« 味覚障害?その3 | トップページ | 東京タワーとクリスマス »

2004.11.21

あきれた営業マン

こういうことをここに書いても、来て下さった方まで不愉快にさせてしまうのではと思うとためらうのですが、やっぱり愚痴らせて下さい!

そもそも始まりは10月でした。そーでした!(思い出したら余計腹立たしい)
ケーブルTVに加入した時、電話もケーブルフォンにするとNTTよりお得ですよ、とのことで、その申し込みは事前に済ませてありました。そして、それまでADSLだったネットを光ファイバーに替えた10月、ケーブルの会社から工事の日取りの相談があったので、一番早い日を予約して、その日は会社を午前休することに。工事日が月曜だったので金曜にはその旨会社にも伝え、土日私はムラヘ向かったのです^^;
そうしたら、土曜になって、「NTTとお客さまとの事前手続きが必要だったので、月曜の工事はできない」との連絡が。その時営業マンは、電話に出た夫に怒鳴りまくられて(しかも河内弁で…)、しどろもどろ状態だったらしい。
しょーがない、私は月曜日、「すいません用事がキャンセルになったんで来てしまいました」と朝から会社へ。たくもう。

その前科があったのですよぉそもそも。
それからNTTとの手続きを済ませ、次の工事の日取りを決める段になって、11月から土日もできるようになった、とのことなので、それなら土日で一番早い日、でも土日は込んでて今日になったわけです。朝10~12時、こっちでやることはもうないので、ひたすら待ってましたわ。でも、来ないんです12時過ぎても。
電話しました。「申し訳ございません、調べまして折り返しご連絡します」と、電話に出た男の子はまぁ妥当な応対。

30分位経ってから、例の営業マンから電話がかかってきました。
「土日はマンションの管理人さんがいないので、(共用部の)鍵を開けられないので、土日は工事できなくなったんです」
へっ?思わず目が点になった私。河内弁で怒鳴る夫の真似はできないので、
「それって、分かった時点でご連絡頂きたかったんですけど? 今日、家で待ってたんですよ」(そりゃ、用事があるのに無理して家にいた訳じゃありませんけどね、でもそれはたまたまだ)
相手は恐縮して、「ホントすいません。ごめんなさい!」
えっ???
そもそも、今日の工事ができなくなったのが分かった時点ですぐ(せめて前日までに)連絡して来ずに、当日何の連絡もなしにすっぽかすというのが、まず信じられないですよね。
加えて、「ごめなさい!」ですよ。仮にもビジネスの場で、営業マンがお客に向かって言う言葉でしょうか。「大変申し訳ございません」で押し通せよ!
しかも、本人に悪気はないみたいなんです…それが一番の問題点。多分言葉遣いも知らないし、連絡どうこうの基本(以下だと思うが)も分かってないんでしょうね。夫なら「責任者を出せ!」て怒鳴りそうな気もしますが(今日は仕事でいなかったのです)、何だかそんな気力も湧かずただあきれておりました。
それにしても、会社で一体どんな教育されてんでしょう。何にもしつけられてない気がする。今日びの会社は社員教育してる余裕もないのか…?

今日は珍しく家にいた息子、就活もそろそろ始まっていますが、どうやら営業志望らしい彼に、「お願いだからあんな営業さんにはならないでよ。あんな会社行かないでよ」と泣きついてしまいました。勉学以外の経験だけは結構積んでいる様子の息子は、「俺だってもうちょっとましな営業できるぜ!」と豪語しとりましたが…?

第1、第3土曜は管理人さんがいると言うと、営業マンが管理人さんと相談して、そしてNTTとも打ち合わせて、また日取りを連絡してくれることになりました。が、私が空いてるのは12月の第1土曜のみ。込んでてだめだったら、「もうケーブルフォンはやめます!」って叫ぼうかな。でなきゃ年末の平日か…社員さんよりは1日くらい早く休みに入れるだろうから、私は。
ま、一日も早くやってもらいたい!案件では別になく、NTTの電話でも不自由はしてないわけですからこれだけ気長に待てますが、そういうことじゃなかったら怒り心頭に発す、です。向こうは向こうで、平日でいいって言ってくれたら楽なのに、って思ってんでしょうね。有給は取り尽くし、病院通いや配水管清掃やらで遅刻早退が重なっているこのごろ、電話ごときに割ける平日の時間なんて、私にはもうない!のです。

そのあと、プリンタの集荷に来てくれたクロネコヤマトのおじさんが、とってもプロに見えてしまいました。いつものおじさんなんだけど、見るからにやわそうな人だし、「これ重いですか?」と気弱げに訊くので、大丈夫かいなと思いつつ「重いんですよ」(30kgあってしかも箱がばかでかい)と答えたのですが、「よっこらせっ」と抱え上げて、あっという間に台車に乗せてしまった。財布を開けるまで5千円札しかないことに気づいてなかった私ですが、ちゃんとおつり持ってたし。やっぱりプロはこうでなくっては。

|

« 味覚障害?その3 | トップページ | 東京タワーとクリスマス »

コメント

こんばんは。大変でしたね。実は我が家も昨年、某CATVから、インターネット、テレビ等全面的に撤退したのは、至らない営業のせいです(-"-)。よそ様より何歩も早くCATVに加入してあげていたのに。ちょっと不便だけど結局ADSLにしている我が家って・・・。

投稿: 桜桃 | 2004.11.21 22:10

洗礼受けちゃったみたいですね。
どんな教育も染み込まない人種っているし。
”神様はむごいことをする”という例でしょう。

投稿: ponta | 2004.11.22 07:39

>桜桃さま、pontaさま
反応ありがとうございます。ホントにね、pontaさんが以前仰ってたこと、実感した気が^^; pontaさんの日々のご苦労、お察ししますわ。
「営業は会社の顔」というけれど、そうなのか、桜桃家というお得意先も失っているのね。あ~営業さん違う人に替えて貰おうかな。二度あることは三度…あったら、責任者呼ぼ。

投稿: 金木犀 | 2004.11.22 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16713/2024406

この記事へのトラックバック一覧です: あきれた営業マン:

« 味覚障害?その3 | トップページ | 東京タワーとクリスマス »