« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.24

「WEST SIDE STORY」

少年隊PLAYZONE’04、青山劇場での公演です。
初日こそ、初めて生で観る少年隊やジャニーズの方々がやたら気になってしまったり、今まで見た映画版や宝塚の舞台の「WEST SIDE STORY」が浮かんできてしまったりしました。が、例によって、観劇の回数を重ねるにつれ、今回の舞台にどんどんはまっていき、だんだんと、少年隊だとかPLAYZONEだとかいう冠はなしで、純粋にミュージカルの舞台として楽しんで観られるようになりました。
青山劇場でのmy楽を残すのみとなったいま、映画版をざっと見直して見たのですが、いまや、今回の舞台の方が好きだわ、と思っている自分がいます(^^)
観る方も、回を重ねるにつれて目も慣れて、細かいところまで観られるようになりますが、舞台そのものも、初日付近から比べると、どんどん進化また深化しつつあると思います。これぞ生舞台の魅力(^^)

特に、有名なミュージカルナンバーの数々。
中でも、男の子達中心の「Jet Song」「Cool」「Gee,Officer Krupke」の迫力には目も耳も釘付け。アンサンブルの方たちのダンスレベルが非常に高いのも見応えたっぷりです。「クラプキ巡査どの」での皆さんの小わざは、まだまだ楽しみ尽くせていない…(^^)
もちろん、タータン(香寿たつき)演じるアニータが大活躍する「America」はもう、オペラグラスで彼女をアップで観たいわ、全体も観たいわで大忙しです(^^;

出演者の皆さんについての感想は、書き出すときりがないので少しだけ。
トニー(東山紀之)とマリア(島田歌穂)のコンビはとてもお似合いです。台詞のテンポも、歌もとても好き。
リフ(錦織一清)とベルナルド(植草克秀)のやり取りは、最初のうちはどうしてもニッキとカッちゃんという風に見えて仕方なかったのですが、最近はもうすっかり役そのもの、どっぷりです。
今回特筆すべきは、ロザリアを演じた宮菜穂子さんでしょうか。彼女は「天翔ける風に」でタータンと同じ舞台に出ていらしたので初めて観た訳ではないのですが、伸びやかな歌声をたっぷり聴けて幸せです。ダンスの実力はさすがですし。
「大人」陣の中では、やはりドクを演じた斎藤晴彦さん。少年達を見守りつつ、結果として何も出来なかった無力感…。この視点は、いまや「大人」の側である私自身の視点とも重なるので、彼の台詞の一つ一つが重かったです。

そして、タータンですが。アニータは、この作品の中ではとても「おいしい」役どころですし、歌もダンスもたっぷりあって、宝塚時代の作品より踊っていたかも知れない、というほどダンスを堪能できました。本当に、踊れる人ですね~。映画版と見比べても、その思いを新たにしました。
歌も、今回は音域が合っていて安心して聴けます。一番好きなのは、決闘前のQuintetでの「Tonight」。ソロは短いのですけど、黒のスリップ姿含め(^^;目も耳も奪われてます。
2幕、マリアの部屋での彼女との「A Boy Like That」「I Have a Love」。歌穂さんとタータンの歌と心情のぶつかり合いに引き込まれ、ここは初日から泣かされました。
今回のタータンアニータは、色気たっぷり、というよりは、格好よいお姉さんといった風情。それでいて、情に篤いプエルトリコの女、という味はよく出ていると思います。ただ。「格好よさ」が「男役っぽさ」に通じてしまう感じがちょっと…。これは、男役時代を知っているファンだから思うことなのでしょうか。またさらに、男役っぽさは、ファンにとっては切なくも懐かしい香りではあるのですが、やっぱり女優さんとしての「格好よさ」はまた違うものだと思うのです。う~ん。難しいだろうな~、これをクリアするのは。記憶は美化されるものかも知れませんが、宝塚月組公演でアニタを演じた男役、樹里咲穂さんは、その点自然に女だったような気がします。

ともかく今回の舞台、タータンならではの魅力をたっぷり味わえた幸せな公演でした。
そして、テーマの重さには今の時代に通じるものもあり、良い舞台を観たという充実感とともに、テーマからくる重いものをひきずりつつ、劇場を後にします。音楽の素晴らしさ、数々のメロディーが頭の中でぐるぐる回ったまま…
あと1回で見納めですので、心残りのないように、くまなく観て&聴いて、味わってこようと思います。

| | コメント (2)

