず。
子供って敏感ですから、親が叱るのが、少しでも親自身の面子とかのためだと感じたりしたら、反抗したり逆にキレちゃったりすることもあるでしょう。
しかし、昨夜の娘には、お父さんは本当に真剣に、自分のためを思ってこんなに怒ってるんだ、ということが伝わったかなと…怒られた後の彼女を見ていてそう思いました。そうであってほしいです。

夫は、私より人間が温かいんでしょうね。つまり、「見放せない」ってことです。
「お父さんの出番」、息子の時にもありました。彼の場合は受験とは関係ないところだったけれど。
娘は女の子ゆえ、反抗期らしいものもなく、それなりに親とも「うまく」やってきた感がありますが、それだけにあれだけ怒られたら応えたかなと。
「怒る」「叱る」というのは、実はとてもエネルギーの要ることだと思うのです。
こんなに怒って叱ってもらえるって、とても幸せなことなんだと、娘が気づいてくれたら良いのですが…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.03

ゴールデンウィーク日記4―大人の遠足2―見沼散策

ゴールデンウィーク中だから遠出してもどこも混んでるだろう、という予測のもと、地元なのにまだ行ったことがない見沼代用水を、この機会に散策してみようと出かけました。ネタ本は前回と同じです。
近いからとゆっくり出かけたので、東浦和駅に到着したのがすでに11時すぎ。しかも、駅をおりてひとしきり道に迷うーー 方向音痴なだけじゃなく、地図も読めない私ーー; 夫は後で地図見て納得していたけれど、私には何がなんだかさっぱり。我ながら諦めの境地。

さて、駅からすでに見沼代用水沿いの散策路を歩くものの(見沼代用水についての解説は、こちらに詳しいのでご覧下さい…と逃げる^^;)、途中「見沼くらしの博物館」(古民家が移築されています)のお庭の芝生でおにぎり食べたりして、写真の景色に辿り着くまでにすでに2時間近く経過。
20052005ここ一帯は、緑のトラスト保全第一号地として、護岸工事など行わず、昔の姿が保存されています。したたるような新緑の下をウォーキング。
爽やか…から「暑い」に至る一歩手前でしたが。
そして、今日の散策の目玉?総持院の牡丹園へ。
200520052005200520052005





ぶっちゃけ、あんまり大したことはなかったです^^; しかも、1週間ほど来るのが遅かったかと。
それでも頑張って、まだ綺麗なお花を選んで写真を撮ってきました。
1枚目の写真は、お寺の本堂と桐の花(←隣の親子のお母さんが、「あれは桐の花よ。上を向いて咲くのよ」と仰っているのを聞いて分かった)
いや、解説なしでは何の木か分かりませんでしたですが、桐の花というと、星野富弘さんの詩画のカードを持っているので(著作権の関係上、詩をここに紹介できないのは残念ですが)こんな風に咲いてるんだ、と初めて知って嬉しかったです。
桐はともかく牡丹ですが、夫には「どうせ(まと)ぶーの関係やろう」と見透かされておりまして(爆) 元々全く興味はなかったんですけれどね。続きは「花のみち」で(笑)

ガイドブックのモデルコースでは、ここからさらに埼玉スタジアムを経由して浦和美園駅まで歩くことになっていたのですが、軽く3キロはある。とてもそんな元気はなく、そうだこの近くから大宮駅行きのバスがある!とバス停に行ってみたらば時間が合わず、逆行きのバスで東浦和まで戻りました。
歩いたのは7キロ足らずかなぁ。どうやらそれ位が私の限度のようで。もう疲れた疲れた疲れた、とバスに乗りました。日頃の運動不足痛感ですなぁ…やっぱり日々1時間のウォーキングで鍛えておかないと。

さて、今回のコース、緑の中を散策&花を愛でる、は夫には少し物足りなかったようで。何が好きって、お城が好きな人なんですよね~そういえば。ならばやっぱり次回は「江戸城」しかないでしょうか?そう、皇居一周。これなら距離も短いし~ あじさいの季節に鎌倉も行きたいけれど。暑くならないうちに3回目を実施したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

割り込み

今朝は、さすがに道もバスも空いていて、思いがけず京浜東北で座って行けて、朝から爆睡^^
それなのに会社では一日中眠かった…どうやら体が平日モードに戻っていなかったようです。
帰りは、いつもよりは空いているけど座れるほどじゃない…状態で。
最寄り駅まで戻ると、こちらは休日の夕方モードで大渋滞ーー
そんな中バスに乗り込み…2車線の片方は駐車車両でいっぱい。駅からようやく2番目の信号を通過しようという時に、急ブレーキと衝撃音。
駐車車両をよけて左車線から出てきた乗用車の右後部にバスがガシャン。あーやっちゃったよーって感じーー 私の実害は、隣の人に足を踏まれたことだけでしたが。

信号を渡ったところで車もバスも左車線に停止。乗用車の運転手が降りてきて言うには、「ちゃんとウィンカー出してたんだから!割り込みじゃないよー!」とかなりおかんむり。車が傷ついちゃったからね。
へぇーそうなんだ。ウィンカー出してれば割り込みじゃないのか!私は一応、直進車が優先なのかと思っていましたけどーー;
バスの運転手さんは「バスはね、急に止まれないんですよ」と穏やかに応対しておられましたが(急に止まれないのも困るけど)、はてさてこの後どうなったのでしょうか。

乗っていたバスが事故を起こすと、その場で「運行停止」となり、乗客は速攻降ろされてしまいます。
私たちは次のバス停までぞろぞろ歩き、後続のバスに乗って帰りました。あとのバスの方が空いてて座れたからまーいいんですが。
しかし、あの渋滞中に大きなバスまで路肩に駐車してしまって、あの後さらに渋滞したことでしょうね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

