« 20何年ぶりの健康診断 | トップページ | 再びはじまる »

2004.08.08

「花のいそぎ」青年館初日

ここには、少しまとまった感想を書こうと心がけているのですが、今日ばかりはこのままでは眠れそうもないもので(爆)、発散するために書き散らしてしまいます。ちゃんとした感想は、いずれ改めて…

まず一言、大野先生(作演出・大野拓史)ありがとう~~~!!!
そして、真飛さん、あなたは幸せ者だよ、こんな良い作品で(単独)初主演できて…(涙) もちろん、幸せなのはファンも一緒なのですが。
宝塚の作品にも多々あれど、大野先生やってくれましたね!という感じです。音楽の高橋城先生にも感謝。本当に、恵まれた初主演だと思います。

バウホール公演中からネットをさまよい歩き、ネタバレ報告含め読み尽くしていたので(笑)、今日初見にも関わらず、伏線として張られた色んな台詞が切なくて切なくて。楽しみ尽くさせて頂きました。
小野篁を演じた真飛聖、プロローグで早くもその美しさに持っていかれ…(^^; もちろん、見た目の美しさだけではなくて、歌の成長も著しかったですし(という書き方になってしまうのは、やはり前の贔屓がタータン(香寿たつき)だからでしょう…)、元々情感のこもった芝居のできる人なので、篁の心情もよく伝わってきました。相手役の三の君を演じたことこと(琴まりえ)はひたすら可憐で、初々しいカップルぶりでした。

文章院の学生時代のお話ですから、本当に「平安時代の学園モノミュージカル」なのですけど(^^;、エピローグ的なラストシーンでは何年かの時が流れて、文章院を卒業した篁たちが出てきます。この時、それまでのうら若き青年から、しっかり大人の男性に成長していた篁だったのはさすがでした。衣装の力だけではないと思います。ラストシーン、正面を向いた篁の目にみるみる涙が盛り上がって…(でもこぼれない、そこがまた良い)ここがベストシーンでしょうか。
ここからフィナーレナンバーにつないだ自然さも見事でした。
(唐突に違うイメージのショーが付いているとびっくり、しますし、また前作の「ヴィンターガルテン」(朝澄けいさんとのダブル主演)では「す、すまなかった…」とか言って撃たれて死んだ真飛さんは、幕が下りないままにしばらくしてから起き上がって歌い踊らなければならなかったのです(;_;)あれは酷な演出でした)

家に帰り着いてからも、最後の白いお衣装の真飛さんが目にちらついてしまって…。本当に、あそこまで美しいとは思いませんでした。もしいま仕事が切れている時だったら、去年の「天翔ける風に」(タータン主演)状態、要するに日参することになっていただろうと思います。
明日は終演後お茶会なのですが、神宮外苑の花火大会でもある。
私は会場のホテルまで人並みかき分け到着できるのでしょうか。何より真飛さんご本人はどうやって…?
日参はできないにしろ、仕事のかたわらというかどっちがかたわらか分からない状態の数日間を送ることになりますが、気合で走り抜けたいと思います。

真飛さん、初主演、本当におめでとうございます!

|

« 20何年ぶりの健康診断 | トップページ | 再びはじまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20何年ぶりの健康診断 | トップページ | 再びはじまる »