« 指圧その後 | トップページ | 野田秀樹演出「マクベス」 »

2004.05.27

宝塚の魅(魔?)力

宝塚の作品にも色々あって、1回観ただけで「良かった~もっと観たい」と思う公演もあれば、どうもイマイチだったな~と、割り切れない思いで帰途につく公演もあったりします。
でも、たとえイマイチと思っても、ご贔屓の生徒さんが出ている公演だと、どうしてもリピーターになってしまうのが宝塚ファンです。そして、回数を観ていくうちに、毎度イマイチと思いながら観るのもつまらないですから、それなりに楽しむ術(すべ)を身に付けてしまう。それが宝塚ファンの悲しい性(さが)と言いますか…(^^; だから、作品的にイマイチでも、特に東京ではいつも満席に近い状態になる。そんなファンに甘えないで、レベルの高い舞台を作ってよ、といいたいところですが、半分はスターさん目当てで客が集まる宝塚の、それが宿命でもあるのでしょうか。

今回の星組東京公演「1914/愛」「タカラヅカ絢爛」。
それぞれ好みもあるのですからどうこう言いませんが、2回観た時点では、「う~~~ん」という感じでした私としては。それがです。
この間の火曜日の夜、3回目を観に行きましたら、まずお芝居が終わった時点で「結構楽しかったかも」と思っている自分がいました。しかも、中詰でわたるちゃん(湖月わたる)が歌う主題歌「L’AMOUR/1914」に聴き惚れている自分が(^^) いかにも「吉崎メロディー」(作曲・吉崎憲治)らしい伸び伸びとした温かい曲調が、わたるちゃんの雰囲気にとても合っていると思いました。
ショーも、3回目ともなれば目も慣れてきますから、ご贔屓の出ている場面は彼(女)を堪能し、出ていない場面は隅々までくまなくチェックして色々新しい発見をして、と楽しめてしまうのです(^^)
いや~、すっかり宝塚の術(ジュツ)にはめられてしまったという感じです。…というよりはむしろ、真飛聖さんへのファン度が上昇したからそういう結果になった、というだけのことでしょうか(^^;;;

真飛さんはいわゆる、「男役10年」といわれる宝塚の、今年研究科10年を迎えたところです。
思い返せば6年前、タータン(香寿たつき)のファンになった時、彼女は研13で、もう雪組の2番手スターさんでした。(それからが長かったといえばそうなんですが。2番手で丸々4年を過ごしたのですから)
まとぶん(←これは正式の愛称ではないのですが、「ゆうちゃん」って何だか馴染まないので私はこう呼んでしまうのです(^^;)の場合は、やっと今回のショーで、初めて芯をとる場面をもらったりと、これからの成長が楽しみなスターさんです。先日お茶会にも行ってきまして、本人の、研10を迎えて今後に向けての心構え、もしっかり感じられたので、これはもうついて行くしかないかと(^^)
ただ、もう自分が疲れることはしたくない、というわがままなファンになっていますので(^^;、少しでも義務感を感じたりすることなく、あくまで自分のしたいように、楽しく見守っていけたらなと思います。一通り経験した上でのファン生活、前回の教訓も踏まえて、また一味違ったものになるでしょうか。行き着く先は同じでしょうか(爆)

とりあえずは8月の単独初主演「花のいそぎ」、日本青年館公演を楽しみに。
でもその前に、タータン出演の「ウエストサイド・ストーリー」を十分満喫してからですわ…

|

« 指圧その後 | トップページ | 野田秀樹演出「マクベス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 指圧その後 | トップページ | 野田秀樹演出「マクベス」 »