2004.07.19

ケーブルTV

我がマンションも、とうとうケーブルTVを導入することとなり、この3連休に各戸に調整が入りました。その場で加入申し込みができたので、早速手続きするとすぐに機器を取り付けてくれて、昨日1日でケーブルが映るようになり、夫はご満悦の1日でした(^^)
ケーブルのチャンネルでは、夫のお目当てはもちろんプロ野球、特に関東では放送が少なくていつも涙を飲んでいる阪神タイガースの放映をしてくれるチャンネルですね。娘は、もともとTVは彼女に取っては、リビングでインターネットをする時のBGMみたいなものなので、音楽チャンネルを喜んでつけておりました(←今日はお父さんが仕事に行ってしまったので。お父さんがいたらできないことなのです(--))。息子は多分、最後まで使いこなせるようにならない派、ではないかと踏んでおります(^^; まーね、自室で映りの悪いmyパソコンで見てる方が気楽でしょう。

ケーブルを入れたもう1つのというか本来の目的は、デジタルTVの視聴です。今まで対応のTVではなかったので、初めてハイビジョンを見ました。こーんなに綺麗なんだ!知りませんでした…。これを見てしまったら、もう地上波アナログ放送の画質には耐えられないかも…。
ただ、生映像が綺麗なだけに、録画した時に画質が落ちるのが許せないのが辛いところ。大体、見たい番組を生で見られる機会の方が、圧倒的に少ない訳ですから…
そして、デジタル放送はコピーワンス。しかもウチのDVDレコーダーだと、RWに録るしかない。知識としては知っていた夫ですが、何せ段ボール単位でDVD-Rを買っている人なので(^^;内心のショックは隠せない様子でした(^^;;;

TV、オーディオ、DVD関係はすべて夫が取り仕切っている我が家なので、私は何も分からない(--) 元来全然まめではないので、どっちみち、まめに録画してまめに見る、ということが出来ないです。久しぶりに「BSfan」とか見て、あっ「HERO」がある!と早速予約しましたけど、さあ見るのはいつになることやら???
家で数時間座ってTVを見る時間をとる、というのが今はそもそも不可能ですが、暇だった時はそれはそれで、「昼日中から、私はこんなことしてて良いのだろうか」と思ってしまってちっともストレス解消にはならず、さらに情けないことには、途中で眠くなってソファーにばたん…(--;
そんな私なので、映画は映画館に見に行く、舞台は劇場に見に行く、しかないようです(お金かかるだろう…(--))
連続ドラマはパスですね。「冬のソナタ」もいつしか脱落してしまいましたし…

そんなこんなで、3連休の後半2日は、ケーブルTV関係でわさわさとしている内に終わってしまいました。連休の初日は純粋に自分のために使えたことと(←WSS観劇(^^))、あとは家にいたので、やっとやっと書類や本の山が片付いたのが嬉しい連休でした。

| | コメント (0)

2004.07.16

新幹線通勤?!

朝のバスというのは本当に読めません。同じ時間に家を出ても、駅に着く時間には10分位落差があったりします。バスが来なかったり、来ても道が込んでいたり、バス停ごとにわんさか人が乗ってきたりすると…(--) それを見越して早く家を出れば良いんですけどね。それができなかった今日は、新幹線で東京駅まで行く羽目になりました(>_<) 本当は、会社最寄の駅から猛ダッシュすればギリギリ間に合わないでもない時間でしたが、この暑い中、その気力はなかった…
新幹線は快適です(当たり前)。座れるし、涼しいし(ちょっと寒い)。ただ、時間が短すぎるので?うまく寝られません。寝たかな?と思った頃に、あのメロディーとともに「間もなく上野に到着します」とやられてしまう。路線によってはサイレントカーといって、一切アナウンスのない車両を備えた新幹線もあるようですが、終点まで乗るならそれがいいかもね。

残業して帰ったので8時半ころ家に着き、それから今までの短い間にどっとストレスが溜まりました。仕事はいいんです、別に。今日は久しぶりに緊張感を強いられたので眠くならず夢中で仕事してたし(^^;