ゴールデンウィーク日記3

予定通り台所掃除。
でも朝起きたのが遅かったので、通常の日曜日の一週間分掃除、を終えてから取り掛かり…だったので夕方までかかってしまった。そして、メニューの都合上そのまま夕食作成へ。
なんか一日中家事をしていた…つまらなかった…やっぱり好きじゃない…特に掃除ーー;
向いてないんだとつくづく。明日は仕事なので、ちょっと一息つけるか?(え、逆じゃないの?ですよねーー)

綺麗になったのを見るのは、それはそれで気持ちいいんですけれどね。
しかし、最近あまり台所に意識が行っていなかったので、いくら料理が手抜きでもそれなりに汚れるものですから、汚れがたまってしまっておりました。
最近は洗面所とかはいつも綺麗に、が身についてきたので(会社の洗面所の影響ね)、汚れがたまらなくて楽なのですが、台所も今後はこれで行かなければと。いつも綺麗にしてあれば、たまの大掃除も楽なんですよね。

やり残したのが冷蔵庫掃除と食器棚。
冷蔵庫はやるしかない、し、食器棚も大整理をかねて、何とか連休中には…
やっぱりでも、せっかくのお休みに掃除ばっかりしていると気分が滅入って参りますーー
そろそろ遊びに出かけなければ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の観劇記録(1月~4月)

去年の今ごろ、一体何をブログに書いていたんだろうと見直していて思い出しました。
もう5月になっちゃったけど。今年も書いておきましょう。
今年はとても健全な1年になるはずです。(去年比で。一般常識比ではありません)

1月(2回)

宝塚雪組東京公演
 ミュージカル・プレイ「青い鳥を捜して
 ショー・メッセージ「タカラヅカ・ドリーム・キングダム

宝塚花組東京特別公演
 「天の鼓」-夢幻とこそなりにけれ-

2月(4回)

宝塚星組中日劇場公演(2回)
 グランド・ロマンス「王家に捧ぐ歌」-オペラ「アイーダ」より-

Broadway Gala Concert 2005

宝塚宙組東京公演
 ミュージカル「ホテル ステラマリス
 グラン・ファンタジー「レヴュー伝説」-モン・パリ誕生77周年を記念して-

3月(1回)
 真飛聖ディナーショー「Sky Blue

4月(3回)
 
東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル

宝塚雪組東京特別公演
 「睡れる月

宝塚月組東京公演
 「エリザベート」-愛と死の輪舞-

計10回でした。去年と同じだわ。
今年は、この後も同じペースで進める予定です。
下期1/3はさらに減るかな。真飛氏の出演予定次第ですな~。
花組デビューは大劇場公演からなのか?おさちゃんのコンサートが発表になったので、もしかしたら?なんて思っているのですが。
だって、真飛さんの星千秋楽は花博多座楽より前ですからねぇ。丸々休ませてもらえるか疑問ですし。お声がかからなかったらそれはそれで寂しいかもだし。詳細発表が待たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク日記2

今日は朝から娘とデート…違う、採寸したメモを持ってカーテンを注文しに行きました。
娘の部屋のは自分で選ぶというので、一緒に車で。めったに一緒に出かけることのない母娘なので、貴重な機会でありました。
結果、リビング以外は既製品で済ませました。
丈はともかく、幅は多少のことなら何とかなるもんですね。特にこだわりさえなければ、既製品で十分じゃないか~というのが感想。
丈は…掃き出し窓のが2箇所とも、少し長かったんですが、丈詰め1枚500円、けちりました。いざとなればお母さんが自分で縫うから、と言ったものの、とりあえず両面テープで応急処置(爆) 結構手間で、ミシン出してガーって、縫っちゃった方が早かったかも知れないけれど、もし洗って縮んだら取り返しつかないし、というのが一応の言い訳^^;

リビングだけは、幅が広いのでオーダーしかありません。でも、元々お安めの生地がさらに65%オフ!なのを選んだので、全部合計してもかなり事前の概算より安く済みました。
さらに、ユザワヤではちょうど友の会キャンペーンとかで、5%キャッシュバック中。金券で戻ってくるのですが、金額が大きいから戻りも大きくて、これでジグソーパズルのフレームも、真飛さんの四つ切舞台写真にぴったり合う額も買える~と喜ぶ^^ (ユザワヤのジグソーパズルの充実ぶりにはびっくりです。いえ…パズル自体はもう買いませんけどね^^;)

3部屋分の既製カーテンを2袋に入れてもらって、娘と2人ヘロヘロ持ってランチに。イタリアントマトが今日で閉店、なのを知らずに偶然入り、パスタ全品500円で、これまたお買い得。
その後、彼氏と待ち合わせ~の娘を途中で落とし、帰宅して、子供部屋は本人にさせようと思っていたけれど、待てずに自分で全部かけかえてしまいました。
しかし、夜帰って来た息子からはコメントなし。そのことで言い合いになってひねくれてしまいました(私がねーー)
やっぱり本人にやらせるべきであった…

いつまで住むか分からないのに新調しなくても、と夫は言っておりましたが、まあたとえそうでも、ぎりぎり納得できる範囲内の支出で済んでホッです。
カーテンが綺麗になると、俄然気になるのが壁…クロスですねぇ。煙草を吸う者がいないので比較的ましとはいえ、年数を経た汚れはやはりかなりのもの。ぜ~んぶ拭きたいところですが、ウチの場合、壁の前には全部モノが置かれているので、手の届かない部分も多い。下手にやるとかえって見苦しくなりそうで、手が出ないでいます(これも言い訳^^;)

明日は換気扇はじめ台所大掃除の予定。書いて自分を追い込んでおかないとーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »