« 芝公園の梅 | トップページ | 今日のランチは »

2005.03.06

上野の休日

ticket大人の遠足第2弾になるはずが、今日は夫が急遽出社してしまったため、私1人で上野公園へ。どうせ1人ならということで、展覧会を3つも掛け持ちしてしまった^^; 3時間で3つって、我ながら何て駆け足、と思いますが、しっかり楽しんで参りましたのでご報告。


「唐招提寺展」(東京国立博物館平成館、本日で終了でした)
現在、平成の大修理が行われている唐招提寺から、盧舎那仏をはじめとする仏像と鑑真和上像、そして東山魁夷作の障壁画がお引越しして来ていました。
初めての試み?として、仏像は総て360°の角度から見られるようになっています。しかも、手でさわれる位の近距離からぐるっと見れる。これはなかなかできない鑑賞体験でした。
鑑真和上像は、厨子から出てガラスケースの中に。この像に、今日一番感動した私です。こればっかりは、実物ならではの感動でした。写真になってしまうと、もう表情が違ってしまうのですよ。不思議なものです。
何ともいえない柔和な表情。ずっとずっと前にいて見入っていたいようなお顔でした。
障壁画の作者、東山氏も、鑑真像に多大な感銘を受けて創作を決意されたと?確かどちらかの解説にありました。そのお気持ち、分かります。
この障壁画は、もう何年も前…(今調べたところによると、多分1995年)に東京であった展覧会で、既に一度見たことがあります。今回は、スペースも広々した中、本当に御影堂にいるような感覚で鑑賞できるよう工夫されています。
以前見た時、一番気に入ったのはモノクロの「揚州薫風」でした。今回再会できて嬉しかった。本当に、渡る風のそよぎが感じられるような、名作だと思います。
さて、写真や映像ではない「本物」の魅力。しかし、できることならばこういう展示はやはり、お寺の、本来あるべき場所にあるものを、その地に行って見たいものだと思いました。正面からしか見れないとしても、です。
バーチャルビデオシアターで、まるで唐招提寺にいるような感覚まで味わえましたが、あの奈良の地の、空気の中で鑑賞できる贅沢さというのは、東京にいたら味わえないのだと…
向こうに住んでいた時は、当たり前のようにそういう文化財が身近にあったので、ことさら有難いとも思わなかったし、わざわざ鑑賞しに行くこともあまりなかったですが(大仏殿だけは子供も連れてよく行ったけど)、離れてみると、それがどんなに恵まれた環境だったかということがよく分かります。
いずれ関西に帰る時が来たら…、寺社めぐり、仏像めぐりで余生を過ごしたい、なんて思いました^^ いっくらでも見るところありますもの。ほんとに贅沢ですよね。

踊るサテュロス展」(東京国立博物館表慶館、3月13日(日)まで)
これはもう、真飛氏つながりがなかったら絶対行ってないと思うので^^;、彼のお陰で良いもの見せて貰えました^^
すごい躍動感。これが2000年もの間、海の底に沈んでいたなんて、ねぇ。修復作業の賜物もあって現代に蘇った訳ですが、全然古さを感じさせないところが素晴らしい。これも勿論360°から、間近と一段高いところから見られるようになっていました。これ一体だけで800円もするというのに、結構な人出で、それもびっくりでした。

ミュシャ展」(東京都美術館、3月27日(日)まで)
これはまだ日もあるし、出直そうかと思いましたが、行っておいて良かったです。なかなか、また来るってのは機会がね…
ここが一番混雑していました。点数が他に較べてダントツに多いし、一点一点丁寧に見ていたら何時間かかったことでしょう…。絵やデザインを勉強している感じの、若い人たちも多くて、とても熱心に見ていました。
私はまぁ、好きだけどファン、までは行かないので、良く知られているポスターシリーズ以外は駆け足で。
そして、それが目的でもあったショップで、いっぱい買い込みましたーー
ポストカード20数枚、一筆箋、レターセットにグリーティングカード、そしてジグソーパズルを1000ピースと500ピースの二種類もーー
パズルは、夫の父がはまっているのであげようと思って最初は買ったんですけど…、ミュシャの絵だったら自分で作って飾りたいかも、と思い…結局二つとも自分のものになる予定。夫には「ゴミになる!絶対できない」と断言されましたけどーー ほんと、いつやるの?て感じ?また寝不足のタネが増えるだけのような気もするが…
ポストカードも、普通に写真のをLoftとかで買うと1枚150円だけど、100円だから、て^^; カードやお手紙関係の使い道って、決まってますからねぇ~^^;;; 何公演分かはこれで十分賄えちゃうわね…

上野は毎日通っているのに降りたのは何年ぶりかで、たまには一日上野でゆっくり美術展めぐり、という時間も必要だと思った次第でありました。
今日、唯一行きそびれた東照宮の牡丹園。これはまた、シーズンが来たらゆっくり、何かの美術展とセットで来たいと思います。デジカメ持って^^
仕事を終えた夫とちょうど時間が合ったので待ち合わせ、上野駅構内の「ブラッスリー・レカン」で遅いランチ、という嬉しいおまけつき^^ 以前は上野って食べるところがなかったんだけど、こんなお洒落なお店が出来ているなんてね。
ついでに、大宮駅でも昨日からエキナカショップecuteがオープンしてます。すごい楽しいけど、調子に乗ってどんどんお惣菜やらケーキやら買っていると、あっという間に家計が破綻しそうです…

|

« 芝公園の梅 | トップページ | 今日のランチは »

コメント

体調完全復活ですね、よかったわ(^_^)

鑑真さんには絶対お会いしたかったのに・・・。私、東山魁夷氏の壁画は奉納演奏を友人がしたので、その“譜めくり”に行って^^;感動した覚えがあります。あの絵に囲まれて演奏よぉ。ホント、すごい環境に住んでいたのにその頃はありがたみが無く・・・。

>いずれ関西に帰る時が来たら…、寺社めぐり、仏像めぐりで余生を過ごしたい、
>なんて思いました^^
ご一緒しますよ~、ハハハ(^^♪ 

投稿: 桜桃 | 2005.03.07 07:39

す、すごい体験だねぇそれは@@
>>ご一緒しますよ~、ハハハ(^^♪ 
よろしくね~^^
向こうに帰る楽しみが見つけられたかな、とちょっと思いましたわ。

投稿: 金木犀 | 2005.03.07 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/3198351

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の休日:

» 「踊るサテュロス」との出会い [大いなる夢]
東京国立博物館で開催中であった「踊るサテュロス dancing satyr」特別展に最終日前日に行ってきました。私のブログ踊るサテュロスでも触れたようにシチリア... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 18:41

» 奈良に遊ぶ [闇路に迷って文明比較]
   奈良に遊ぶ 私は、奈良に遊ぶときは光明皇后ゆかりの新薬師寺の宿坊に泊まることがことが多い。 皇后が夫、聖武天皇の眼病平癒を祈願して建立された古寺である。 あまり広くない境内の菩提樹の下に、会津八一の歌碑が立っている。      ちかづきて  あふぎみ..... [続きを読む]

受信: 2005.10.02 11:49

« 芝公園の梅 | トップページ | 今日のランチは »