まず、春に買ったばかりの(少し上等な)自転車を、早くも撤去されたらしい息子。それも最近のことじゃないみたい。住所名前シールを貼ってないから通知が来ない→面倒だから取りに行かない。自転車代もカンパしてやったし、駐輪場の定期代も出してやったんだよ?! ちなみに彼は、これまた春に新しくしたばかりの携帯を早くも壊し、また最新型のを持っている。そんなんじゃーなー、社会人になって自立した時、お給料でやってけないよ?おばあちゃんは、奥さん養えないと心配してますが、取り越し苦労とはいえ(^^;そんなの絶対無理ですね(--)
そして、高校生のバイトなのに11時になっても帰ってこない娘。勤務時間が終わった後に反省会やらシフト組みやら、労働基準法違反じゃ?(--; いらいらしながら待っていると超ストレス。心配だし第一。

そして極めつけは夫。昨日、体調不良で欠勤し、医者に行った結果は高血圧に心臓肥大(--) まぁ、血圧が高めなのも肥満気味なのも今に始まったことではないし、心電図にもそういえば所見あり、と健診で書かれていた気もしますが、息苦しいと言いはじめたのは初めてだったので…
どんな検査より治療より、まずは仕事量を減らす、それをしないことには何も始まらないし解決しないでしょう(あと、痩せなきゃ、もあるけど)。…と私も言ったし、医者にも当然言われたにも関わらず、会社に行ってしまえばそういうわけにも行かないのでしょうが、まだ帰ってこない(--) せめて、会社にいるのは12時間までにしようよ、と進言したのですがね、無理なんでしょうけど、体壊してまで頑張ってどうする?!ですまったく。
やっといま「帰るコール」ありました。今夜もタクシー帰宅か…

| | コメント (0)

2004.07.13

そうめん御膳

今日も暑かったですね。
これだけ暑いと、昼休み外に出るのもよく考えないと、無防備で日向を遠くまで歩いたりしたら、身の危険さえ感じます(^^; ちなみに今朝の電車で座れたのは良いのですが、日の当たる席で寝込んでしまい、気づいてタオルで腕を覆うまでの間に、しっかり焼けてしまった…電車の中で日焼け!もー(--;

という訳で、遠くには行きたくない、スーパーやコンビニのお弁当もいまいち、さっぱりした物しか食べたくない…とわがままな私と派遣仲間の2人で、今日は会社から直近の「料亭」へ。いや、外に出ているメニューの値段からしてとても料亭然としているので、気になりつつも入れない店だったのです。唯一頼めそうな値段なのが「そうめん御膳」1000円。これ、1年中あるのですが、今日なら試してみる気分だわ、ということになりました。

とても美味しかったです…ああデジカメ持ち歩かないと。
そうめんにいなり寿司2つ、野菜の煮物に鶏のたつた揚げ。そしてすいか。男の人には物足りないでしょうが、私たちだとちょうど良い加減(でも夕方にはお腹空いちゃいました(^^;)
元々は、鴨の炭火焼が売りのお店らしく、そのせいなのか?鶏のたつた揚げが、ありえないくらい美味しかった。さくさく熱々、そしてお肉の質も最高で。

やはり値段が高めのお店は空いていて、ゆっくり食べられました。(あとのメニューは1500円ですから)
さすが麻布近辺?会社周りの食べ物やさんは、こんなにお高くないところでも、味のレベルは皆なかなか上等で、お店発掘もタウンウォッチングも楽しめます。更新がないと決まる時がきたら、毎日心残りのないよう食べ歩き回ることでしょう(^^)
でも、昨今の厳しい経済状況下では、やはり並ぶほど流行っているのは、どことも変わらず吉野屋でありマックなのですよね。あとは何か買って帰ってデスクで食べる、人が本当に多いです。
私も、目標としては、昼食代にかける予算は1ヶ月1万円以内に押さえたいところです。日割りにすると500円。お弁当の日を交ぜながら、食べ歩きも楽しみたいと思います。…だって1日中会社に居たら気分転換にならないし、せっかく働いているのだからこれ位は…って、こういう積み重ねが、あとにお金が残らない原因かも(-.-)

| | コメント (0)

2004.07.11

方向転換?

