« あなたの趣味は何ですか?(BlogPet) | トップページ | ゴールデンウィーク日記1 »

2005.04.28

福知山線脱線事故から3日

救助活動と捜索が終了したそうですが、犠牲者は106名という、本当に、大変な事故になってしまいました。
時間帯もあってか、犠牲になった方の中には大学生や若い方も多く、同じく大学生の子を持つ身としては、親御さんのお気持ちを思うと胸が潰れる思いでいます。
亡くなられた皆さまのご冥福と、負傷された方々の一日も早いご回復を、心よりお祈り致します。

私自身、毎日JRで埼玉県から東京の南の端まで通勤する身であり、また、福知山線というより愛称の「宝塚線」の方がなじみのあるこの路線には、新幹線利用でムラに行く時は必ず乗っていますので、今回の事故は本当に身近に感じられてしまうのですが。
なぜ、どうしてこんなことに…
事故当日のニュースで、列車が向かっていた尼崎駅は「他に例をみない複雑さ」と言われていましたが、その時は「首都圏だってたいがい複雑だよー」と思ったものの、いざ思い浮かべてみると、確かに尼崎駅のような構造は思い当たらないですね。
こんなに便利になったのはそう昔のことではなく、私が大阪にいた頃とは全くの様変わりに、ムラに行き始めた頃は尼崎の乗り換えに目が白黒。でも、ものすごく便利になりました。
昔は宝塚行きといえば阪急でしたが、いま、阪急より少し高いけれどJRを利用するのは、乗り換えが便利だから、そして「早い」からなのです。
新大阪から神戸方面行きに乗っても、尼崎で乗り換えるとき、階段を上って違うホームに行かなくても、同じホームの向かいに宝塚行きの電車がいたりする。帰りも同じです。
「さすが~大阪」なんて、その便利さに感心したものですが、裏を返せば、それだけどの路線も正確に運行されないと、全てに支障が出てきてしまうシステムなのですよね。

東京だって似たようなものとは思いますが、以前利用していた埼京線などは、朝のラッシュ時には毎日、何の理由もなく新宿では5分近くの遅れになっています。こと埼京線に関しては、「時刻通り」という言葉は私の中では死語になっていました。
いまは上野行きに乗りますが、こちらは大宮で5分遅れ位だと、赤羽で3分遅れ、上野は定時着、なんてことがある!どうするかって、やっぱりスピードでカバーしてるんでしょう…@@

今回の事故の原因は、これから究明されることですが、カーブでのスピード超過が直接の原因だったことは間違いないと思われます。
それに至る経緯は一口では片付けられないことでしょうが、「便利さ」を追求する姿勢が遠因であったことは言えるのではと。
それは、JRの体質や他路線との競争、というだけではなく、私たち利用者もそれを望んでいるから。
先ほど「米紙の論評」というニュース記事を読んでびっくり、でしたが、そもそも「遅れ」の感覚が外国と日本では随分違う。(リンク貼ろうとしたけどすでに見つからず>_< アメリカでは「遅れ」は5分以上のことをいうそうです。日本では1分遅れでもお詫びのアナウンスが入ると)
そういう私も、今朝も上野で乗り換えた山手線が、ほぼ同時に来た京浜東北より随分遅れてしまって、次の京浜東北と同じ位になってしまったことに、車内でカリカリしていた口です。地下鉄に間に合わないよ~って。

「便利」であることが当たり前になってしまうと、それを維持するために、実はどれだけのシステムと、どれだけの人の手が、寸分の狂いもなく動くことが必要か、その大変さを忘れてしまう。
結果、どこか歯車が狂うと大変な惨事につながってしまう…
かといって、ここまで便利になってしまったこの日本、今さら後戻りはできないでしょう。
どれだけ便利になっても、最後は「人の手」が鍵を握るのですから、何とかそういう面でのフォローが充実していくと良いのですが。

|

« あなたの趣味は何ですか?(BlogPet) | トップページ | ゴールデンウィーク日記1 »

コメント

恐ろしい事故でしたね。
私も、5年ほど沿線に住んでいたことがあり、
身近だった、でない、で事故の恐ろしさが変わる訳でもないのですが、さすがに、死傷者の住所地名が、ほとんど以前住んでいた家や職場の近所の、風景も知っている中に多数、というのは、堪えました。
連絡を取った知人、彼女は家族全員その路線を通勤に使っていたが、難を逃れた、でもあの辺だと、ほとんどどなたか何らかの繋がりのある方で巻き込まれている人がいる、と言う様子でした。今後とも、怖くても使わざるを得ない、とても落ち着いた気持ちになれないと思います。

ニュースでいろいろ言われていますが、人災?の様相を呈してきている気がします。日勤教育とか言う言葉も、初めて聞きましたが、運転士が安全に専念して仕事出来る環境だったのでしょうか?ヒューマンエラーは起こることとして、それを見越したフェイルセーフのシステムを真剣に構築していたのか?そういったところに疑問が残る限り、安全はまだまだのような。リスク管理、インシデント(ヒヤリハット)報告、というのは、当事者に懲罰を科さない、査定しないことで、小さなミスを早めに発見し、大きな事故を防ぐ、というのが、基本的理念のはずですが、そういう運用がきちんと出来ているところは、どの程度あるのでしょうね?バブル崩壊以降、どの業界もコスト意識が強くなって、強くなるのは良いけど、安全や質がおろそかになっているのを、この事故以外の局面でも(悪いことに自分の職場や業界でも)、感じることが日々多いですね。
JR西はもちろん、その他のどの職場でも、このような部分がおろそかになっていないか、これからどうしたら良いか、ということを考えていかないと、いけないと思います。

投稿: ゆい | 2005.04.29 22:27

本当に、色々なことを考えさせられます。
>>バブル崩壊以降、どの業界もコスト意識が強くなって、強くなるのは良いけど、安全や質がおろそかになっているのを、この事故以外の局面でも(悪いことに自分の職場や業界でも)、感じることが日々多いですね。
そうですね~。ゆとりのない社会というか。それで何事もなく過ぎている間は良いですが、実はぎりぎりの線を歩いている、訳ですよね。

昨日の朝日新聞朝刊記事によりますと、宝塚OGの方も巻き込まれて負傷されていたんですね。元星組の万理沙ひとみさん。98年に退団されたそうですが、お名前だけは私も知っていたのでびっくりしました。
今は歌やダンスの講師をされているそうですが、両膝に怪我を負われたようで、今後が心配ですね。ご回復をお祈りします。

投稿: 金木犀 | 2005.04.30 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/3897970

この記事へのトラックバック一覧です: 福知山線脱線事故から3日:

« あなたの趣味は何ですか?(BlogPet) | トップページ | ゴールデンウィーク日記1 »