« 「花のいそぎ」考 その2 | トップページ | 男役ファンの道? »

2004.08.15

さいたま市花火大会

昨夜は、東京湾大華火祭よりマイナーとはいえ、荒川河川敷で、さいたま市の花火大会がありました。
規模としては、東京の1万2千発に対しさいたまは1万5千だし、2尺玉もあったということで、負けてないと思うんだけどな…
なんてそんなことはともかく、さいたま市の花火大会は、我がマンションからとてもよく見えるのです。距離は多分5キロくらい離れていると思いますが、7階なので見晴らしよく楽しめます。
昨夜もベランダから見てたんですが、上階のおうちに親子連れが山のように(かどうかは知らないけど)来ていて、大人も子供も大騒ぎしているのでちょっと…(^^;でしたがまぁ、花火はわいわいと見るものですから。それに、おじさんが「きたぞきたぞー!」といちいち大声で叫んでくれるので、よそ見していても見逃さなくてすむ(^^;;;

それにしてもです。
さいたまを捨てて、わざわざ浴衣着て、お台場まで東京の花火を見に行った息子。彼女とならともかく、団体で(^^;
自分の部屋のベランダが最も特等席なのに、これまたわざわざ浴衣着て、荒川会場まで歩いて!行った娘。こっちも、彼氏とならともかく、マンション9階の女の子と(^^;
そして、花火の大音響にもめげず、冷房の効いた部屋で、ひたすらTVにかじりついてる夫。

…なので、私は1人で見ていましたわ(--)
花火、好きなんです。でも打ちはじめの頃、なんでか今年の花火は心に響かない…なぜ?と不思議で、もっと美しいもの切ないもの、観たあとだから何か寂しいんだ~と気付いて、我ながら疲れました(--;
去年はそう言えば、「天翔ける風に」の公演後だったから、「明日は大川の花火大会です」の台詞やら何やら思い出して、懐かしがりながら見ていたと思う…

最後の1発を見逃してはならぬと、結局8時過ぎから9時までベランダで立ってましたが、最後の1発は毎年のことながら、「さいたまらしい」(^^;ど派手な1発…じゃないな連発じゃなくて同時に複数発で、堪能致しました。

そして息子は今日早朝から、青春18きっぷで志賀高原に音楽合宿に向かったので(あほです。7時間かかるんだって、長野まで。浴衣買わなきゃ新幹線で行けたのに)、4時半起きで駅までお送りしてやりました。さーもう1回寝ようかどうしようか…

|

« 「花のいそぎ」考 その2 | トップページ | 男役ファンの道? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「花のいそぎ」考 その2 | トップページ | 男役ファンの道? »