« 一人の休日 | トップページ | 過去へのタイムスリップ »

2004.09.13

月組「飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛II」

月組東京公演を観てきました。
さえちゃん(彩輝直)のトップお披露目公演、同時に娘役トップのえみくらちゃん(映美くらら)のサヨナラ公演でもあります。
さえちゃんのトップ姿…美しかったです。美しいってのは良いことですね(何か最近そればっかり(^^;)
もちろん、美しいだけじゃ足りないでしょうが、総合的に見ても、なかなかなトップさんぶりでした。多分、宝塚になじみがない初見のお客さまにも、受けは良いのではないかと。そういうトップスターのあり方も大事ですよね。

「飛鳥夕映え」-蘇我入鹿-(作・柴田侑宏、演出・大野拓史)
う~ん。柴田先生にしては…(--)、まぁ、1回しか観てないからかも知れません。「ガラスの風景」の時も、初見の幕間、「つまんないよ~(;_;)」なんて叫んでいた私でしたから。
でも、柴田作品って、濃厚な恋物語、が前面に出てきている作品の方が、ぱっと観て1回ではまれる気がするのです。「琥珀色の雨にぬれて」しかり、「花の業平」しかり、「あかねさす紫の花」しかり(←これは生観劇は何と初演(1976)です(^^;)。そう言えば、「ガラスの風景」だって、前面に出ていたのは一応ミステリーの謎解きでしたよね。

一言でいうと、難しいんですね、背景が。それでなくても人物関係がややこしいこの時代。しかも、従来の通説とは違った入鹿像なので、かなり詳しくこの時代の歴史が分かっている上で、解釈の違いを「ほぉー」と思いつつ観られないと、楽しみ尽くせないというか。
かくいう私も歴史は忘却の彼方なので、一瞬意識を失って台詞を聞きそびれて…が重なると辛かった(いや、眠くなったのは舞台のせいではなく自己責任だと思いたいが)

えみくらちゃんは、さすがに良かったです。特に鞍作(入鹿)が亡くなったあとの銀橋は、涙を流しての熱演で。本当に、勿体ない。なんで彼女のエリザベートじゃいけないの(今さら詮無いことを…)
あと、目を惹いたのは、いつものことながら嘉月絵理ちゃん。彼女が出ると場が締まります。いい仕事してますね~。
そして、若手の北翔海莉くん。口跡も良く、きちんとお芝居ができていて、歌も歌える。新人公演、この人の鞍作、観てみたかったです(明後日なんですね~)

「タカラヅカ絢爛II」-灼熱のカリビアン・ナイト-
星組からの続演です。こういう場合、組カラーの違いがとても良く分かります。「ノバ・ボサ・ノバ」(1999、雪→月)の時もそうでしたね。
星組というのは、別に真飛さん(真飛聖)に限らず、組カラーとして「濃い」組だったんですね(笑) そして、私はいつしかそんな星組の「組ファン」にもなっていたのだ、と今日認識して愕然としました(^^;
月組は、場面の変更によるところもあるけれど、全体としてもっと都会的なイメージ。「灼熱のカリビアン・ナイト」にしてはちょっと大人しめかも? フィナーレナンバーの群舞など、「みんな、もっともっと弾けようよ~」と言いたくなりました。
そんな中、最も「濃く」て「くさ」かったのが、あさこちゃん(瀬奈じゅん)です(笑) 今回、とても私のつぼにはまってしまいました。そして、あさこちゃん大きくなったな~と、改めて感じました。いつもオサさん(春野寿美礼)と一緒にいると、そんなには見えない大きさというか。特出の効果はこんなところにも?
ほんとに、立派な男役さんになって。この姿が来年は…ブツブツブツ。でも、こんなにも舞台で輝いている彼女のこと、エリザベートとしてもきっと、輝く姿を見せてくれるだろう、とは思いますが…

「タカラヅカ絢爛」は、真飛欠乏症をより重くしてくれちゃいましたが(苦笑)、「花のいそぎ」舞台写真をすべて買い、おまけに同じショットなのに四つ切写真まで買って(だって、斃れた三の君を抱きかかえて、今にも叫び出しそうな篁、のショットだったので…)、ポスターと同じくこちらもパネルにするぞと決め、おまけに「雨に唄えば」のビデオまでとうとう買ってしまってどうにか発散(浪費家!)
余談ですが、買い物中にタータン(香寿たつき)ファンの友人と遭遇。彼女の行き先は日生劇場。そして、もう一人共通の友人はその頃帝劇にいたらしい…?行き先はバラバラで、でも同日同時刻に日比谷界隈にいたことに、笑えました(^^;

|

« 一人の休日 | トップページ | 過去へのタイムスリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人の休日 | トップページ | 過去へのタイムスリップ »