« 息子の出待ち体験?! | トップページ | 観劇とお席の関係 »

2004.10.22

睡眠時間とプロ意識

先日の真飛さんのお茶会で印象に残ったお話の一つ。
質問コーナーってのがあって、ファンからの質問に答えて下さるのですが、どこのお茶会でも出る質問でしょう、「公演中の体調維持のために、気をつけていることは何ですか?」
これって、ジェンヌさんにとっては当たり前にやってることゆえ、改まって答えにくい質問でもあるようなんですが、今回の真飛さんのお答えは、
・8時間は寝るようにしている。8時間寝ないと声が戻らないので。
・朝は、ご飯「粒」を食べる。ご飯「粒」を食べないと体が持たないんですね~
とのことでした。
8時間っていうと、世間一般からすると長いように思いますが、公演中はそうされてるんですね。
プロなら当然のことかも知れませんが、万全の調子で舞台に臨むためには、意識して気をつけていると。

そこで私も反省した訳です。
ネット漬けになって睡眠4時間台の日が続いて、仕事中眠かったりした日のことを(^^;
ま、何時間寝てたって、眠い時は眠いんですけどね(^^;;;
職種は違えど、体調を整えてしっかり仕事ができるようにしておく、という自覚は、派遣だけど(つうか派遣こそプロ意識が要求される職種でしょう本来)必要だろうと。
自分の身が持たないからというよりは、良い仕事をするために。
お客さまに良い舞台を観せるために…っていうジェンヌさんとは、かなり落差がありますけども。

だから。夜更かしはやめて、朝は5時半に起きなきゃならないのは決まっているのだから、最低5時間睡眠は確保しよう、と決意した訳です。12時半には布団に入る!
5時間寝て、あと電車内睡眠で補えば、やはり体はかなり楽ですから。

息子よ。情けないと言うけれど、こんな風に宝塚から学ぶこともあるのだよ。
…全然説得力ありませんね(^^; 自分でも思うわ(^^;;;
 

|

« 息子の出待ち体験?! | トップページ | 観劇とお席の関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠時間とプロ意識:

« 息子の出待ち体験?! | トップページ | 観劇とお席の関係 »