ココログを始めて5ヵ月あまり。最近、更新がなかなかできません(;_;)
理由の一つは、平日真剣に時間がないこと、そして週末は週末で、出掛けたり家事をやっつけたりしていると、やはり時間がなくなってしまう…
そしてもう一つの理由は、このブログを始めるに当たって、プロフィールにも書いていますが、単なる日記的なものより一歩進んで、ある程度まとまったテーマで書いてみたい、と思ったことがどうも足かせになっているようです。
これについて書きたい!と思うテーマがあっても、その時は時間が取れない。あとで時間ができた時には、それについて書く気分じゃなくなってる(--) そう、「気分」というのが重要なのですよね。
私は、確かに書くのは好きなのですが、決して「筆まめ」なタイプではありません。そして、一つの文章を書き出すと、色々手を入れたりして、1時間位は平気でかかってしまいます。「気分」がのっても次の日寝不足、では…(--;
「書くこと」を仕事にしていたら、「気分」や「のり」に左右されず、求められればいつも安定して文章を生み出していかなければならない訳です。考えてみたら、大変なことですよね…

しかし、ここは仕事の場ではないので(^^;少し方向転換を図ろうかと思います。
もう少し気楽に、日々の出来事や心境を綴ることで、まめな更新を目指そうかと。まとまった文章を書くことも大事だけれど、ココログという場である以上、更新というのも大切な要素ですものね。
しかし、何となく過ぎていく一日…というのが日常ですから、そこから何か見つけ出すのも結構大変かも知れませんが。まあ、方向は一つではなくて、まとまったテーマの文章、ももちろん織り交ぜることになると思います。


という訳で、手始めに今日は。
期末が終わった娘と、久しぶりに一緒にスポーツクラブに行きました。一緒にジャザサイズのクラスに出たのですが、あとでロッカールームでインストラクターの先生にお会いしたら、「お友達、か何かですか?」と言われ、狼狽しつつ「お、親です」と答えた娘。先生、そこまで言っては暴言ですわ(^^; 娘曰く「お母さんが高校生に見えるって有り得ないんだから、私がおばさんに見えるってことでしょ?すごいショック(;_;)」と。「それはね、お母さんへのお世辞に決まってるでしょ」となだめましたがかなり傷は深かったようで。ホントに若々しくて、お友達に見えるような母親だったらそうショックでもなかったんでしょうけどね。難しいもんです(--;
ジャザサイズの後、トレッドミルで30分足らずですが歩いたら(時速5.5キロ位がちょうどいいかな)、帰ってきて脚がいい感じの疲労状態でした。ジャザサイズの筋トレで腹筋もしたし。
9月に中高の同窓会が決まったので、それに向けて今度こそ頑張ってみようかと思ってます。ここで宣言しておいたら続くかな?(笑) 頑張りたいところは多々あれど、とりあえず、毎日困っている下腹ぽっこりを、何とかしようと。「継続は力なり」私の一番苦手な言葉なんですけどね…(^^;

| | コメント (2)

2004.07.05

息子のひとこと

忘れないうちに…
先日、21歳の誕生日を迎えた息子。誕生日当日は本人がバイトを入れてしまって不在だったので、前日にお祝いしました。といっても、夕食にも本人は間に合わなかったし、ただケーキに形だけろうそく立てて(^^;「ハッピバースデー~、21歳おめでとう~!」とやっただけです。
そしたら息子がひとこと、「21歳まで育ててくれてありがとう」と。思わず、目がテンになってしまいました。もちろん、実に軽~いのりで発せられた言葉でしたし、もしかしたら、無意識に受けを狙っていたかも知れません。でも、もしそうだったとしても、そういう言葉をさらっと口に出せるというのはすごいことだなと…
と思ってしまったのも、私自身にはどうあがいても吐き出せない類いの言葉だからです。(誕生日を祝ってくれて)ありがとう、とは言えますけどねぇ。私が自分の親にもかつて言ったことのない(言いたくても言えない)言葉を、すっと口に出す彼を、素直に尊敬しました。普段は何かとだらしないところが私とそっくりで、似ているがゆえにいらいらする息子なのですが…
夫も息子のようなタイプではないので、息子のこういう面は、親のしつけとか家庭環境で培われたものでないことは確かです。ならば、彼が元々持っている資質としか考えられません。つくづく、「子育て」ではなく、「子供は自分で育つ」ものなのだなあと感じます。

| | コメント (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »