« 今日はバレンタインデー(BlogPet) | トップページ | ダウン… »

2005.02.20

Broadway Gala Concert 2005

中日公演観劇以来の宝塚モードが抜け切らないまま、今日は国際フォーラムへ。「Broadway Gala Concert 2005」にタータン(香寿たつき)出演でした。
いや正直、全然事前の盛り上がりなしに席に着いたのですけど(スイマセン)、大変に素晴らしい舞台でした。
ロビーのお花を見て、「わぁ、久しぶりにミキさん(真矢みき)やマミさん(真琴つばさ)に会える~」なんて思っていたら、それは昨日で今日は出演されてなかったりと、出演者情報もロクに把握しておりませんでしたが、考えてみたら超豪華メンバー(チケット代も豪華でしたが…)。今日の出演は、鳳蘭、久野綾希子、香寿たつき、斎藤晴彦、純名りさ、シルビア・グラブ、鈴木綜馬、玉野和紀、tekkan、成瀬こうき、西田ひかる、別所哲也、堀内敬子、山本耕史(50音順→フィナーレの並びもこの順にセンターから。故にセンターのツレちゃんの隣がタータン^^)

さすがに知っている曲が多かったし、メンバーも実力派な方ばかりで、聴き応えがありました。歌唱力はもちろん、それにプラスしていかに客席に訴えかけてくる力があるか…そこら辺がスターたる者の分かれ目なのだろうと思わされました。
そんな中でも、私の印象に残っているのは
 堀内敬子「思いがけない歌」(ソング&ダンス)
 山本耕史「シーズンズ・オブ・ラブ」(レント)
 シルビア・グラブ「キャバレー」(キャバレー)
 久野綾希子「メモリー」(キャッツ)
どこまでも「濃い」人が好きなようですわ、私…^^;

タータンは2曲で、2部は鈴木綜馬さんとのデュエットで「もう恋などしない」(プロミセス・プロミセス)。これは知らない曲でしたが、タータン可愛くて(笑) もう恋などしない、と言いつつ相手に惹かれていく芝居をきっちりしながら歌ってくれて、これはまぁタータン本来の可愛らしい持ち味どおりの運び(ホントに、男役の彼女からは想像つきませんけどね^^;)
もう1曲が、1部の終わりから2曲目、何とエビータから、「アルゼンチンよ泣かないで」を歌ってくれたんです。
私はこのミュージカルは観たことがありませんが、曲は良く知っていて大好きなので、曲目を知った時点でまず嬉しくて。
セットの上段から現われたタータンはお衣裳も素敵で(モノクロプリントのロングタイトドレス。ホルターネック←ホントにお好きなようで^^;)、髪もアップスタイルで堂々として格好良かった。
歌いながら階段を降りてくるので(落ちるな~)とか思ってしまったけど(爆)いやほんとに、歌が素晴らしかったです。
ご本人も自覚されているらしい高音部の弱さ。というか、高音になると可愛らしい系の細い声になってしまう。年末の公演、「…and the World Goes 'Round」では、まだまだ、て感じだったのですよねそういう面では。
それが、高音もきっちり、大人の声で出るようになっておりました。もしかしたら、この曲はそんなに高音の部分はないかも知れないのですが、あきらかにボイトレの成果が感じられて…気がついたら涙流しながら見ていた私(アホーー) やっぱりタータンはやってくれたよ、と嬉しくて。
ただ、少し抑え目な歌いぶりでしたよね。そういう演出だったと思いますし、それも素敵でしたが、思い切り歌い上げるところも聴いてみたいと思いました。
ともかく、これなら、夏の「モーツァルト!」ヴァルトシュテッテン男爵夫人でも、きっと良いお仕事してくれるでしょう。楽しみになりました。「星降る金貨」て曲なんですって?どっかで事前学習しておかなければ。
一瞬、4月の追加公演を申し込まなかったことを後悔したんですが…タータンのエビータ、もう一度聞きたいと思ったんですが…でも1回にしておくべきですね。うん。こうやって、細く長く応援して行こうと思いましたわ。

それから、今日の公演は「次世代ミュージカルスターオーディション」のチャリティーという意味合いもあって、2部の最初にその最終審査が行われました。最終合格者はブロードウエイでのレッスンを受けられるというものです。
3回の公演で各10人ずつが、それぞれ1分間の持ち時間でアピールします。こちらは若いエネルギーを感じて、見る方も演じる方も新鮮な体験でした。
その中に何と、少年隊PLAYZONEの「WSS」アンサンブルでディーゼルを演じた佐々木誠さんがいらして、あらびっくり。そう言えば、あの公演もオーディションだったのですよね~
彼のパフォーマンスはさすがでしたが、私はその前の8番の女性が良かったかな。ミュージカルスターとしてのバランスが取れていて、声が一番好きだったから…。名前失念ーー。不精ゆえ、出口で投票もせずに帰ってきてしまいましたが、結果も興味ありますね。

さて、こうして外の舞台を観ると、宝塚がいかに特殊な世界か、と改めて感じたりもするのですが、宝塚だけじゃなく、外のミュージカルもやっぱり観たい~と思ってきてしまいました。
とりあえず、「オペラ座の怪人」と「レ・ミゼラブル」はきっとチケット拾ってしまいそうです(笑)(「キャッツ」はもう持ってるの)この2作品は、もう15年位も前に観ているのですが(「オペラ~」は2回も。新橋演舞場(爆)と日生で)、宝塚とか色んな舞台を観るようになったいま、観直したらどんな風に感じるだろうかと。
こうして支出は減ることがない…

|

« 今日はバレンタインデー(BlogPet) | トップページ | ダウン… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/3012104

この記事へのトラックバック一覧です: Broadway Gala Concert 2005:

« 今日はバレンタインデー(BlogPet) | トップページ | ダウン… »