« 温泉旅行 その2 | トップページ | 男役の魅力 »

2004.08.28

男役の美学

宝塚雪組東京特別公演「あの日みた夢に―シカゴ・アンダーワールド・ブルース」千秋楽を観てきました。
「花のいそぎ」は5回も観たのに千秋楽は観られなかった私ですが、今回は千秋楽「だけ」観劇という贅沢さ(^^;
作品の感想というよりはコムちゃん(朝海ひかる)の感想になってしまいそうなのでこのタイトルに(^^)

ともかく、コムちゃんが格好良い!もう無茶苦茶格好良い!…しかし、観終わってそれだけしか残らない作品でありました(--)
もちろん、生徒さんたちは皆頑張っていましたよ。下級生の活躍ぶりも嬉しく観ました。が、何と言っても脚本が…あまりにもベタというか。観ていて不愉快になる種類の作品でなかったのが救いですが、もうちょっと深みのある本を書いて下さい…と言いたくなりました。(作・演出は中村暁)
特に気の毒だったのは二番手扱いの壮くん(壮一帆)。しどころがないというか唐突というか。まあ歌もダンスもありましたけど…
千秋楽ということで客席にはペンライトが置かれ、アドリブも特別バージョン?客席から登場のハンキー(緒月遠麻)たちのシーンは「萩の月」ネタやら「花供養」ネタで笑わせて貰いました。(そう、専科・雪組日生劇場公演「花供養」の雪組メンバーが客席にいらしてました)

さて、コムちゃんですが。ともかくスーツ姿が決まりすぎ(^^) 今の宝塚で、スーツを着せたらおそらくぴか一ではないでしょうか。一分のスキもない完璧な美しさ。しかもダンサーなので、動きが綺麗。踊り出したらもういうことない格好良さ。男役の群舞の中心にいても、相手役の舞風りらちゃんとのデュエットダンスでも、文句なしにお洒落で素敵。
そんなコムちゃんを見ていると、男役は身長じゃないってつくづく思わされます。ロングコートを羽織ったってあんなに決まっているじゃないかー。
おそらくコムちゃんは、「身長」という武器に恵まれていない分、「見せ方」には人一倍こだわりを持っておられるのではないでしょうか。久しぶりに、これぞ「男役の美学」だわ、と感動しつつ観ていました。(そしたら最後のご挨拶で、飛鳥裕組長もその言葉を使っていらっしゃいました(^^))

それにしても。コムちゃんとの出会いは、忘れもしない宙組公演「エクスカリバー」(1998年)。あの時、あの綺麗な男役さんは誰?と目を惹いた彼女が、こんなに大きく、いまや「貫禄」さえ感じさせるトップスターさんになって…と思うと感慨深いです。

それからもう一人。書いておかねばならぬ人が。この公演から娘役に転向したいづるん(天勢いづる)。芝居では少年ぽい役柄だったので自然に見ていましたし、何より瞳子ちゃん(安蘭けい)主演「イカロス」で、もっと娘役!な彼女を見ていましたから、違和感なかったのです。でも、フィナーレナンバーでドレスで出てきた彼女を見た途端…ああやっぱり寂しい~と思ってしまいました(;_;) 好きだったのですよ、いづるんの男役。でもあの華奢さを見ていると、やっぱりこの方が良かったのでしょうが…

|

« 温泉旅行 その2 | トップページ | 男役の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温泉旅行 その2 | トップページ | 男役の魅力 »