« 友の会の思い出、そして懐かしの再会 | トップページ | 私の花粉症 »

2005.03.16

自分へのご褒美?

先々週のAERAに、記事が載っていたのです。どんな時に、どんなものを自分へのご褒美にするか、のアンケート結果。確かにブランド品や海外旅行の方もいらっしゃいましたが、全体にとってもささやかなご褒美が多く、私としては大いに反省した訳でした。(はい。夫に言わせれば、きっと「年がら年中ご褒美だらけ」の私でございますので)

それはともかく。昨日、ちょっと嬉しいことがありました。
一昨年の夏、今の出版社に来てからずっと関わってきた…とっても大きな企画(なのだと思う…があまり自分に実感はない)が、フィニッシュを迎えました。つまり、シリーズの最後の本が出来上がったということなんですが。
本が出来上がると見せて貰うのですが、どうも、自分が関わった本というのは、見るのがこわい、が先に立ちます。だって、開いてみて「あっ…」てことがあるかもだから…、余計なものを発見したくないというか^^;
自分の手を離れたのはもう先月末だったし、とっくに(というか以前から併行して)別の本に取り掛かっているしで、仕上げた達成感というものもそれほど感じてはいなかったのですが、昨日の帰りがけ、上司(でその企画の責任者)から、内緒で(なのでここだけの話^^;)お菓子の詰め合わせを頂いたのです。上司のメッセージ付きの。

私は派遣だし、ここは外資系だしで、ほんとうにドライな労働環境。前の会社では、派遣とはいえとても日本的なところだったので、時々ランチをご馳走になったり、なんてこともあったのですが、こちらではそんなこと全くありません。それどころか、旅行や出張のお土産もなし。ある意味とても気楽です。
なので今回もこういう形でお心遣い頂いたと思うのですが、嬉しかったですね~。お洒落ですよねこういうのも^^

実際、自分で回していた訳ではなく、お手伝いさせて頂いていたという感覚なので、完成してもどうも感慨というものがいまいち湧いて来ないのですが…
何でだろう、前に別の会社で辞典をやった時はとっても達成感があったのに。あの時は最後は在宅での作業になって、全て終わって借りていたPCを返しに行った後、開放感のあまり1人ランチとかしたのにな~
きっとあの時は、仕事自体がそれで終わりだったから開放感あったんですね。今は終わらないから。一つ終わっても、また次の仕事にかかっている訳ですからね…
サラリーマンって、皆さんそういうものかも知れませんね。だからこそ、自分の中で区切りをつけて達成感を味わう努力も必要なのかと。

サラリーマンと言えば、最近、夫はまた仕事が忙しくなってきているようなんですが。いつの日か仕事に区切りがついたら(それって会社を離れるってことか…ここまできたら)、ぱーっとご褒美旅行でも、して頂きましょうか。もちろん、私も便乗してね^^
私の今回のお仕事について、自分で自分にご褒美するなら…?ちょうど折り良く、真飛DSがそれに当たるんでしょうか。でも、DSはそんなことに関係なく、行くつもりだったから、どうもそういう感慨がないな(何てありがたみのない人生ーー)
やはりここは、ご褒美で博多に(も)行きたかったかも(←たわけ者)

|

« 友の会の思い出、そして懐かしの再会 | トップページ | 私の花粉症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/3325209

この記事へのトラックバック一覧です: 自分へのご褒美?:

« 友の会の思い出、そして懐かしの再会 | トップページ | 私の花粉症 »